« 小野田寛郎氏:従軍慰安婦の正体 | トップページ | 公開:6月12日本会議 »

2006年6月12日 (月)

アタチュルク像、どこからもらったか不明?

F1000001_23 6時、起床。今日から6月議会が開会となるので、議案に目を通す。大粒納豆で作った麹漬け納豆で納豆巻きを作って食べるも、どうも納豆を入れ過ぎ、かぶりつくたびに反対側からムニュウ~と納豆がでてしまう。

 9時30分過ぎ、市役所に行き、会派内で若干の打ち合わせ。

 10時から本会議。議会初日であり、助役からの概略的な議案の説明及び質疑応答である。
 柏崎トルコ文化村関係は、「議第73号 平成18年度一般会計補正予算案(第2号)」の売却して民間からの入る収入1億4000万円、売却することによって、国に返還しなければならない電源立地特別交付金の返還金1億1421万6000円。そして、財産の減額譲渡に関する「議第85号 財産の減額譲渡について(土地、建物及び構築物)」。なぜ減額譲渡かといえば、柏崎トルコ文化村の評価額は約16億円であり、その価格より下げて売ることになるからである。本来であれば、市民のためにも1円でも高く売ることが自治体の役目でもあり、10分の1以下の値段、しかも取得した際の金額を基準に設定した点も説明不足と思われる。柏崎市がRCCを経由して1億5000万円で柏崎トルコ文化村を取得できたのは、購入者である柏崎市が地方自治体であり公共性があるからで、民間などであれば簿価に近い金額か、少なくとももっと高い金額での取得になったところであろう。
 さらには、取得の際の議決では、費用は一般会計から支出と説明されていたにも関わらず、実際には原子力関係の交付金を充当していた点など、この辺は私が議員となる前の議会での議決事項であり、2期目以上の先輩議員にお願いしたいところである。
  「議第73号」の説明のあと、質疑応答となったが、市長から以下のような答弁があった。

 「6月6日、ウェステック・エナジー社の社長と一緒にトルコ大使館に行って来た。これまでも4回ほどトルコ大使とは話し合っている。トルコ大使から今後の施設についてのお訊ねがあったが、民間会社として現在の建物を生かしたいと答えたところ、大使は素晴らしい計画と言われた。ただし、6月議会での議決が必要であることも申し添えた。これまでトルコ大使側からアタチュルク像についての問いかけはなかった。数日前に、4~5人程度の地方議員が、地方議員の団体の署名をもって、トルコ大使館にきたようだが、柏崎市の市政にトルコ大使を干渉させようとすることで、トルコ大使も迷惑がっていた。

 議会の公式の場で、こちらから何も言っていないのに地方議員の団体がうんぬんと話すことには驚かされた。「陰謀」だとでも思っているのであろうか。地方議員による訪問は、何も柏崎トルコ文化村の話で訪問したのではないと聞いているうえ、別に私が同行したわけでもない
 そもそもアタチュルク像に関して、トルコ大使からどうしろ、こうしろなどと指示は無かった、というがそれは当たり前であって、柏崎市政として配慮などをして決定すべきことである。誰もトルコ大使からの指示をもらえなど、何も言っていない。

By  「議第85号」では、売却譲渡する構築物のリストにしっかりと「アタチュルク像」「アタチュルク像台座」が入っていた。
 これまでは、友好の証である「アタチュルク像」については、売却ではなく、トルコ文化村の売却先と協議、活用し、「トルコ共和国との友好を保ちたい」と市長は答弁してきたはずである。売却し、所有権も移った後、どうやってトルコ共和国との友好を保つのであろうか。詳しい議論は、今後の委員会の場でも良かったが、市長の今後の姿勢を問いただしてみると、

 「友好を大切にしたいと言っているのだから、
  これ以上の答えようはない」
 「アタチュルク像はトルコ共和国から
      頂いた物と言えるのでしょうか?」

 「
どこから贈られたのかも分からない。

・・・・・この程度の認識、絶句である。
 譲渡条件のなかにも、「トルコ共和国から寄贈されたもの」との記述があり、この程度の認識でいたのなら、本当に根本が分かっていないことになるうえ、これまでの答弁も何だったのかということになる。トルコ共和国から寄贈されたものではない、というなら、今回の公募では虚偽となる上、これまでの議会への説明も嘘ということになる。さらにいえば、柏崎トルコ文化村にお越しになられたカフラマン文化大臣をはじめとするトルコ共和国との関係も虚構であったということであろうか。
 最後には、さすがに

