2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

委員会視察1日目:静岡市清水港

 朝のニュースで「コニタン離婚」とあったので、個人的に一番嫁にしたい小西真奈美嬢のことかと早合点。酔いが残っていたようだ。朝食がわりにひきわり納豆1パックをフォークで食べる。メールの処理をし、長風呂に入りしつつ、今日の視察用の資料を読む。10時過ぎにチェックアウトし、浜松駅まで歩く。浜松から静岡まで新幹線で移動。静岡駅の待合室で手紙を数通書く。

DSC01655DSC01656 昼食は、アスティ静岡内の「名物とろろ汁 府中庵 侍月楼」で「黒米定食1050円」。デザートにマーマレードをかけたマスカルポーネがついた。

 13時過ぎに新幹線出口で他の議員と合流し、静岡市役所議会事務局に案内してもらい、清水港へ。「どうも、顔がでかい、チビまるこです」と挨拶。ドン引きされる。旧清水市の清水港は、東京、名古屋に挟まれながらも徹底したポートセールス、官民一体の開発により、東海のものづくり(ヤマハ、カワイなどから個人的に好きなタミヤ模型ハセガワなど)には欠かせない港になっている。柏崎港とは規模も違うが、結局は「やる気」の問題。柏崎市政として、集中、特化して港を整備するのか否かの議論がなく、決断しないまま、ダラダラしてきた結果が現在の柏崎港のような気がする。そのまま「使える例」としての視察ではなく、官が火をつけ、民を巻き込み、正のスパイラルを作るやり方を学んだ。

*ハセガワの公式サイト内にある「日本陸軍戦闘機の系譜」はものづくり物語としてもオススメ。

 内閣改造の発表があり、安倍晋三代議士が官房長官に。拉致問題をはじめ、骨太の政治を期待している。安倍先生のサイトの写真は雑誌からスキャンしたものと思うが、もう少し力を入れてもいいような・・・・と思ったら、官房長官就任ともに修正された。

DSC01658 DSC01659  視察終了後、静岡から浜松まで新幹線で移動。ついでに静岡駅で「まぐろのへそ」のレトルトパック420円を購入。夕食は、全員そろって、浜松市議の新村議員オススメの「座房」(053-456-7257)というお店で会食。手長海老や金目の煮付けなど大満足。全議員、よく食べ、よく飲んだ・・・が最後のシメにさらにラーメン屋。生ビールを7杯ほど飲んでいたので、ミニラーメンと餃子にした。

 歩いてホテルに戻る。宿泊先は、オークラアクトシティ浜松。今日見ることはできなかったが、テレビ朝日の『TVタックル』自衛隊特集では収録したビデオからカットがあったようで、井上和彦さんもちょこっと出だったようだ。ラウンジのバーでフローズン・ダイキリを飲む。部屋に戻って、風呂に入りながら雑誌を読む。「SPA!」の地方議員特集は、誰でも簡単に政治家になれるとあったが、なるのは簡単でもキチンと勉強し、仕事をするのが大変なことに言及しておらずちょっと残念。他、「週刊 現代」「週刊 新潮」など6誌をチェック。部屋は43階ということで、浜松市全体をのぞむ夜景が素晴らしい・・・でもLAN使用料500円はいかがなものか。2時ごろ就寝。

2005年10月30日 (日)

高杉晋作 その狂気と情熱

 結局、徹夜のまま移動することに。長岡まで送ってもらい、長岡駅の「柳庵」でコロッケそばの朝食。新幹線で東京を経由して、浜松まで。車中ではぐっすり。危うく浜松で降りそこねるところだった。浜松駅内の立ち食いそばで、山菜そばに持ち込みのひきわり納豆2パックを入れ、昼食。厨房にいるおばちゃん連中からアヤシーのがいるな、という目で見られる。外食が多くなるので、冷凍にしておいた納豆を3パックほど持参した。タクシーにて講演会の会場であるサンピア浜松に移動。受付で浜松市議の新村議員に挨拶。先日、新村議員の選挙応援にいった際に知り合った、新村後援会の面々、神戸市議の井坂議員、茨木市の福丸さん、先日の神戸市長選に出馬した松村つとむ氏、角田識之氏などがいらっしゃった。講演会の会場は300名に届くほどで熱気ムンムン。浜松倫理法人会の方にもご挨拶。

iiiiiiiiiii

 

 

<先日の京都。晋作の墓前で納豆>

 

平成17年度 遠州公開講座

 高杉晋作「その狂気と情熱」師の志を受け継いだ維新の英雄

_1講師:林英臣(はやしひでおみ)
   松下政経塾 一期生
   政経維新塾 塾長
   地方議員1000名日本大勉強会 幹事長
   衛星放送「日本文化チャンネル桜」講師(東洋思想)
   志を持った子供を育てる会 代表
   人間学経営研究所 所長
   昭和32年生まれ

