« 建国記念日、自民党柏崎支部新年総会 | トップページ | 講演会企画「伝説の男」田形竹尾 »

2006年2月12日 (日)

近藤もとひこ代議士新春のつどい

 3時就寝。8時起床、長風呂に入り、『セキュリタリアン』『日本の風』のバックナンバーを読む。

 9時過ぎ、大粒納豆、瓶詰めのなめ茸でご飯をかっこんでいると電話があり、某町内の要望があるので来てほしいとのこと。デジカメをもって現地にいくものの、現在の市政に関する要望をお聞きしたに終わった。またその際、「皇室典範改正」について話題になった。「女性天皇は良いが、女系天皇は反対」との自分の考えを言ったが、受け入れてはもらえず。「オメさん、若いのに、古いねぇ~」と怒られてしまった。しかし、世界で唯一の2600年を超える男系維持、戦争に負けても維持した国体こそが日本のらしさでもあり、世界の尊敬を受けるのである。

DSC00671 13時30分から、柏崎市市民プラザにて、近藤もとひこ衆議院議員の「新春のつどい」。来賓の挨拶は、三富県議東山県議西川県議、柏崎市・会田市長。そして最後に紹介があったのが、2007年の参議院選挙に出馬を表明している塚田一郎氏であった。これまで2回の挑戦であったが、いずれも苦杯を喫している。元アナウンサーの志保夫人のご出身から柏崎に縁の深い方でもあり、今回こそは国政へ行ってもらい、柏崎のためにも働いてもらえればと思う。
DSC00672 総会終了後は、たる酒で乾杯したのちの懇親会。会場内に同世代はほとんどいないが、父や祖父の知り合いの方もおり、酒を注いで挨拶をしてまわる。もちろん、ご返杯も多く、またも胃袋は酒でいっぱい。

DSC00675 18時過ぎ、自宅に戻るも大量の酒による酔いで仕事にならないので仮眠する。21時に起き、母と妹夫婦が行った「鮨 鶴八」(電話 0257-21-3231)のお土産で夕食。
 あとはひたすら事務仕事。

« 建国記念日、自民党柏崎支部新年総会 | トップページ | 講演会企画「伝説の男」田形竹尾 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近藤もとひこ代議士新春のつどい:

« 建国記念日、自民党柏崎支部新年総会 | トップページ | 講演会企画「伝説の男」田形竹尾 »