« 柏崎トルコ文化村売却、再審議へ | トップページ | 絵本版『サムライの娘』 »

2006年6月28日 (水)

柏崎トルコ文化村問題:全員協議会開催

Dsc02447 6時48分、柏崎駅に到着。口内の痛みや腫れがあり、歩くのもツライので、タクシーで自宅に戻る。昨日、飲みすぎたのでかなりの腫れで自分も驚くほど。
 大阪で買った「ジューシーポークバーガー」で朝食。

 昨日、何人かから電話をもらっていたので、自宅に戻り次第、自サイトの掲示板を見ると、誹謗・中傷、色々な煽り、イタズラの書き込みがあった。そこまで私に関心をもってくれているのであろうか色々な意味で大変ありがたいことである。
 柏崎市議会の議員は31名。うちホームページをもって情報発信をしているのが5名の現状を考えれば、そのなかでもあえて?興味をもって見てくれているのであろう。
Ggg  それにしても、前向きな議論ではなく、「いつ仕事をしているのだろう?」と思うほど、書き込みの時間、内容もしつこい。さらには、何か勝手な捏造ストーリーがあるようで、妄想も甚だしい。その捏造ストーリーに騙されている人が、柏崎にはいないことを願うのみである。
 もし、私がその捏造ストーリーの通りであったら、日本の右翼をはじめ土建業界の物凄い大物で、献金やらで相当な金持ちのようである・・・・・・。

Dsc02449 10時30分過ぎ、市役所に行く。昨日の議会運営委員会で決定したとおり、11時から「全員協議会」の開催。
 まず市長からの報告があり、とにかく「理解をしてほしい」との言葉とともに陳謝であった。流れはこうである。

22日:議員側の指摘により、「買戻し特約」の登記について、
    柏崎市が顧問弁護士に相談。弁護士のアドバイス
    もあり、登記を行うと「財第81号」の公文書で議員
    全員にFAXにて報告。
 → 柏崎市として登記を決定し、公文書を発信

23日:本会議の採決。議場をでて採決を放棄する議員もでる。
    討論で、「財第81号」「トルコ共和国との友好」の
    意見を三井田が付す。
    減額譲渡にかかわる「議第85号」が可決。

25日:市長が落札者であるウェステック・エナジー社長に
    面会。「買戻し特約」の登記の条件は飲めないとの
    返答がある。

26日:市長が議長に申し入れ。
    議会運営委員会の開催を通知。

27日:議会運営委員会が開催され、議論が沸騰。

 そして本日の全員協議会の開催となった。全員協議会は議長が召集する会議であって、正式な議事録も残らない。先の6月議会はもちろんのこと議事録をとっており、もし今後、この件でいきさつを調査した際には、議事録からは最後にどうなったのか結果が分からなくなってしまう。
 「買戻し特約」というと、いかにも税金ですぐ買い戻すというようなイメージで先行するが、実際には「そのような状態にならないように」ということ、転売の防止、担保の意味合いが強い。全員協議会のなかで、

 「買戻し特約で余計な税金がでていく。
  税金の無駄遣いであり、もし違反したら罰金で
  良いのではないか。」

との意見がでたが、これは言葉の表面をなぞっただけであろう。
 自治体の宅地を安く落札、その後会社を計画倒産させ、新しい新会社で引継ぎ、転売、その差額を利益にするといった例も考えられるため、こういった契約が設定される。もちろん、今回の売却がそういった例に該当するということではなく、仕事のやり方として指摘しているのである。
 柏崎市の持っている土地などの財産は、柏崎市民の財産であり、その売却などによるリスクを最小限にし、市民の財産を有益に活用するのが市長をはじめとする柏崎市役所職員の仕事である。もちろんの事ながら、柏崎市だけではなく、どの自治体にもいえ、新潟県内で一番大きい新潟市の例をとってみても、「新潟市普通財産処分事務取扱要項」第4条に「買戻しの特約及び登記」に「特約の設定、特約の内容、特約の登記」が規定されている。
 今回の落札者であるウェステック・エナジー社に落度はなく、そこを責めているわけではない。最初の契約の際、その点を柏崎市の顧問弁護士に相談せず、そのまま業務を遂行したこと。議会議決の前に顧問弁護士に相談の上、「登記します」と全議員に公文書でだしたものの、ウェステック・エナジー社とその時点で調整しておらず、議決後、やっぱり「なし」にします、これを杜撰な仕事のやり方といわずして何というであろうか。
 正式な議会の召集権は市長にあり、釈明するのであれば、このような非公式な全員協議会ではなく、議事録が残る正式な場にしてもらいたい。臨時議会の開催を求めて市長に質問するものの、全国市議会議長会新潟県庁市町村課には議会の開催はしなくても良いとの回答を得ていると繰り返すのみであった。
*ちなみに6月議会の全文議事録がまだできあがっていないなか、どうやって細かい経緯を説明したのであろうか。
 基本的には、6月議会での議決に付した議員の意見には法的拘束力はない。しかし、賛否に関わるような公文書を議決前にだしておき、議決後「やっぱりなしよ」、そして法的拘束力がないからといって、議会を開催しないのは「信義」に関わることである。
 これが許されるなら、今後何でもありのバーリトゥード状態になる。
 細かいことになるが、この全員協議会の開催時間も11時開始に設定し、1時間ほどで昼休みにするということにも、その態度のあり方が現れている。いつもは10時である。
 事を大きくしたくない陣営の無言作戦もあり、12時20分過ぎに議長が宣言し、全員協議会が終了となった。
 本当にこんないい加減でいいのだろうか。誰も責任をとらず、ガス抜きと言わんばかりの全員協議会でお茶を濁す。怒りのまま、議場をでた。