主催:遠州公開講座実行委員会
   東林志塾、浜松法則史学研究会、政経維新塾

後援:静岡新聞社、静岡放送、FM浜松
   中日新聞東海本社、テレビはままつ 浜松百選
   浜松市教育委員会、日本文化チャンネル桜、浜松倫理法人会
   静岡製機株式会社、株式会社内田建設
   株式会社日本ロック、株式会社篠ヶ瀬工業
   アポロ電気株式会社、株式会社スパシーワールドカンパニー
   遠州から新風を興す土地家屋調査士

*遠州公開講座は、今年12回目を迎えた。

議事メモ

<晋作と松蔭>

・萩に行くと、歴史上の人物の地名がある。
 巡回バスがあり、バス停がとまるたびにわくわくする。
 バスは2ルートあって、松蔭先生号、高杉君号。
        ・・・なぜ、松蔭が先生で、高杉は君なのか。

・今日学ぶことは、人生の目的を探し、一気に生き抜くこと。
 このために生まれたんだというものの出会いを学ぶ。
 高杉は師匠から託され、全生涯をかけて実行した。

・空海や法然のように、師からではなく、自分で見つける
 人もいる。ただ、この二人は経典があるので本から学んだ
 といってよい。

・本、先人、師匠からでも、自分の人生の核心になるものを
 掴むことが大切であり、それがないとブレる。

・人間は何かを掴まないと自分を定められない。
 晋作の場合は師に「託されて生きる人生」

・林講師の場合は、3名。
  古事記の大和言葉を教えてくれた先生が師匠。
  師匠は「君が受け継いでくれるならそれでいい」と
  言ってくれた。
  文明800年運命論の先生もそう。
  常にネクタイをしていたが、生徒が自分一人でも
  その場は教える場として、キッチリとした態度で
  接してくれた。
  もう一人は松下幸之助。

・色々な師匠に託されたが、中国のこんな言葉が胸にささる。
 「師は己を知るもののために死す」
 「命が大切だと何百回言われるより、貴方がいてほしいの方が良い」
 師に何かを託されたときに人間は強く生きていけるの
 ではないか。

・法然のあとを継いだのが親鸞。
 親鸞は性欲に悩んだ。法然にいわく、奥さんがいたほうが修行に
 なるならいたほうが良いでしょう、いないなら一人でいいと言われ、
 救われたという。
 親鸞の「歎異抄(たんにしょう)」には、たとえ師匠・法然に
 騙されていたとしても悔いはない、地獄に落ちてもかまわない、
 師に会わなかったら何もできなかった、としている。

<晋作の行動>
 
a.群を抜く気迫と識見
b.「原点」に危機感や悔しさ
c.長州藩を倒幕の拠点に
d.師・吉田松陰の教えに忠実
e.「逃げる」のが上手
f.後輩に親切、女性にまめ

a.群を抜く気迫と識見

・晋作は人の言うことを聞かなかった。
 ヤンチャな不良タイプ。
 ただ、相手の言うことは一応は聞いている。自分を曲げないだけ。
 すぐに怒って、いつまでも尾を引いていたが、頭はクールだった
 という。強さと繊細さをもっていたようだ。

 ・長州人の堕落に晋作は怒っていた。
  幕末当時は、事なかれ主義で実はやわな人が多かった。
  保守的で逃げる長州人に晋作は怒っていたのだ。

b.「原点」に危機感や悔しさ

・「原点」は上海で見た中国人奴隷。日本がこうなってしまうとの
  危機感。そして師匠が殺されたという悔しさ。
  晋作にとって、幕府を倒す力の根源は、いわば「復讐」

c.長州藩を倒幕の拠点に

・そのためには、長州を倒幕の組織に変わらなければならないとした。
 もう一方の雄、日下玄随は全国をまわってネットワークを広げた。
 志士ネットワークを作った。
 ただ、相手は幕府。横のつながりでは纏まらず破綻する。
 残ったのは、長州一藩で力をつける、組織の力をつける
 手法をとった晋作。
 「力を持たなければならない」、そのためには地位も使う。

  *林講師の夢は2020年までに同士から総理大臣をだす。
   政治活動なら天下をとらなければ意味がない。
   目に見えない彫り物を師匠である松下幸之助からもらった
   ように思っている。この人生、このために生きるという意味。
   したがって、それをやめるときは死ぬとき。

d.師・吉田松陰の教えに忠実

・晋作は師匠のいうことには忠実。
 自分を育ててくれた師匠のためならやりきる男。

e.「逃げる」のが上手

・「逃げる」のも上手であった。亡命の名人がアダ名。
 「逃げない」ために「逃げた」。
  本当にやるべきことが後にあるなら、
  生き残るために「逃げた」。

f.後輩に親切、女性にまめ

・晋作の家は、上級侍200石取りの高い身分の出身だった。
 松下村塾の塾生はほとんど身分の低いもので、足軽程度。
 それだけの身分の差があるのに、晋作は優しく取り扱った。
 「身分」の時代ではない、と松蔭に教え込まれていた。

