« アタチュルク像、どこからもらったか不明? | トップページ | 世界のトイレを綺麗に!鍵山秀三郎会長 »

2006年6月13日 (火)

公開:6月12日本会議

F1000001_24 2時、就寝。7時、起床。メールを書いたり、年配者から頂いたお手紙への返事など書いているうちに9時を過ぎる。甥っ子がきたので、一緒に納豆巻きを作って食べようと思い台所に立つと、甥っ子が自分でもやりたいという。手を洗わせ、甥っ子にも納豆巻きを作られてみた。「上手、上手」とほめると、得意気にもう一本作ろうとしていた。

Yama 「やって見せて、言って聞かせて
 やらせて見て、
 ほめてやらねば、人は動かず」
            山本五十六

Dsc02362 10時から本会議、一般質問の一日目である。
 来年4月から予定されている一般家庭ゴミの有料化について、13人中5人が取り上げている。
 有料化の前にやることがあるのではないか、という意見が議員側から多く、荒城議員の「有料化を考えるこの時期をチャンスととらえ、ゴミ自体の減量化に取り組むべきではないか」という点はごもっともであった。
 一般家庭ゴミの有料化は市民の皆さんの関心も高く、各地区での説明会への出席者数は3000名を越えた。ゴミの減量を議論する良いチャンスである。

Dsc02361 12時、電話での対応や相談のお客様などがあり、昼食を食べるタイミングをはずしてしまったので、売店で「おにぎり 梅かつお」、「でかまる 鶏だし ちゃんぽん」を購入し、急いでかっ込む。

 13時から議会が再開、一般質問が続く。

F1000002_13 議会終了後、打ち合わせを2件を行う。19時、自宅に戻り、国産牛てっちゃんを焼いて、ビールとともに夕食。おろしたニンニクをたっぷり入れ、てっちゃんの脂肪からでる脂のみで焼く。最後にオイスターソースなどで味つけをし、最後に刻み葱をたっぷりのせた。

 昨日の本会議での市長とのやりとりを本ブログに書いてから、メールでの抗議やら街中で会った方からの反応があった。共通した意見は、「市長がそんなことを言うはずがない」「三井田が捏造している」というもの。これまでの議論の根底をなしていた、トルコ共和国から贈られた事自体が、市長いわく、「そう言えるのか」であって、質問した私も驚き、また答弁側である市長が私に質問したことも驚きであった。
 以下にその模様を公開する。


<提供>柏崎市議会 9月議会より中継予定
*本会議全部の掲載は容量の関係でできませんので、発言をそのまま引用しています。なお、発言内容の加工・捏造はありません。

 論法はこうである。

 「トルコ大使から、これまでアタチュルク像については、
 どうしてほしいなどと言及はなかった。
 これは柏崎市政で決めることであり、
 トルコ大使を巻き込もうとするのは、どうかと思う。
 アタチュルク像はトルコ共和国から贈られたものか
 どうかも分からないので、売ってしまっても問題ない。
 トルコ共和国とは友好を保ちたい。」

 もちろん、私もこれは柏崎市政で決める話であり、トルコ大使に決めてもらおうなどとは言っていない。外から見たらこれは大変おかしいことである上、口で「友好」とは言うが実際にどうするのか、を問うているのである。映像を見てご判断頂ければと思う。

|

« アタチュルク像、どこからもらったか不明? | トップページ | 世界のトイレを綺麗に!鍵山秀三郎会長 »

コメント

答弁映像の感想
市長のこのような答弁を目の当たりにしても
議会が意外なほど静かであることに驚愕しました。
静かな口調でケンカ腰ですね。
話が少しずれますが
「地方分権」は反対したいと思います。

投稿: たいげろ | 2006年6月17日 (土) 11時55分

 コメントありがとうございます。
 なるべくこの問題を穏便に済ませたい陣営は、「発言しない」「とにかくやり過ごす」戦法をとっております。
*マイクには入りませんが、それぞれに自席でグチグチしてつぶやいていらっしゃいます。
 ちなみに、こちらからの市長への質疑応答の際、市長が興奮のあまり私に質問をしておりますが、これは本来の議会ルールでは許されないことであり、議長が市長を制止するのが筋であります。なぜ、このような運営なのかはお察し頂ければ幸いです。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/10531220

この記事へのトラックバック一覧です: 公開:6月12日本会議:

« アタチュルク像、どこからもらったか不明? | トップページ | 世界のトイレを綺麗に!鍵山秀三郎会長 »