 「アタチュルク像がどこから贈られたものか
 分からない、という発言に関しては
        取り消しさせてもらいたい

とのことであった。
  柏崎トルコ文化村を早く売却し、市としての負担を減らすことについて異論を唱えるわけではないが、行政上の手続きやトルコ共和国への配慮に関してはキチンとすべきであろう。「売れれば何でもいい」ということにはならない。
 詳細は再度、委員会及び議会最終日の採決の場となる。

 12時過ぎに議会が終わり、他会派とも今回の柏崎トルコ文化村の件で若干の打ち合わせ。

F1000002_12 13時、自宅に戻るも来客があり、昼食を食べるタイミングを逃す。フランチャイズの加盟に関する相談で、そのフランチャイザーの情報を集めてほしいとのことであった。最近、こういった調査依頼が多い。14時過ぎ、非常食のノンフライ麺「麺づくり 鶏だし塩」で昼食。

Dsc02358 17時30分から柏崎ベルナールで、議員永続表彰パーティに出席。小池議員の35年をはじめに今井議員、五十嵐議員、本間議員の15年の表彰であり、小池議員の選挙初出馬の昭和46年といえば私もまだ生まれていない。今回、全国議長会からの表彰のなかでも、35年は小池議員だけだったとのことだ。選挙を行うこと9回、凄いことである。
Dsc02360 パーティは市長部局、議員、議会事務局で、会費制で行われた。
 2次会など遅くまであり、23時過ぎ、自宅に戻る。

|

« 小野田寛郎氏:従軍慰安婦の正体 | トップページ | 公開:6月12日本会議 »

コメント

 インドの旅についての記述を楽しみにしてました、が、次々に起こる?なモメゴト(失礼)などのせいか読めるのはまだ先のようですね。柏崎村のことも楽しみにしてます。お体に気をつけて!

投稿: くまぐま | 2006年5月10日 (水) 13時02分

J-CIAからきました。
トルコ文化村の件がんばって下さい。
これはもう地方だけの問題じゃなく、国益を左右する大事な外交問題のように思います。
二階堂さんに協力してもらったらどうでしょう?
あの人たちがどれだけ影響力をもってるのか見てみたいなぁ~w

投稿: 二十歳 | 2006年5月10日 (水) 16時05分

 くまぐまの皆様、ご無沙汰しております。
 また、あたたかいお言葉ありがとうございます。
 なかなかインドのご報告を落ち着いて書く時間がなく、満州に行く日も近づいてまいりました。
 早くご報告できるよう努力いたします。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年5月12日 (金) 00時22分

 二十歳さん、コメントありがとうございます。
 柏崎トルコ文化村に関わる事は、地方自治体の事務手続き(書簡の扱い)の問題だけではなく、地方自治体と他国との交流のあり方、そして日本人としての礼儀の問題と捉えております。
 駐日トルコ大使の立場を配慮しながら、慎重にこの問題を周知し、最終的には事例として、日本国内に広げることができればと思っております。
 地元では、「柏崎市の評価を下げるから広めるな」という意見もございますが、もっと大きな視点に立ち、こういった事を問題として真剣に向き合う柏崎市民がいる事と合わせて、お伝えできればと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年5月12日 (金) 00時37分

>所有権も移った後、どうやってトルコ共和国との友>好を保つのであろうか。

初代のトルコ村も経営は民間じゃんか
そのときも柏崎とトルコは友好関係だったじゃん
ウェスティック・エナジー社と柏崎市で取ること友好関係を維持できないと言う貴方の論理展開は強引ですね