平成18年6月28日『柏崎日報』

 旧トルコ文化村 買い戻し特約 結局「登記せず」
 市長陳謝 市議会が議論

 市が市内鯨波の旧柏崎トルコ文化村の土地・建物などを
ウェステックエナジー(上越市)に一億四千万円で売却
(減額譲渡)することに関連し、いったん決めた買い戻し特約
登記の方針を市が撤回したことから、会田市長は28日の市議
会全員協議会で不手際を陳謝した。旧柏崎トルコ文化村は公募
で譲渡先を選定し、ウェステックエナジーはブライダル施設
などに活用する計画を示している。
 買い戻し特約は、用途規制に背いた場合は契約を解除し市に
返還するというもの。譲渡議案を審議した市議会六月定例会で
登記を求める意見があった。市は当初、契約に同じことが入れ
てあるので登記の必要はないとしたが、転売した場合などに
第三者に対抗力がないとして登記を決定。その上で23日に
譲渡議案が可決された。しかし譲渡先の合意を得られず、
26日になって、特約は登記せず一般登記とすることに逆戻り
した。
 全員協議会で会田市長は、買い戻し特約を登記することは
最初の話になかったため、譲渡先が会社の信用度の関係から
了解しなかったとしたほか、違約の場合の返還を契約にうたっ
てあることは相手も納得していると説明。議案には買い戻し
特約の取り扱いが入っておらず、再議は法的にできないとして、
特約を登記しないことに理解を求めた。
 複数の議員が、買い戻し特約の登記をすることを前提に
議案に賛同した経緯があると主張して、市長の説明に反発。
「買い戻し特約を登記することは担保であり、相手の信用を
傷つけることにはならない」とする意見もあった。今後の対応
として譲渡先との交渉継続や、講義再議の再検討を要請する
声が相次いだが、市長は陳謝を繰り返した。


F1000001_29 13時過ぎ、「やぶ」(電話:0257-22-3482)から出前をとり、会派室で昼食をとりながらの会派会議。怒りによる空腹感?があったため、「カツ丼 大盛り」を食べる。丼のふちから、まるで表面張力のように盛り上がるご飯とカツ。1000kcalぐらいありそうである。夏に向けて、ダイエットに励む人が多いなか、この逆行。ストレス太りの典型である。

Dsc02463 14時から16時まで、現場の立会い。その後、途中参加になったものの16時から18時まで、独り住まいのお年寄りの家周辺でのボランティア掃除。終わったあと、明治饅頭をもらった。
 19時過ぎから事務所で夕食をとりながらの懇親。サザエのつぼ焼き、茶豆の枝豆、胡瓜の丸かじり、イカのポン酢漬けなど。胡瓜には、麦白味噌とマヨネーズを混ぜた、「麦味噌ネーズ」をつける。

Dsc02462 先日、柏崎準倫理法人会の2006倫理経営講演会に、体験報告としてお越しいただいた、埼玉県の超人気チーズケーキ専門店「ダンテ」の國武社長から、人気商品である「ベイクドダンテ」やクッキーを頂戴した。國武社長とは個人的に、「菌」の話で盛り上がった。
 本物の乳製品を使い、熟成させたチーズケーキは、その濃厚さもさることながら、後口がスッとさわやかになる今までにない味わいであった。次回、お店の近くに行ったら、購入したいと思う。

|

« 柏崎トルコ文化村売却、再審議へ | トップページ | 絵本版『サムライの娘』 »

