2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 音楽三昧:柏小、ファンダンゴ | トップページ | 子ども寺子屋 荒川春代氏 »

2005年11月13日 (日)

上杉謙信杯極真空手オープントーナメント

 7時起床。メールの処理や会社の事務仕事。町内の役員選考会の連絡文書を町内に配って歩いたが、髪の毛もそのままでズボラな格好で配っていたら、某知人に見つかり、外にでるときの格好じゃないと怒られる。8時過ぎに甥っ子が来たので、甥っ子と一緒に朝食。DSC01829母が作ってくれた朝食に自分で食べたいものを追加。ご飯、白菜と油揚げ、椎茸の味噌汁、「叶家直伝 納豆」、先日購入した「かつおの塩から」、目玉焼き、ソーセージ2本、低脂肪乳1杯。母が作った朝食と自分で作った朝食の違いは多くあり、特にソーセージの扱い?が違う。皮をブチンと引きちぎり飛び散る肉汁がソーセージの醍醐味であると思っているが、母は皮に切り込みを入れ、さらに一度ボイルしてから使う。余計な脂肪分の除去が主たる目的と思うが、息子がこれ以上太らないようにとする愛情とありがたく受けとっている。DSC01830熱いごはんに「かつおの塩から」+納豆を試してみる。かつおの内臓の苦みと塩気が滋味深い感じだが、どうも納豆とは合わせづらい。甥っ子にも食べさせてみたが、顔をシオシオのパーにしてイヤがった。立派な酒飲みになるための修行であるが、少し早かったようだ。ここで作戦?変更、先日富山お土産としてもらった_1「滑川名物 ほたるいかすがたづくり」(カネツル砂子商店 富山県滑川市北町1253 電話:076-475-0035)を投入。ツヤツヤ、テラテラと光るほたるいかをご飯の上にのせてみると、なんともこれまた艶めかしい。まずはそのままご飯と一緒に食べてみると、歯にある程度の抵抗をしたのちプチッと弾け、濃厚な味わいが広がる。そこにご飯の甘みが追っていく。これぞ日本人に生まれた喜びである。日曜日の朝食としてふさわしい。甥っ子もウマウマと食べている。DSC01832納豆との相性もイカ納豆をアナロジーとしてみても理解できるように、悪い組み合わせではない。

 朝食ののち、来週のスケジュールの調整や必要な資料の作成、12月議会に向けての資料収集の手配をする。昼食前に柏崎をでて、 新潟市体育館で開催される極真空手の大会「青少年育成チャリティー第2回オープントーナメント上杉謙信杯 新潟空手道選手権大会」に行こうと思っていたが、相談や緊急の仕事の依頼電話があり、タイミングを逃してしまった。_1 今回の空手大会には、(有)めしやとして協賛したので、招待券をもらっていた。是非、会場にいって、久々の格闘技の空気を吸ってリフレッシュしたかったが、緊急の仕事もあり、仕方なくあきらめることにした。大会パンフレットには、「皇国の興廃、この一戦にあり!」と書かせてもらった。イっちゃっている経営者と思われたことだろう。

_1  14時過ぎに昼食。靖國神社でもらった鰹節「撤下神饌」(てっかしんせん)に醤油を入れて「おかか」を作り、それを具におにぎり2個。納豆は、保谷食品「有機小粒カップ3」。甥っ子はおにぎりを口に入れたままオネム。器用だ。人の縁とは不思議なもので、おにぎりをほおばりながら届いた郵便物を見ていたら、先日のA嬢と同じく、新潟5区の米山隆一氏の選対をやったA氏から京都土産として昭和天皇のカレンダーが届いていた。『耐え難きを耐え、忍び難きを』忍んでいる?ところなので、ありがたいプレゼントだ。早速礼状も書く。16時、上野商会に整備してもらったATV50を取りにいく。さすが整備後なのでやたら調子が良く快適。ATVはミニカー登録してあるので、ヘルメットはかぶらなくて良く、さらには制限速度は60km/hである。もともと頭がでかいので、入るヘルメットがなかなか無いが。風をたっぷり受けてとにかく気持ちがいい。自宅に戻ってからもひたすら資料の整理。

200511131920000  19時、昨日のお礼も含めてN嬢と「牛角」へ。生ビール2杯、ゆずはちみつチューハイを潤滑”酒”に、塩カルビ、黒ガーリックハラミ、ガッチャン、ホルモン各種、特盛りライス、参鶏湯など腹一杯まで食べる。安い方の肉だと乳牛あがりのような感じで乳臭いのが気になった。自宅に戻り、母に運転を頼み、新潟市議補欠選挙の関係で山本あきこ氏の事務所に行こうとしたところ、祖母が独りになるのはさみしいとのことだったので、結局行けずじまい。酒を飲みながらの夕食にしなければ良かったと反省。

 新潟市議補欠選挙で山本あきこ氏が無事当選とのこと。彼女とは原子力発電、国防をはじめ政治スタンスは違うが、違うがゆえ一緒に勉強する場である「にいがた70年代議員の会」の仲間として大切に思うし、若い世代の代表として頑張ってほしい。とにかく当選されたことを喜ぶとともに、新潟市議会議員としての今後の活躍を願うばかり。

 ブログや資料整理ののち、3時過ぎ机上で就寝。

« 音楽三昧:柏小、ファンダンゴ | トップページ | 子ども寺子屋 荒川春代氏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上杉謙信杯極真空手オープントーナメント:

« 音楽三昧:柏小、ファンダンゴ | トップページ | 子ども寺子屋 荒川春代氏 »