・上海に渡るときに足止めを食ったときでも、奥さんに服など
 贈り物を送っていた。
 勝海舟、坂本竜馬ともに女性にまめ。

<晋作の生涯>

・お祖母さん子で幼少時代は、愛嬌があった。
 19歳のときに入塾。立身出世の侍の学問は役に立たない。
 国の危機を感じていた晋作は松蔭を訪れた。
 1年程度、萩で直接学んだのち、江戸で獄中の松蔭の世話をする。

・伊藤博文とともに、1862年、英国公使館を焼き払う。
 「挙狂」であった。踏み込むとなったら狂がなければ、実行できない。
 英国大使館を焼き払っても何もならないことは、
 上海で見た外国による支配文化でわかっている。
 しかし、仲間に攘夷の気迫を見せるため、この行動にでた。
 もちろん、「逃げ道」は先にしていた。
 クールヘッド、ウォームハートともいえる。

・罪人墓地の共同墓地に松蔭の骨があった。
 1863年、松蔭の遺骨を改装する。現在の世田谷の松蔭神社。

・攘夷をおこしたとき、外国の報復に侍は逃げた。それが発起
 となって、民間の軍隊「奇兵隊」を作る。
 「奇兵」はゲリラ活動の意味。

・来島又兵衛らの進発は、薩摩と長州の主導権争いのための
 決起だった。それを止めに行ったが、結果的に止められず、
 薩摩に返り討ちに会う。金門の変。ただ御所に向かって発砲
 したので、朝的になり長州は2回も報復を受ける。

・止めにいった段階で、脱藩罪となり野山獄に入獄した。
 であるがゆえ、金門の変で晋作は死なずにすんだとも言える。

・歴史に意志があるのではないかと思う。西郷隆盛も勝海舟も
 混乱のときにはその場所から隔離されている。

・1864年、四国連合艦隊来襲、講和条約の正使になるが、
 高級侍の養子になったことにして、前面にたって交渉。
 交渉にあたっては、神話を説明し、相手が混乱したところで、
 賠償金を幕府に払わせ、一件落着。

・1864年11月、藩の俗論派(事なかれ主義、元の仲間)
 に狙われ、九州に亡命。

・1964年12月、功山寺決起。晋作一人で決起する。
  いま起たなければ、幕府に長州は飲まれ、
  日本の未来もない、との思い。

・奇兵隊のような組織は他に色々とあった。200~300人
 が隊としてふさわしいというのが当時の兵法。
 これら組織をまとめてみようとするが、反応はなく、伊藤博文
 を入れた80名のみが賛同。

・この決起から長州が立ち上がり、坂本竜馬の薩長同盟が入り、
 やがて幕府を倒し、維新をとげる。

・上海で晋作が見た、外国の侵略方法は、武装を援助し、福祉政策
 を行い、根を張ってから、その国を巣食う。
 晋作は日本でそれをやらせたくなかった。

・1965年1月、俗論派に勝つが、4月には奇兵隊の仲間から命を
 狙われる。港での貿易を行いたいという思いが、開国主義者と
 とられた。

・松蔭の招魂祭では、「死に遅れた」と泣いた。

・1866年6月、2回目の長州征伐が起こり、晋作の力を借りたい
 長州は海軍の長の地位を用意した。陸では大村益次郎が長州勝利
 のため戦っていた。

・1866年8月、幕府の小倉城を占領。

・数え年で29歳、満年齢でいえば27歳と8ヶ月で
 その生涯をとじた。

・いま幕末以上の危機にある。
 アメリカに60年間占領され、近隣諸国に圧力をかけられている。

<晋作が学んだ松蔭の教え>

・大丈夫(ますらお)死すべきところ如何(いかん)
 死して普及の見込みあらばいつでも死ぬべし
 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし
 僕が所見にては生死を度外に措きてただ言ふべきを言ふのみ

・今の幕府も諸候(しょこう:諸大名)も
 最早酔人(平和に酔う)なれば
 扶持の術(給料:何かの役)なし
 草莽崛起(そうもうくっき)の人を望むほか頼みなし

 講演会終了後、関係者などで懇親会。スピーチの時間などがあり、洒落のめしたスピーチ。懇親会ののち、本来であれば神戸に帰るはずだった神戸市議の井坂議員、茨木市の福丸さんにもお付き合いいただき、浜松市議の新村議員とともに数人で居酒屋、そしてスナックへの「飲み飲み」コース。同世代なので、共通の話題が多く、特にセガ・マスターシステムの話題では、懐かしの「ファンタジーゾーン」のBGMを一緒に口づさむ。カラオケは、『サイボーグ009』の「誰がために」、そして『科学戦隊ダイナマン』、ここら辺でドン引きとなったので、最後に堺正章「街の灯り」を『カックラキン大放送』のシメ風景を真似しながらお店をでる。泊りは、ホテルコンコルド浜松。LANもあり、リンス、洗顔フォームからアメニティも充実、部屋も広くて満足。これで5000円。浜松周辺のときの定宿にしよう。3時ごろ就寝。

2005年10月29日 (土)

