2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2006賀詞交換会 | トップページ | 伊勢神宮参拝、観光施設経営 »

2006年1月 5日 (木)

いざ「うまし国 三重」へ

 2時就寝。5時起床。メールやブログをひたすら書くが、突然、パソコンのマザーボードから警告音が鳴る。パソコンのデータを喪失しないために、常に同じ内容を2つのハードディスクに書くシステム(RAID-0)を組んでいるが、そのうち片方のハードディスク(300GB)が壊れたのである。年明け早々ツイていない・・・・逆に考えれば、全てのデータを喪失しないで済んだので、ツイていたとも言える。ハードディスクが1つとなってしまったので、万が一の事を考え、データをDVDにコピー。

DSC00096DSC00095 早朝、出発しようと思っていたが、パソコンのトラブルのお陰で、11時に愛車プリちゃん(メス)で三重県に向かう。高速道路にのり、上越ICを超えたあたりから、豪雪。3m以上の積雪のなか、時速40kmほどでのノロノロ運転。雪の壁のなかを走っている感じである。

DSC00097DSC00098 渋滞のイラだちと空腹もあったので、「ハイウェイオアシス おぶせ」にて休憩。まちづくりでも有名な小布施らしく、ここで休憩する車も多い。レストランに向かう途中、回りを見ると2mを超えるつららがあった。DSC00100DSC00101あの下で作業か何かをしている最中に落ちてきたら・・・・。
 レストランで「信州桜定食 880円」を注文。馬肉をすき焼き風に煮て卵でとじたもの、なめこの味噌汁、野沢菜のセットである。朝食も食べていなかったので、あっと言う間に完食。

DSC00102  食べた終えたあと、売店をふらふらと見ていたら、長野キャラクター「信州りんごちゃん」のグッズがあった。赤いりんごが可愛かったので、「りんごちゃん」ストラップを購入。キューピーのたらこと一緒に携帯電話につける。

DSC00104 レストラン入り口にあった「わさび 肉まん 250円」が気になっていたので、こちらも購入。緑色のちょっと固めの生地のなかに、山葵の風味の効いた肉の餡が入っており、珍しい味であったが、味付けがちょっと甘めであり、山葵の風味が活きず残念。

 腹ごしらえができたところで、ひたすら車を飛ばす。長野市を超えてからは雪も少なくなり、寒さは変わらないものの、晴天。

DSC00105 途中、休憩のため伊那峡SAに寄ったところ、元気におでんを売るおばちゃんの「3つ買えば、1つタダだでよぉ、おにぃちゃん、こうてチョーよ」といった商売トークに心動かされ、大根、卵、ウインナ巻き、ちくわの4つを300円で購入。からしをつけようとすると、一緒に味噌も置いてあり、「名古屋が近いがや」と思う。寒空の下のおでんは美味い。

 18時過ぎに伊勢ICに到着。近くのジャスコで、納豆や値引きになっていた海産物を購入。
 19時、伊勢志摩国立公園/二見ヶ浦「浜千代館」(電話:0596-43-2050)に到着。食事付きの宿泊プランで、夕食の時間が19時となっており、即、部屋での夕食。
DSC00109DSC00110 赤ワインの食前酒。八寸は正月らしく、海老、饅頭、卵焼き、栗きんとん。酢の物は、もずく、赤なまこ、氷頭を合えたもので歯ごたえある組み合わせが嬉しい。
DSC00111DSC00111小鉢は、スモークサーモンとイカの麹付け。お作りは、サザエ、まぐろ、海老など。サザエが日本海のものより柔らかいと感じるのは気のせいであろうか。
DSC00120DSC00117 定番の茶碗蒸しに続いて、抹茶塩で食べるカレイの唐揚げ。パリッとした食感と適度な塩気がビールに合う。
DSC00121 ビールは、「アサヒ・スーパードライ」の伊勢志摩国立公園バージョン。味は普通のドスーパードライと変わったところはなく、ラベルが違うのみであるが、こういうちょっとしたカスタマイズは観光客にとって嬉しいものではないだろうか。ビール党の私としては、できれば伊勢もしくは三重県内の地ビールもおいてほしいところである。
DSC00116DSC00118 焼物は、イサキの塩焼きとサザエの壺焼き。イサキの白身で淡泊な味わいが良いが、少し塩が足りないような気がした。煮物として伊勢海老の具足煮。もともと具足煮は漁師料理で、伊勢海老を殻ごとぶつ切りにし、醤油、酒、みりんで煮込む。伊勢海老の殻が武具のすねあてに似ていることから具足煮という料理名がついた。身も美味しいが、だし汁が美味い。
DSC00115DSC00119 卓上コンロにのった鉄板には、熱くなった油のなかに大蒜のスライス。そこへ、柔らかい伊勢牛を投入し、伊勢中の大蒜焼き。箸でもちぎれる肉の柔らかさ。この肉自体はもとより、この牛の内臓を食べたら美味そうだな、と思う。デザートはメロン、苺。
 すっかり満腹になったが、まだ風呂に入っていなかったので、大浴場に行き、大きな湯船につかる。気がついたら、湯船で寝そうになり、顔が湯についたところで目が覚めた。

DSC00124DSC00122 風呂を上がり、ジャスコで買った値引きになっていた海産物、「三重県産の赤なまこ 生食用 398円」(20%引き)、ゆずぽんと「大粒生かき 438円)をつまみにして、再度ビール。

 何時に就寝したか不明。いつの間にか寝てしまった。

 

« 2006賀詞交換会 | トップページ | 伊勢神宮参拝、観光施設経営 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早く読みたいなぁ、文章増えないなぁ、と待ってました。雪の写真が特に嬉しい!道路沿いに雪の壁、そこを通るのはどんな感じなんでしょう…。毎年「立山黒部」のパンフを見ては行ってないので憧れます。今年は各地で降雪量が並じゃないですね。12月16日ってドカ雪の合間だったようで然積もってなかったです、今は多少は積もってますか?柏崎はあまり積もらないところだそうですね。今、太平洋側は晴れなら日差しは明るくて春めいてます、明日は実感できるかも。家に帰られたら、もっと雪を見せてください!気管支炎のくま1より(咳をするので、くま2に嫌がられています、シクシク)。

 柏崎は海に面した街なので、あまり雪が積もらないのですが、今年は例外のように積もっています。冬でも頻繁に晴れ渡る太平洋側を恨めしく思うこともありますが、反面、四季を感じ、魚も美味いと自分で納得するようにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ「うまし国 三重」へ:

« 2006賀詞交換会 | トップページ | 伊勢神宮参拝、観光施設経営 »