« 総務常任委員会、東郷ビール | トップページ | トルコ:エルトゥールル号とそのお礼 »

2006年3月21日 (火)

日章旗と旭日旗

 ほぼ徹夜状態で、ブログを書いたり、書類の整理をする。

F1000001 7時、小粒納豆、ベビーほたての味噌汁、安売りになっていた刺身の盛り合わせのパックを中心にした朝食。朝から刺身を食べるのも悪くない。ただ、昨日の閉店間際にかった半額の刺身パックであるため、鮮度は悪い・・・。食後2時間ほど仮眠。

 10時前、風呂に『ゴルゴ13』など数冊の漫画を持って1時間ほど入る。そういえば、麻生太郎外相も『ゴルゴ13』がお好きななようだが、ご本人はモントリオール・オリンピックに射撃で出場しているほどであるから、リアルな違った意味で『ゴルゴ13』を楽しまれているのだろう。ふやけ気味で風呂からあがって、インド訪問団へのお誘いの電話をかけまくる。

F1000002 13時過ぎから、めかぶ納豆ご飯、海草のマヨネーズ和えなどで昼食をとりながら、「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の決勝戦、「日本対キューバ」を見る。食後は姪っ子を抱っこしながらの観戦。
 日頃はプロ野球など見ることはなく、スポーツ観戦はもっぱら格闘技かアメリカンフットボールであるが、国のプライドがぶつかる試合は必ず見るようにしている。
flag 「初めて日の丸を背負っての闘い、重みを感じている」というイチローの今大会にかける意気込みは誠に素晴らしい。しかも、「JAPAN」の文字に日の丸がついた今大会の帽子を、先にアメリカに送ってもらっていたという逸話にも心動かされる。
 日本国内はもとよりイチローと同じく、メジャーリーグで活躍する日本人選手で声がかかっても出場しなかった選手は、今回のことで大きく「男を下げた」と思う。
 試合はスリリングに進み、結果、日本は10―6でキューバを破り、初代王者に輝いた。

 マウンドに飾られた日の丸。そして監督、コーチ、選手が球場を一周する際に持っていた大きな日の丸を見て、シンプルで力強く、美しいデザインの旗であると再認識する。まさにサンライズ、「日出づる国」の象徴である。
 イチローは勝利のインタビューにこうコメントした。

 「最高です。信じられない。ありがとう!
  正直言って、こんなところに来られるとは具体的に
  イメージしてなかった。みんなすごい。
  本当にいいチームです。
  ダメ押しのタイムリー? まぁまぁ、それはいいですよ。
  たくさんの人が見てくれてると聞いていたし、
  日本の人も(球場に)たくさん来てくれて、力をもらいました。
  たくさんの人に野球がこんなにすばらしいと分かって
  もらえてうれしいです」

 確かに日の丸をもって、球場にまで行っている方の応援も凄く、優勝後、場内のスタンドを一周するかのようにテレビで映していたが、多くの人が腕がちぎれんばかりに日の丸を振っていた。
 ただ中に、何と旭日旗を振っている人がいた・・・・。

kyoku 旭日旗(正式には十六条旭日旗)は、明治7年(1874年)に日比谷操練場で日本帝国陸軍近衛第一・第二各連隊に天皇から連隊旗として授けられたのが最初である。その後、明治22年(1889年)10月7日に「海軍旗章条例」で、日本帝国海軍所属軍艦の艦尾に掲げる「軍艦旗」とされた。
 しかし、ポツダム宣言を受諾し、敗戦を迎えた昭和20年、武装解除のため、日本帝国海軍が解体、軍艦旗である旭日旗は消滅する。
 その後、朝鮮半島の情勢をうけ、海上警備隊が創設されることに伴い、サンフランシスコ講和条約が発効となった(GHQによる占領が終わった)昭和27年(1952年)、旭日旗とは違った警備隊旗が制定される。
 しかし、昭和29年(1954年)6月に自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)に伴い、旧日本帝国海軍と同じ規格の自衛艦旗として、旭日旗が制定されたのである。現在では正式な海上自衛隊の自衛艦旗となっている。
 よく映画などで軍艦が戦闘状態にあるとき、メインマストに旗が掲げられているのを見るが、武力行使(訓練も同様)時には、艦尾の軍艦旗を降ろし、メインマストのトップに軍艦旗を掲揚するのが戦闘旗(battle ensign)のルール。もし、その艦が沈没する事態になったときには降ろされる。
 旭日旗を振っていた人がどういった気持ちで振っていたのか、聞いてみたいところである。

F1000002  18時、祖母の痴呆がだいぶ進んだので、午後は色々と大変であったので、家族で外食に出かけることになった。「とみ家」(電話:0257-23-8300)に行き、生ビール2杯と「ジャンボえびフライ定食 1400円」。

 20時近くに自宅に戻り、酔い覚ましに風呂に入ってから事務仕事。

|

« 総務常任委員会、東郷ビール | トップページ | トルコ:エルトゥールル号とそのお礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/9187441

この記事へのトラックバック一覧です: 日章旗と旭日旗:

« 総務常任委員会、東郷ビール | トップページ | トルコ:エルトゥールル号とそのお礼 »