« 樺太、9人の乙女 | トップページ | 生卵溶き時間問題と「超弩級」 »

2005年12月23日 (金)

天皇誕生日とアインシュタイン

 年末駆け込みの仕事の依頼が多々あり、徹夜。外は雷が落ちたり、暴風雨である。

oshio  朝、TVを見ながら事務所の掃除をしていると、フジTV系「めざましテレビ」押尾コータロー氏が出演していた。このままもっとブレイクすることを願う。
 また同番組で戦後60周年、語り継ぐ者がいない、という特集をしていた。できる限り映像で残し、語り継いでいく点で同じ意見ではあるが、その後の「平和活動をしていかなくてはならない」、「他国の平和も・・・」というのは、どういった平和活動か分からないうえ、ちょっと意味が不鮮明であった。「平和」という言葉は美しいが、その反面、無責任なところもあると最近感じている。念仏のように「平和」を唱えれば、誰かがくれるものではない。

 事務所の掃除や整理をしながら、録りためたチャンネル桜の番組を見ていると、井上和彦さんが、中国への日本のアニメ輸出の記事に対し、

 「輸出するなら、『アニメンタリー 決断』を出せばいい。
  日本も戦争で苦悩したことを理解してもらうべきだ」

との発言・・・・思わず笑う。

F1000002F1000001 11時近く、小粒納豆、叩いたオクラ、めかぶ、黒ごま、青ネギ、卵黄を使った「とにかく粘れ納豆丼」を作成。塩出しした米山町のもずくとネギたっぷりの味噌汁(三重県の豆味噌を使用)と自家製の漬け物を添えてのブランチ。それにしても、携帯でのデジカメ撮影がなかなかうまくいかない。オートフォーカスではあるが、シャッターボタンの位置も微妙なので、手ぶれもあるのだろう。

 午後は、来客があったり、親戚をまわったりでお茶とお菓子で胃がパンパン。出されたお茶を飲まないわけにもいかないのがツライところ。市内まわりの途中、一度、家に戻ると甥っ子も遊びにきていたので、アンパンマンのおもちゃとお菓子セットをプレゼント。クリスマスではなく、天皇誕生日だから、と1歳の子供に訳の分からないことを話す。妹から靴をもらったので、アクビちゃんの壺をお返しに。タミヤ模型の1/350「戦艦 大和」プラモデルが到着。作る時間もないので、箱ごと飾る予定である。

F1000003

F1000004 20時、新鮮な青柳の刺身、浅漬けを中心とした漬け物、スーパーで半額になっていた鶏のもも照り焼き、母が作ったポテトサラダで夕食。好きな貝の刺身なので、久須美酒造さんの「特別本醸造 清泉」を熱燗ではなく、常温で飲む。「アルコール添加は邪道」という方もいるが、すっきりと料理を楽しみたいこともあり、一概に批難はできない。食後そのままソファで爆睡。

 今日は天皇陛下の誕生日「天長節」である。72歳、誠にめでたい限りで事務所にも「日の丸」を掲揚。また今年は、大東亜戦争集結から60年、日露戦争勝利100周年、そしてかのアインシュタインが相対性理論を発表から100年である。アインシュタインのアインは、志村けんの「アイーン」ではなく「1」の意味、「シュタイン」は「石」を意味する。訪日は、大正11年から12年のこと。日本各地をまわり、講義を行いつつ、日本の文化にも親しんだ。
 「アインシュタインがそう言った」という伝聞で実際にアインシュタイン本人の文章になっていないため、その文章の内容もさることながら、真偽の議論があるものに、アインシュタインが我が国の皇室について語ったと言われている言葉がある。
 その言葉は概ね以下のようなもの。    

  「近代、日本の発達ほど世界を驚かしたものはない。
  この驚異的発展には、他の國と異なる何物かがなくてはならぬ。
  果たせるかなこの國3000年の歴史がそれであった。

  この永い歴史を通じて一系の天皇を戴いたという
  
比類なき國体を有することが、
  日本をして今日あらしめたのである。

  私はいつも世界上のどこか1ヶ所位、
  このような尊い國がなくてはならぬと考えていた。
  何故なら世界は進むだけ進んで
  その間幾度の闘争が繰り返され、
  最後には闘争に疲れるときがくるであろう。
  その時、世界の人類は必ず真の平和を求め、
  世界の盟主をあげねばならぬ時がくるに違いない。
  その世界の盟主は武力や金力でなく、
  あらゆる國の歴史を超越した、
  最も古く、且つ尊い家柄でなければならぬ。
  世界の文明はアジアに始まってアジアに帰り、
  それはアジアの高峯・日本に立ち戻らねばならぬ。
  吾等は神に感謝する、
  天が吾等人類に日本という國をつくっておいてくれたことを

 「概ね」と書いたのは、文献によって色々文章が違うので、最大公約数的なものを引いた。この言葉をアインシュタインは「言っていない」の立場もある。「言った」とされる文献は、名越先生の『新世紀の宝庫・日本』日本教文社をはじめ、清水馨八郎著『「日本文明」の真価』祥伝社黄金文庫、今村均著『祖国愛』甲陽書房、河内正臣著『真実のメシア=大救世主に目覚めよ』山手書房新社などがある。

« 樺太、9人の乙女 | トップページ | 生卵溶き時間問題と「超弩級」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

くま1です。今日は出勤です。いいなぁ!コータローさんを見れて、カッコイイでしょ!!今日は何を弾いたのでしょうか?「BE HAPPY」には入ってませんけど、HARD RAINが一番好きです。最新のCDではサバンナが好きです。何が好きですか?そして、明日からクリスマス商戦お手伝い頑張ってください、くまぐまは「ケーキ屋やな!」と予想しています。余ったらいくらでも食べられますのでよろしく!と言えるほど近くないですね。

押尾氏の曲のなかでは、「六甲のおいしい水」のCMで使われていた『オアシス』が気に入っております。ちなみに、クリスマス商戦は実は宅配業を立ち上げた友人の手伝いだったのですが、急遽、学生の手伝いが集まったから、こないでもいいと言われました・・・・創業時で資金も苦しいだろうから、交通費を自腹で払ってでも手伝ってやろうと思った私がバカでございました。。

 くま1です、オアシスですか!きれいですね。昨年夏、「六甲のおいしい水」招待ライブへ行く為にいっぱい水を飲みました。昨年初めはグンゼライブの為シャツを沢山買いました、一度きりだと決め付けて数年は買わなくていいなぁと。なのに今年もグンゼライブあり…。またしてもシャツを買った、10枚以上!母にも買ってあげた。来年はどうしたらいいのでしょう?
 三井田さんお手伝いしなくても大丈夫だって、頼もしいお友達ですね。宅配って地図覚えるのが大変そうです。

悪いですが、そのアインシュタインの言葉は捏造ですよ。
実際は田中智学の作った言葉でする

 とびたさん、ご指摘ありがとうございます。
 記事をお読み頂ければ分かりますが、一応両論を併記しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇誕生日とアインシュタイン:

» 天皇陛下72歳 [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 天皇陛下72歳共同通信から:天皇誕生日祝い一般参賀 陛下72歳、皇居で 72歳の誕生日を迎えられた天皇陛下を祝う恒例の一般参賀が23日、皇居・宮殿で行われた。 陛下は皇后さまや皇太子さまら皇族とともに午前に3回、宮殿の長和殿ベランダに姿を見せ、...... [続きを読む]

« 樺太、9人の乙女 | トップページ | 生卵溶き時間問題と「超弩級」 »