コメント

お疲れ様です。飲みすぎると口の中が腫れるとは、痛いですか?有名になってくると、あちこち出かけても気が抜けませんね!それに忙しいですねぇ!くまぐまの仕事場では七夕に府の監査が来ることになり、忙しがることもないのですが忙しい感じです。故にくま1くま2の養老天命反転地行きは延期になりました(平日に休んでいく予定だった)。ストレス太りご注意ください、くまぐまは皆太めです、ホホホ。

投稿: くまぐま | 2006年6月29日 (木) 13時13分

買い戻したら、税金がかかるんじゃないですか

投稿: | 2006年6月29日 (木) 18時24分

1月始めの公募の段階で買い戻し特約の件は載ってなかったんだからしかたないね。
この件で市長を責めるなら同時に
2月議会で気づかなかった議員たちも責めをおうべきでしょう。

投稿: | 2006年6月29日 (木) 23時55分

 くまぐまさん、コメント、そしてお気遣いのお言葉ありがとうございます。思いっきり、左側の口中の頬肉を噛んでしまい、大流血。その後の大量の飲酒で悪化し、現在は左頬が飴を入れたように腫れている次第です。以来、「アルコール消毒、アルコール消毒」との飲酒の薦めは、信じるもんじゃないと猛省中です。
 養老天命反転地でのストレス発散ができることをお祈りしております。
http://www.yoro-park.com/j/rev/index.html

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時50分

 名無しさん、ご質問のコメントありがとうございます。
 買い戻すような事態が発生しないために、色々な条件をつけております。
 公共から民間への譲渡の際、例えば宅地として売り出した場合にも、すぐ工業用地には使わない、といった買い戻しの条項をつけるのが一般的です。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時54分

 名無しさん、コメントありがとうございます。
 一見ご尤もとの印象を受けますが、柏崎トルコ文化村に関わる売却の議案は今6月議会に初めて提案されたもので、2月議会には議案としてあがっておりません。議案として上がっていない以上、議会での議論はできない状況です。
 また、そもそも今回の問題は、議会議決の23日の前日22日に、全議員に公文書「財第81号」で「買戻し特約を登記します」と通知、補足したため、議員としてはそれを受けて討論し、採決に望んだものです。ここが問題点です。
 もちろん、落札者にはまったくの落ち度はありません。本来であれば、議員に「買戻し特約」の文書を発信する前に落札者との調整を済ませておくべきで、これは議会だけのことではなく、一般社会(社内での承認行為と社外との契約等)でも、同様と思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 02時14分

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 02時16分

結局このお粗末ドタバタ劇、非公式の場「全員協議会」で「しゃんしゃん」なのですか?
2通の書簡の時も小役人が謝って終わり。
今回も謝って終わり?

投稿: 市民 | 2006年6月30日 (金) 06時21分

 市民さん、コメントありがとうございます。
 私もまったく同じ思いであり、これで終わりにすることは柏崎市政のためにとってもマイナスであると思っております。
 まだブログにすべて書き込んでおりませんが、その後、少なくとも議事録が残る正式な議会を市長に要請するよう議長への申し入れを行いましたが、その気はないご様子でした。
 また、自治法(第3節 招集及び会期)の第101条

1 普通地方公共団体の議会は、普通地方公共団体の長がこれを招集する。
 議員定数の4分の1以上の者から会議に付議すべき事件を示して臨時会の招集の請求があるときは、当該普通地方公共団体の長は、これを招集しなければならない。

2 招集は、開会の日前、都道府県及び市にあつては7日、町村にあつては3日までにこれを告示しなければならない。
 但し、急施を要する場合は、この限りでない。

に則り、請求をする方向で調整中です。ただし、反対勢力も多くありますので、難航が予想されます。
 市長与党を標榜されている方々(議場で極力発言せず、シャンシャンで終わらそうとする)は、とにかく「市長の邪魔をしない」などとおっしゃっておりますが、邪魔でも何でもなく、おかしいことはおかしいと指摘することが、議員本来のあり方であります。市長が誰であろうと、言うべきことは言う、それが柏崎市のためであることをお気づきになっていないかと思います。
 ちなみに、全員協議会の開催時間も11時開始に設定し、1時間ほどで昼休みにするというのも、その態度のあり方が現れております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 10時53分

1/4以上、つまりこの問題について意識があるのは8名もいないって事?
なんじゃそりゃ??

