« 田形先生が語る旧日本軍軍規、南京陥落 | トップページ | 演劇フェスティバル、銀座で異業種交流会 »

2006年3月 3日 (金)

平成18年度予算 代表者質問

DSC01059 7時起床、やたら寒いと思ったら、また雪が積もっていた。ここ数日、雪がすっかり消えていたので、何か新鮮な感じがする。

 10時から本会議。
 本会議の冒頭、企画政策部長からの陳謝があった。
 先の議会で、平成17年度末の起債制限比率が11.1%になるからという説明で、繰り上げ償還を承認したものの、実際には計算のミスで、平成17年度には18%のままであるという。
DSC01062 起債制限比率が14%以上になる団体については県が13%以下になるよう「公債費負担適正化計画」を策定するよう指導が入り、起債制限比率が20%以上となると国の指導が入り、起債の制限がはいる。

 平成18年度からは新制度となり、実質公債比率は公表するかしないか定まっていないので、柏崎市としてもまだ決めていないとのこと。
 計算ミスは仕方ないにしても、このところケアレス・ミステイクのような報告が多いのは気になる。
 この陳謝ののち、代表者質問に入った。

DSC01060 12時過ぎ、昼休みとなったので、持参したおにぎりと市役所売店で買った「野菜一日これ一本」と「スープカレーワンタン」で昼食。スープカレーワンタンはなかなかいい。ただ、会派室をカレー臭くしてしまい、先輩議員から怒られてしまった。

 午後からも引き続き、代表者質問。郡病院では、8.7人、新潟病院では6.6人の医師不足であり、新潟病院の看護学校の地元枠4名は埋まっていないなど、医療問題も議論された。
 本来あるべき、地元を愛する教育をし、柏崎出身の医師、看護師を育てることも、これからも重要な仕事である。
 また、4月からの柏崎市役所の部や課の名前から「原子力」の名称が消えることも議論された。会田市長いわく、防災に関する適切な組織というが、柏崎市民、ひいては世界最大の原子力発電所を抱える自治体のあり方としてはいかがなものかと思う。

DSC01063 議会終了後は、市内で各種手続きや支払い。一万円札に羽根が生えたように、次々とでていく。帰りに市民会館に寄り、明日行われる「第12回 柏崎演劇フェスティバル」のチケットを購入。いまから楽しみである。

F1000001

 20時、夕食。名古屋コーチンのもも肉にクレイジーソルトをふって焼いたものと、モッツアレラチーズとトマトのサラダにビールである。
 亡くなった父が子供を祖父母に預けても見たく、結局、母と一緒に見に行ったという、1981年の東映作品『連合艦隊』のDVDを見ながら食べる。母と妹も一緒に見ることになった。
 真珠湾攻撃はもとより、ミッドウェー海戦の敗北から始まり、「戦艦 大和」の沖縄特攻までが描かれており、特撮は今の水準から見ると十分ではないものの、見応えのある作品であった。
 特に「空母 瑞鶴」の格納庫で、学徒出陣で戦場にでてきたものの、まだ離陸もままならないほど飛行技術が未熟な幼い少年飛行兵が、

 「我々は発艦することはできても、
        着艦することはできません。
  ですから一度発艦したら二度と帰ってきません。
  敵艦に体当たりします。
  せっかく整備していただいた
       零戦を壊してしまいますが許して下さい。 」

と、なべおさみ氏、長門裕之氏演じる壮年の整備兵に対しお詫びに訪れたシーンは胸に来るものがあった。長門裕之氏が、すかさず、

 「整備兵、整列ーーーっ!」

と零戦の整備兵を集め、

 「いいか!
  もしこいつらが発艦に失敗したとしても、
  こいつらのせいじゃねえ
  それはお前らの整備の腕が悪い所為だ!
  いいか!ねじ一本緩めやがっても承知しねえ!」

と叫び、整備員一同が押し殺した声で、

 「はいっ」

さらに、長門裕之氏が涙ながらに

 「声がぁ小せえ!! 」

と叫び、整備員一同、

「はい!! 」

の返事。田形先生から、特攻隊員を送り出すとき、整備兵は休むことなく戦闘機を整備し、操縦席にはチリひとつ無いほどにしていた、というお話も聞いていたので、余計に感じるものがあった。

 映画の満足感とビールの酔いで珍しく12時前に就寝。

|

« 田形先生が語る旧日本軍軍規、南京陥落 | トップページ | 演劇フェスティバル、銀座で異業種交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/8935948

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年度予算 代表者質問:

« 田形先生が語る旧日本軍軍規、南京陥落 | トップページ | 演劇フェスティバル、銀座で異業種交流会 »