やってみたいTV企画「今日の国賊」

 3時、事務所のソファで仮眠。6時に起床し、買いためておいた雑誌数冊を読む。「SAPIO」「will」から「論座」「世界」まで幅をもって購入している。ちなみに共産党の「赤旗しんぶん」日曜版もとっている。8時に朝食。最近タカノフーズの「旨味 ひきわり」のラベルに6種類の納豆料理が掲載してあり、ラベル制覇のため、一気に全種類を買ってしまい、しばらくはこの納豆を食べることになった。

 昨日、ふと見たTBSのニュースで靖國神社に変わる「無宗教」の追悼施設について、中国や韓国を刺激しないためにやるべきといった論調になっていた。そもそも「無宗教」で追悼はどうするのか疑問だが、韓国に追悼施設の予算化を要望されて「ハイ、そうですね」と良しにする人は、日本が独立主権国家でなくていい、と思っているのだろうか。それが許されるなら、柏崎市議がソウル市の予算編成、さらに極端に言えば、新潟市や長岡市の予算編成についても要望するようなものだ。ただTBSの女性アナウンサーのなかでは、人妻になったが一番好みの小倉弘子嬢(背が大きいサバサバ系が好み。DHCのCMにでている藤井彩香嬢も。)が読んでいたので、自民党の郵政民営化反対勢力への処分同様?複雑な思い。外圧に屈して、どこの国の国会議員か分からないような人をゲストに読んでのTV新企画「今日の国賊」というのはいかがだろうか。これだけ他国の影響を受けることを危惧しているが、それよりも拉致問題において、崩壊した某党の関係者をはじめ、国内で拉致を支援した人間がまだのさばっていることも問題だ。早急にスパイ防止法を制定して、捜査を行う必要もあり、組織としてもアメリカでいう連邦捜査局(FBI、防諜機関:イギリスではMI5)の強化、そして逆に情報の収集活動などのアメリカ中央情報局(CIA、諜報機関:イギリスではMI6)のような機能(「内閣情報調査室」が該当すると思われる)の充実が必要だと思う。ただ2つ以上の情報に関する組織が存在する上で問題がないわけではなく、アメリカでは実験的に当事者に接触して情報を収集する対人情報活動(ヒューミント)に関する権限をCIAに集約し、連絡・調整の中心となる新部局「国家機密サービス(NCS)」をCIA内に設けるそうだ。



 午前の就職相談ののち、明日からの視察の準備とメールの返信。チャンネル桜で先日の「防人の道 今日の自衛隊」が再放送されたので、HDD録画を行う。肉団子とタカノフーズ「旨味 ひきわり」2パックで夕食後、19:30から町内の役員選考委員会。町内会長が決まっていないからだが、他薦で自分の名前がでていて驚いた。市会議員と町内会長の兼任はできないので、別の方に。22時からネットのインターネットを使った番組「イグザンプラー」に出演。周りがドン引きのエア納豆を披露。

2005年10月28日 (金)

「人が財産。人財のまち、かしわざき」政策

 6時過ぎに起床し、酒を抜くため、長めのお風呂。書類やメールの処理を8時過ぎまでやり、めかぶと納豆、キノコ汁、2個目玉焼きの朝食。9時から12時までPC修理業務。同僚の加藤議員が経営されている民宿のサイトのことなどの相談を受ける。12時から12時40分まで、某団体の方と中華料理で昼食。ビールを勧められ、断れず、2杯飲む。赤ら顔になってしまったが、13時に某IT会社の社長、事業企画室長と人材育成と企業誘致に関して、意見交換。テラテラした顔で行ってしまい、大変失礼をしてしまったが、活発な意見交換をした。柏崎が企業誘致に成功するのか否か、私が考える柏崎への企業誘致のハードルは次の3つだ。

1.交通環境
2.原子力発電所があることへの不安感
3.人材の確保

 1は既に2010年問題としてすでに大きく議論されている。2については、海上自衛隊の誘致にその回答の一部があり、「世界最大の原子力発電所があるまちは、世界一安全なまちである」構想につながる。問題は3である。自分が企業経営者として進出を決断するとすれば、業種にもよるが、進出先の地での人材の豊富さ、能力の高さが決断材料としては一番大きい。しかも、人材が本当に充実している状況を作る、さらに日本国内でそう認知される(柏崎=人材のまちのイメージ)までには1年、2年のスパンでは不可能である。柏崎市のリーダーが選挙によって変わろうとも、これだけは政党やイデオロギーを超えてやるべきことである。もし、自分が市のリーダーだったら、どうするか。9999 現在は「人が真ん中 かしわざき」(人、我慢中ではない)がキャッチであるが、その発展系として、人材の「材」を財産の「財」に置き換え、「人財のかしわざき」をキャッチとして、ことある事にそれを全国どこでもアピールし、企業誘致に結びつく人材育成組織に予算のパワーを集中する。もちろん文化的な育成もし、かつ過去の偉人も『かしわざき偉人列伝』のようなかたちで分かりやすいコミック形式にでもして、小学生のころから読ませる。その表現についても、日本の歴史にからめるべきだ。たとえば、北方領土の問題について、先日の6月議会でふれたが、柏崎とは何の関係もないのに、と『ご指導』してくださった方がいた。北方領土を語る際にふれる樺太を探検し、地形を確認したのは、間宮林蔵と現在の米山町から出た松田伝十郎(まつだでんじゅうろう)である。こういったことも盛り込むべきと思う。

