« 昭和天皇、終戦の「ご聖断」 | トップページ | 近藤もとひこ代議士新春のつどい »

2006年2月11日 (土)

建国記念日、自民党柏崎支部新年総会

 2時、就寝。7時、起床。この3日間、家を空けていた分の郵便物や新聞の整理。

F1000006 9時、母が作ってくれた鱈の粕汁、納豆ご飯で朝食。寒い朝に、舌が火傷するぐらいの鱈の粕汁は贅沢な感じがする。内臓からあったまるようで、全身汗だくになってしまった。

 10時から13時まで、某社との打ち合わせ。

DSC00667 14時から柏崎市産業文化会館にて、自民党柏崎支部新年総会。国会斉唱ののち、支部長である柏崎市議・丸山議員の挨拶から始まる。来賓からの挨拶は、東山県議、西川県議、柏崎経済人会長、柏崎市・会田市長DSC00669刈羽村・品田村長近藤もとひこ衆議院議員、田中なおき参議院議員。
 柏崎で自民党の党員は激減している。そのことについてのコメントはなかったが、柏崎刈羽地区で支持者の多いDSC00668社民党自衛隊を違憲とし、また9月に行われる自民党総裁選挙にも注目が集まっているなか、党員、党友を増やすチャンスではないかと思う。

 総会終了後は、お約束の懇親会である。
DSC00670 端のテーブルからビールや酒、ウーロン茶を注いでまわり、色々なご意見を頂戴する。もちろん、ご返杯も多く受け、大量の酒が胃袋に入る。体にはこのうえなく悪い。

 一段落ついたところで、近藤もとひこ衆議院議員に皇室典範についてお考えを伺う。代議士とは、「男系」「女系」で皇室典範の改正については違う考えであることは分かったが、議論が拙速過ぎるという点では一緒であった。
 17時30分、萬歳三唱で終了。大量の料理が余り、もったいないことこの上ない。

 18時に自宅に戻るが、酔いがあり、仕事にならないので21時まで仮眠。その後、ブログやメールなどの事務仕事。
 

« 昭和天皇、終戦の「ご聖断」 | トップページ | 近藤もとひこ代議士新春のつどい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建国記念日、自民党柏崎支部新年総会:

« 昭和天皇、終戦の「ご聖断」 | トップページ | 近藤もとひこ代議士新春のつどい »