投稿: 市民 | 2006年6月30日 (金) 11時27分

雰囲気が違う所へこのようなコメントでごめんなさい。口の中流血するほど噛むとはかなりの疲れ方、しんどいですね。がんばれ!でも頑張りすぎるな!数日間ゆ~っくり出来たらすぐ治りそうです。体力自信あるでしょうが気をつけて!票にはなりませんが、くまぐまは応援しています。

投稿: くまぐま | 2006年6月30日 (金) 13時15分

ありえない展開に驚くばかりです。
もしこのまま議会の採決が覆された場合「悪しき先例」となり、
今後も同様のことが起こるのでは?トルコ村の件に留まらず、
議会の存在意義を揺るがす大きな問題に思えるのですが。
臨時議会召集に反対or消極的な議員諸氏には、長い目で見たら
自分たちの首を絞めていることに、早く気付いていただきたい。
市民の代表としての正常な対応を期待しています。
難しい状況かとはお察ししますが、頑張ってください。

ダンテのチーズケーキは一度だけ食べたことがあります。
口当たりがよく(甘味と酸味のバランスが絶妙)濃厚だけど
後味はサッパリしていて本当に美味しかったです。
他にはない、忘れられない味でした。

投稿: 私も市民 | 2006年7月 2日 (日) 11時48分

地方議員数人が東京のトルコ大使館まで押しかけて
トルコ側を巻き込もうとしたようですね。
情けない限りです。

投稿: | 2006年7月 2日 (日) 18時22分

上の名無しさんの落書き、
桜井さんのブログに同じコメントがありました。
革新系って、悪意の塊りですね。
どうしても正義感でやっているとは思えない。

>地方議員数人が東京のトルコ大使館まで押しかけて
>トルコ側を巻き込もうとしたようですね。
>情けない限りです。

>投稿 柿崎 | 2006/06/29 18:37:45

買い戻し特約の登記を拒否するウェステックエナジーに、無理やり売らなきゃならない理由が市長にはあるようですね。
陳謝で済ませたら、この市長また何度でも同じようなことやりますよ、赤い舌出して。(赤い旗振ってか?
臨時議会召集のほう頑張って下さい。

投稿: 目撃者 | 2006年7月 2日 (日) 21時58分

 市民さん、問題提起ありがとうございます。
 8名どころではない数の議員が、この問題についての意識はあっても、議員によっては態度決定ができなかったり、「付議すべき事件を示して」の部分でスムーズな意志統一ができない状況です。私ももどかしく、引渡しが7月1日の契約なので、実質、逃げ切られた感がございます。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時28分

 くまぐまさん、ありがとうございます。
 左頬のみ異常に腫れた状態でなっており、人に会うたびに笑われます。
 温泉などでゆっくりしたい気分もありますが、なかなかそうはいかないようです。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時32分

 私も市民さん、コメントありがとうございます。
 ご指摘のとおり、この前例が許されてしまうことに危機感を感じております。
 また、ダンテのチーズケーキ、私もハマりました。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時34分

 名無しさん、メールでも同じような内容を頂戴しましたが、同じ方でしょうか。
 市長も議場で同様の発言をしておりましたが、私を含めた地方議員数人が柏崎トルコ文化村の件で抗議か何かの?署名をもって、トルコ大使館まで押しかけたというのがご主張のようですが、気持ち良いぐらいに間違った情報です。
 まず、第一に私は同席もしておりませんし、そもそも地方議員のメンバーも柏崎トルコ文化村の件でトルコ大使館を訪れたわけでもなく、署名も柏崎トルコ文化村の件ではございません。
 勝手な思い込みの情報で、市長も公式の場で発言し、人事ながら心配しております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時40分

 目撃者さん、情報、コメントありがとうございます。
 とにかく、物事の本質的問題から、いかに他の方向に論点を逸らすか一所懸命になられている勢力があるようです。
 一般の方々から見れば、問題を逸らそうとすればするほど、怪しいと分かるのではないでしょうか。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時45分

以前、投書した秋葉のイベントに関しての記事が、今月の財界ニイガタに載りましたね。

あんなイベントに、お金を無駄使いした新潟県で一番高いボーナスを奪っている柏崎職員は、恥を知れ!です。

観光業者は、もっと、場所の選定を考えた方が良いと思いますよ。

あんまり、特色のある物品を陳列販売できないのですから・・・。残念ですが。

それと、このブログは過去ブログを探すのが非常に難しいですね。

タイトルだけでも、判る索引みたいなのはできないのでしょうか?

投稿: QQQQ | 2016年7月27日 (水) 15時04分

 QQQQさん、コメントありがとうございます。
 過去のブログですが、パソコンで本ブログをご覧になった場合、左の検索ボックスにキーワードを入力してもらうことで、検索ができます。
 ただ、書いたブログが大量のため、目的のものは発見しづらいかも知れません。より分かりやすくなるよう、改善に取り組みます。

投稿: 三井田孝欧 | 2016年7月28日 (木) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/10697671

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎トルコ文化村問題:全員協議会開催:

« 柏崎トルコ文化村売却、再審議へ | トップページ | 絵本版『サムライの娘』 »