*樺太は、1905年(明治38年)、日露戦争の勝利により、ポーツマス条約が締結され北緯50度以南が日本の領土となり、大東亜戦争後のサンフランシスコ講話条約で千島列島と南樺太の権利、権限および請求権を放棄した。

・・・と話がずれたが、やるべきは

 「人が財産。人財のまち、かしわざき」

政策だ。

2005年10月27日 (木)

イケさん、頑張れ!

 4時から6時まで睡眠。朝風呂で目を覚ましてから、メールの処理。10時から第一部決算特別委員会。原子力広報センターを在り方にどうしても一言述べたく、委員ではないが番外で発言させてもらった。原子力広報センターには委託費として1050万円が使われているが、その金額に見合った内容の教育を行っているのか、という点だ。原子力広報センターには、子供に原子力やエネルギーのことを教える業務を委託している。本来、その教育では、日本石油発祥の地である柏崎市がいかにこれまで日本のエネルギーを担い、現在も原子力発電所を有し、日本の首都機能の維持に貢献しているのかを教えるべきと思う。つまり、日本にとっていかに柏崎が大切なのかを教え、地元を愛してもらうべきと思っている。答弁としては、まったく(三井田の)言うとおりだが、16年度は教育の中身の確認は行っていない、17年度は改めるとの担当課の回答であった。お昼は自宅に戻り、いつも手伝ってもらっている地元の新潟工科大の学生いたやんさんにも来てもらい、鯛のアラでだしをとった讃岐うどんと舞茸、薩摩芋の天ぷらと桜エビとタマネギのかき揚げを作った。888888888 それを食べながら、ナイジェリアから日本に来たアンヤンウ・イケチュクさん(有限会社プラカード・ジャパン代表取締役)タナベさんとビジネス&政治談義。納豆学会のサイト・リニューアルやラベル登録システムの件もあるので、別途、仕事をお願いしようと思う。午後から議会に戻り、再度の審議。結局、遅くなり、15時からの商工会議所主催の講演会には出席できなかった。納豆を販売したり、委託販売の手続きをし、18時30分から倫理法人会の役員会。食事は同級生の割烹料亭の弁当。ごま豆腐を焼いて、ショウガとネギを薬味に醤油ダレがかかっている一品が印象的だった。役員会はかなり盛り上がり、9時過ぎに終了。専任幹事から飲みに行こうとのお誘いがあり、会長以下5名で市内「どん家」で飲み飲み。食事は終わっているので、生ビールのあてには「酒盗」「長芋の千切り梅のせ」などの渋め系をチョイス。結局、そこで火がつき、南町のスナック「ぴゅあ」に突入。カラオケ大会となり堺正章『街の灯り』、BEGIN『島ん人ぬ宝』を歌う。堺正章は定番にしている。スパイダースであれば、『あのとき君は若かった』などが代表曲といわれるが、個人的には『風が泣いている』がイチオシ。堺正章ソロでは、やはり『さらば恋人』、『街の灯り』。ちなみに、自分自身が生まれる前の曲だ。さらに火がつき、禁断?の中国人スナックの某店へ。なぜか話の流れで小泉首相の靖國参拝が話題となり、大連と北京から来た女の子をはじめ、一緒にいったメンバーのなかでもかなりモメた。気を許しあった仲だからこそ、喧嘩もし、盛り上がる。2時30分ごろ帰宅。

ooooooooo 旧山古志村の村長で衆議院議員になった長島議員の事務所の案内が届いていた。先日の選挙で応援演説に行ってから、お会いしていないので、そのうち挨拶に行こうと思う。

2005年10月26日 (水)

早松茸(さまつ)ご飯

 訃報があったので、5時30分に倫理法人会モーニングセミナーの会場にいき、用件のみ伝えて、車で移動。10時から第一部決算委員会だったので、急いで長野との往復をしたが、アクセルのふみ具合が激しかったので、さすがのプリウスといえども、今回は燃費が悪いようだ。12時過ぎまで第一部決算委員会に出席。昼食に、納豆月見うどん。午後からは、倫理法人会の事務手続きや会社の営業の電話、各種発注を行う。11月13日の極真空手の大会の協賛の広告をつくり忘れていたのであわてて作っていたら、The Color Television Networkの収録のこと(なんか登場している優良サイトに知っている人を多々発見)で電話をもらい、メールの返信をしていなかったことに気づく。最近は特にメールが多く、返信だけでも1日に50通は書くことになるので、メールを見るのが若干おっくうに感じるようになってきた。ヤバイ。DSC01622妹の嫁ぎ先から早松茸をもらったので、早松茸ご飯にし、またスーパーで鯛のアラを買ってきて、軽く醤油で煮て食べる。早松茸ご飯は香り、味ともに近年食べた茸ご飯のなかでは絶品だった。

oooooooooプリウスをリコールのため、トヨペットにおいてきた。都内の飲食店をやっている知人から都内はいま極道が激しいとの話を聞いて、へぇ~とだけ思っていたら、新潟日報紙でも記事になっていた。

