« はじめての大衆演劇 | トップページ | 日章旗と旭日旗 »

2006年3月20日 (月)

総務常任委員会、東郷ビール

 7時に起床し、シャワーを浴びて、身支度。チェックアウトしたのち、ホテル近くの吉野家で「特朝定食 490円」を食べる。食後そのまま車に乗り、一路、柏崎まで戻る。

DSC01223  10時に市役所に行き、総務常任委員会に出席。
 ミニ新幹線に変わる鉄道高速化を会田市長は打ち出していたが、今回の予算のなかに積極的な予算は計上されていない。新潟県での県縦断高速鉄道網の調査結果を待つという総合企画部長の答弁に多少の紛糾。JRもその気にさせて、地域活性化としての鉄道を考えるなら、ゼロベース予算とはいえ、観光企画電車など検討しても良かったのではないかと思う。
 会派のなかなら、ITに関することを分かりやすく質問して、周りの議員に啓蒙することも必要との意見もあったので、winnyやソフトのライセンス問題をあえて取り上げて質問。

 市役所職員の適正化計画の説明もあり、平成17年5月1日の合併後の人数1117人を、平成22年4月1日には1028人にもっていきたいとのことであった。柏崎市役所は、平成20年、平成21年に団塊の世代が大量に退職する。

 16時過ぎ、自宅に戻り、土日に届いたFAXや書類の整理。

F1000006 18時、スーパーで安売りになっていたオーストラリア・ビーフのステーキを家族分焼く。包丁で筋切りをしたのち、両面にコーヒー用のクリームを塗って、しばし放置。フライパンにヘットを落とし、スライスした大蒜で香りをだしたところで肉を投入。強火で両面を固めたあと、日本酒を入れて、火をつけてアルコールを飛ばしてから蓋をし、弱火で数分。安い牛肉で柔らかいステーキを焼く工夫である。
 食後、やたらと眠くなり、23時まで仮眠。

_1  先日、日露戦争とトルコについて書いたが、日露戦争に関係したところでは東郷平八郎のビールが海外にある。
 フィンランドにあったビールで今はオランダで販売されている「AMIRAALI」(アミラーリ、提督)という名のビールがあり、そのラベルに東郷平八郎の肖像が描かれている。
 日本人では東郷平八郎の他に山本五十六のみで、トラファルガー海戦などで有名なネルソン提督もラベルとなっている。
 日本国内で東郷平八郎、山本五十六、ネルソンの遺髪に同時に接することができるのが、江田島の旧海軍兵学校だけである。
 ちなみに、山本五十六は大東亜戦争だけはなく、日露戦争における日本海海戦にも参加しており、「巡洋艦 日進」の砲筒内で砲弾が爆発、その破片で左手の指二本と右足の肉20cmが削ぎ取られた。昭和11年、軍人傷痍記章が制定され、山本五十六はその第一号を授与されている。

*写真は、「AMIRAALI」東郷ビールと昨年日本で限定販売された「日本海海戦勝利100周年」ビール

|

« はじめての大衆演劇 | トップページ | 日章旗と旭日旗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/9184509

この記事へのトラックバック一覧です: 総務常任委員会、東郷ビール:

« はじめての大衆演劇 | トップページ | 日章旗と旭日旗 »