----------------------------
平成17年10月23日『新潟日報』

 代替わり山口組 東京で勢力拡大の動き
 警視庁が警戒 特捜本部設置

 国内最大の指定暴力団山口組(神戸市)は、トップが16年
ぶりに六代目の篠田建市組長(62)に交代後、9月に指定
暴力団国粋会(東京都台東区)を傘下に収め、東京などで勢力
拡大の動きを活発化させている。

 警視庁は「山口組集中取締特別捜査本部」を設置し”縄張り”
をめぐる抗争などへの警戒を強めている。
 1989年から山口組のトップだった五代目渡辺芳則前組長
(64)は昨年11月、下部組織の組員による警察官誤射殺事件
の損害賠償訴訟の最高裁判決で、使用者責任を認定され、
約8000万円の賠償支払いが確定した直後に「休養」を宣言。
今年2月、篠田組長が97年に宅見組(大阪市)の宅見勝組長
=当時(61)=が射殺された後、ずっと不在だったナンバー2
の「若頭」に就き、その5カ月後、六代目に就任した。
 篠田組長は出身母体の弘道会(名古屋市)の会長を新若頭に起用。
その後、国粋会を傘下にしたほか、会津小鉄会(京都市)などと
協力関係を結んだ。篠田組長は拳銃の共同所持事件で実刑判決
(懲役六年)を受けて上告中で「収監の可能性を考え、不在の
間の内部不満を抑えるため”外交”で急速な実績づくりを進めた」
(警視庁幹部)との見方がある。
 警視庁によると、国粋会を吸収した山口組の東京都内の勢力は
約1580人となり、三番目となった。トップの指定暴力団
住吉会(港区)の五分の一程度だが、警視庁が摘発した山口組の
組員数は2002年以降、毎年住吉会の半数前後で推移している。
 警視庁幹部は「山口組は東京で後発のため、既存の”シノギ″
(資金獲得活動)に入り込むために危険な橋を渡る傾向がある。
現在のような移行期には特に注意が必要」と危機感を募らせる。

2005年10月25日 (火)

伝説の男 田形竹尾

 夜通しのドライブで朝4時に自宅到着。2時間ほど仮眠してから、溜まっていた新聞や雑誌、定期購読しを半日かけて、読んだり、クリップする。溜まったメールも処理。納豆ペーストを塗ったサンドイッチを試作したが、なかなかしっくりとした味にならない。海外で売れる商品にしたい。

 午後から1歳の甥っ子が来たので、電車ごっこをしたり、1時間ほど遊ぶ。柏崎準倫理法人会の事務仕事で印刷会社や銀行に寄ったあと、自衛隊柏崎募集事務所に中越大震災時のビデオをとりにいく。第2普通科連隊が撮影した現場の生のビデオである。まだ民放の局では流れたことのないブツなので、昨日の失敗をしないよう防衛庁の幕僚広報の許可をもらい、チャンネル桜の番組で紹介したい。しっかりと陸上自衛隊の高田駐屯地の活動をアピールし、「世界最大の原子力発電所があるまちは、世界一安全なまち」の実現に近づくと確信している。また、先日のバーベキューの写真も所長から頂戴する。感謝。

 19時から柏崎青年議所の打ち合わせ。

 22時から某経営者集まりの飲み会に2次会から参加する。

_rrrr 都内に行ったとき、いつも貴重なお話を伺う田形先生に柏崎にお越し頂いての講演をお願いしている。できれば柏崎アワーとしてひとつの番組を作り、貴重な生のお話を残すべきではないかと思っている。支那事変、大東亜戦争の十年間を陸軍エースパイロットとして戦い、特攻隊員の教官をつとめ、最期にご自身も8月14日に特攻の命を受けるも終戦を迎えた田形先生。ビルマをはじめとする独立を願うアジア諸国の歓迎、南京大虐殺があったとされている南京にも陥落の3週間後に現地に行き、現地の人と楽しく宴会をした話や、日本国内においてもインド独立のために活動していたビハリ・ボース氏との話も貴重だ。初対面のヒトラーにもかみついた、「偉大なる指導者(ネタジ)」チャンドラ・ボースとも会っており、二人のボースと同時に話をした戦争経験者で生存しているのは田形先生のみであろう。
051003_11060001 *連絡がとれなくなった戦友に会うため、昭和31年参議院全国区に立候補したご経験もある。
 わが柏崎市とのかかわりとしては、北条出身、超弩級の陸軍エースパイロット樫出勇(かしいで いさむ)大尉と同じ釜の飯を喰った仲であることだ。来週、視察から戻ったら、各方面の人に協力のお願いにあがろうと思う。田形先生89歳、ご高齢でも毎日2時間の道のりをお一人で移動し、チャンネル桜の事務所まで通われている。

*田形竹尾先生は平成20年3月10日8時51分に91歳でご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
 なお、告別式の模様は
こちら にご報告してございます。

2005年10月24日 (月)

「防人の道 今日の自衛隊」出演

 4時過ぎに都内に到着。やんちゃ時代を過ごした東中野に車を置き、歩いて新宿までふらふら。知り合いの美容院に行ったり、マンガ喫茶に行って『MONSTER』を読んだり、仮眠などをして、久しぶりに「やわやわ」時間を過ごす。

 17時過ぎ、大学生2名、社会人A嬢と待ち合わせて、渋谷のチャンネル桜の会社へ。田形先生の生のお話を是非、若い世代にと、大学生2名、A嬢と田形先生で夕食に。その間、チャンネル桜応援団のUさんをはじめ、色々な人と情報交換。

_zzz 19時からスタジオにて『防人の道 今日の自衛隊』の収録。キャスターは軍事ジャーナリストである井上和彦氏と横浜市議会の片桐紀子議員。ビデオレポートの恵氏がやたら面白い。スタジオには「戦艦 大和」、イージス艦の模型を持ち込む。「第2回大東亜会議」のことやメタンハイドレートを含めた日本海でのエネルギー戦略、自衛艦の命名だけではなく、記念切手の発行による外交カードなどの話もしたかったが、今回はコンパクトにまとめた感じである。

 収録後、大学生2名と一緒にラーメン、炒飯などをバカ食いしたのち、帰路につく。

2005年10月23日 (日)

金魚飼育

_1 本当かどうか分からないが 、風水では「赤い金魚8匹、黒い金魚1匹」飼うと良いとのことなので、小赤5匹、流金2匹、ピンポンパール1匹、そして黒い出目金1匹を飼っている。ピンポンパールがぷくぷくして、泳ぎも可愛らしく、お気に入りだが、小赤軍団がよくイジめている。頑張れ、ピンポン!と訳の分からない声援をおくってしまう。夜10時をすぎて、南魚沼市議会議員選挙で牧野氏が無事9位で当選したとのことだったので、他の議員仲間にも当選情報のメールを打ち、そのまま愛車プリウスで都内に向かった。ちなみにプリウスはリコールだそうだ。

2005年10月22日 (土)

やっと一段落

1  所属会派の視察も終え、バタバタと打ち合わせも終わったところでやっと一段落の土曜日。家を空けていた間の郵便物やFAXの確認。フジTVの「ごきげんよう」に納豆占いが紹介されたようだが、本放送を見ることができず残念。コロゾーの「いいぃ~話だなぁ~」が見たかった。

 撮りだめしておいたチャンネル桜の番組やwebニュースのクリッピングを見ているうちにwillcomから12月初旬にでるW-ZERO3に目がとまった。現在の携帯はドコモのムーバ premini-S。海外にでることも多いので、11月に入ってからFOMA M1000にしようと考えていたが、FOMA SO902iも発表されたので、通話はそちらをメイン(もちろん、買うときの色はシャアカラーのレッド×レッド)にすることにして、初期不良を覚悟の人柱でW-ZERO3も捨てがたい・・・・・。

と思っているうちに時間が経ってしまったので、とりあえず仕事しよ。

2005年10月21日 (金)

秘書はツライよ

_3 父方の祖父の弟、つまり父からみれば叔父さんである「庭山正平」は、柏崎市議会議員、議長もつとめたバリバリの自民党員であり、越山会のメンバーであった。当然、兄である祖父も越山会のメンバーであり、故・田中角栄(柏崎市西山出身)先生宅の目白まいりをすると飲めや喰えやの席が用意されていたという。庭山氏、祖父も父も既に他界してしまったため、詳細を聞けないのが残念だが、とにかく帰り際には「これでなにか飲み物でも・・・」と封筒をもらい、そんな札で買うジュースはどんなジュースなんだというツッコミをしたくなるようであったという。そんな関係もあり、故・田中角栄先生の国家老と言われた秘書界の伝説、本間幸一氏にもご指導を頂くことがある。話を聞くたびに、秘書とは大変な職業だなと思うが、そんな過酷な業務をこなす秘書のなかでも故・田中角栄先生、現職であり我がまちを地盤とする近藤基彦代議士の秘書をされていた会田氏が亡くなった。先般の衆議院選挙では、病院を抜け出してまで選挙事務所に来ていたことは忘れがたい。長岡で行われた葬儀にてご冥福を祈った。合掌。

----------------------------
平成17年10月19日『新潟日報』

田中元首相から近藤基彦氏まで

歴代政治家 支え続ける

会田哲秘書が死去
関係者ら惜しむ声
 故田中角栄元首相の秘書を務めた会田哲(あいだ・さとる)氏
=柏崎市出身=が18日、食道がんのため亡くなった。六十六歳
だった。星野行男元衆院議員の秘書や、死の直前までは近藤基彦
衆院議員の秘書を務めるなど、歴代の本県政治家を支え続けた。
計報に接した関係者からは、早すぎる死を惜しむ声が上がった。
 近藤議員は「かけがえのない秘書、相談相手で、ある面では
親父代わりだった。芯が強く本当に頼りにしていた」と悔やむ。
 1997年から秘書を務め「三期当選まで面倒を見る」が
口癖だったという。「長い間入院されていたが、今回の選挙も
一日おきに病院を抜け出して手伝ってくれた。三期日当選を
きっかけに退院されることを願っていたのだが…」と訃報に
肩を落とした。
 会田氏と深い親交があった星野伊佐夫県議も「頑張り屋で
行動力があった。体調が悪いとは聞いていたが亡くなるとは…。
まだ若いのに残念だ」と悼んだ。
 星野県議とともに「旧越山会系県議・三羽がらす」の一人、
三富佳一県議は「選挙では誰よりも責任感が強かった。
田中(角栄)先生に鍛えられ、秘書稼業の厳しさが身に染みて
いたのだろう」と語った。
 かつての田中元首相の秘書で、現在は田中真紀子衆院議員
の秘書を務める丸山幸好氏は会田氏と越後交通社員時代の
同僚の仲。「頭のいい後輩だった。緻密な性格で演説もうまく、
自分で思って行動する男だった」と振り返った。

2005年10月20日 (木)

パール博士と高杉晋作、大村益次郎

DSC01557 京都市内にて半日、時間ができたので、ホテルでメールの処理をある程度、知恩院をまいったのち、霊山護国神社にいった。入場料300円を払い、早速、パール博士の碑のもとに。インド独立50周年を記念して作られたものだそうで、せっかくなのでパール博士の碑の前で納豆を食べた。アホアホ企画の復活である。ズボズボと納豆をハイ・スピードで食べ、坂本龍馬、高杉晋作、大村益次郎などのお墓もおまいり。日本を洗濯できるのか、否か。お参りしながら色々と思いふけった貴重な時間だった。

前回のおまいり報告
http://www.nattou.com/travel/ryouma.html

2005年10月16日 (日)

第2回柏崎自衛隊協力団体合同バーベキュー大会

_rrrr 糸魚川市の五十嵐議員、柏崎市内の方を誘って第2回柏崎自衛隊協力団体合同バーベキュー大会!参加者は

(1) 柏崎自衛隊協力会
(2) 柏崎隊友会
(3) 柏崎・刈羽父兄会
(4) 柏崎自衛隊友の会
(5) 柏崎募集相談員
(6) 第2普通科連隊関係者
(7) 新潟地連関係者

当初、雨がパラついていたが、ロープの結策法を現役隊員から習っているうちにすっかりと晴れ、バッチリの「飲み飲み」モードに。カモフラージュメイクコンテストもあり、五十嵐議員と一緒に参加。顔がでかいので、実践の場では絶好の標的になるとの野次も頂いた。ビンゴゲームでは見事ビンゴし、迷彩バックをゲット。「三井田さん、太ったから運動しなきゃダメだよ」とご指導を頂きつつも、「ほら、そこ肉焼けてるから、食べて、食べて」「あっ、はい、頂きます」となり、陸自缶めしも「もったいない」と食べ、当分は太ったままの予感。夕食はタカノフーズの「国産大粒」とご飯のみとした。

2005年10月15日 (土)

アニメンタリー 決断

_zzz  自分が生まれる一年前の1971年に放送された伝説のTVアニメがタツノコ・プロの『アニメンタリー 決断』。詳細はこのサイトの解説を参照。このアニメを知ったのは約1年前であり、その史実をそった内容に驚いた。
*写真はパッケージより

 番組の冒頭のナレーションが良い。

「人生で最も貴重な瞬間、
     それは決断の時である。
 太平洋戦争は
  われわれに平和の尊さを教えたが、
 また、生きるための教訓を
          数多くのこしている」

 大東亜戦争と言ってほしかったが、当時の状況を考えるとやむをえないだろう。
 このアニメは、大東亜戦争をほぼ史実通りに表現し、爆音は本物、BGMは軍歌という凝りよう。戦争という言葉で思考停止をせずに、戦略、戦術を研究するとともに、ミスを含めて大東亜戦争での日本の決断を勉強できる。またオープニングの歌も名曲であり、作曲はあの古関裕而氏である。

 知恵をめぐらせ 頭を使え
 悩みぬけぬけ 男なら
 泣くも笑うも 決断ひとつ
 勝っておごるな 敗れて泣くな
 男 涙は 見せぬもの

 DVDボックスも購入し、うちの事務所で何人かで飲んでいると、必ず1本は見ることになる。ちなみにカラオケでも、この曲があるとヘタだが必ず歌う。
 地方分権という一見美しい名の、激しい地域間競争の時代。柏崎、そして日本の未来を左右するのは、政治家の決断である。

 泣くも、笑うも 決断 ひとつ。

トップページ | 2005年11月 »