投稿: | 2006年6月12日 (月) 16時31分

 名無しさん、早速の反応ありがとうございます。
 今後どうやっていくのか、実際の考えを確認したいからこそ、質問したのであって、内容をよくお読み頂ければと思います。「ウェスティック・エナジー社さんにもご協力いただいて・・・・」といった答弁を期待したところでしたが、アタチュルク像自体、トルコ共和国から寄贈されたものではない、と市長が認識していたことも合わせてご判断下さい。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月12日 (月) 16時59分

お疲れ様です。
本当に、お疲れ様です。
私も読んでいるだけでクタクタになりました。

>アタチュルク像がどこから贈られたものか
 分からない、という発言に関しては
 取り消しさせてもらいたい

それはお断りさせて戴きます。何をおっしゃいますやら。
「トルコとの友好を大切にしたい」
という「心」どころか「態度」すら皆無ですね。
最初から丸見えでしたが(笑)。
親日国であるトルコが相当お嫌いなようですね。
引続きご報告を待つと致します。

投稿: たいげろ | 2006年6月13日 (火) 00時49分

名無しのアホなコメントは無視か削除でいいのでは。小学生か中学生なみのレベル

投稿: 桜花 | 2006年6月14日 (水) 17時27分

 >ウェスティック・エナジー社と柏崎市で取ること友好関係を維持できない
と言う貴方の論理展開は強引ですね。

 「取るこ」とは何のことでしょうか。
また、「じゃんか」や「じゃん」なんて言葉を使われるのは、
どうかと思いますよ。

投稿: ミラーマン | 2006年6月14日 (水) 19時01分

 たいげろさん、コメントありがとうございます。
 このやりとりを信じない方もいらっしゃるようなので、議会事務局からビデオ映像を提供してもらい、映像を公開しました。
 この映像を見て、市民の皆さんのご判断を仰ごうと思っております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月17日 (土) 10時52分

 桜花さん、ミラーマンさん、コメントありがとうございます。
 なかなか刺激的で書き逃げのようなコメントが多いのですが、こういったお考え、行動の方がいらっしゃることを残せればと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月17日 (土) 10時54分

三井田よ、責任もって発言しろよ。ネットからコソコソやってんじゃねぇよ。お前の汚さにうんざりしてるよ、皆んがさ

投稿: | 2006年6月17日 (土) 14時11分

柏崎市とトルコの「友好」は、現時点ではトルコ文化村あって
のものではないかと思います。
もし施設を内定している民間企業に売却すれば、トルコ側との
交渉なども新経営者に委ねることになりますよね。
そうなると新たな方法を打ち出し、接点をつくっていかない
限り、「柏崎市」がトルコと友好を保つのは難しいのでは?
(例えば市主催の交流事業を企画するとか、トルコのどこか
の市と姉妹都市提携を結ぶとか)
それにしても「友好の証」として贈られた像も売りに出す
とは。実は施設と一緒に友好も売却したいんでしょうか?
「友好を大切にする」という言葉が空虚に響きます。


投稿: 市民A | 2006年6月18日 (日) 16時17分

>皆んがさ

・・・なんて読むんだよ。意味がわからねぇ。
日本語もまともに書けないのか。
中傷する奴等って、ほんとバカばかりだな。

どうせ同じような事を某掲示板でも
やってんだろ? あほくさっ(;´д`)

投稿: | 2006年6月18日 (日) 17時35分

三井田、汚いよお前は。自作自演でレスかよ。そんな人間が議員とは地元民の程度が分かるな

投稿: | 2006年6月19日 (月) 08時15分

投稿: | 2006年6月19日 (月) 15時49分

>三井田、汚いよお前は。自作自演でレスかよ。

 自作自演とは何か証拠でもあるんですか。

 そちらこそクソレスの連続カキコやめて下さい。

投稿: | 2006年6月20日 (火) 19時09分

>三井田よ、責任もって発言しろよ。ネットからコソコソやってんじゃねぇよ。お前の汚さにうんざりしてるよ、皆んがさ


 テメェみたいな奴にこそウンザリしてんだよ。
皆んがさ。

投稿: | 2006年6月24日 (土) 21時56分

 「三井田よ、責任もって発言しろよ」の名無しさん、刺激的なコメントありがとうございます。少し冷静にお考えになってみてはいかがでしょうか。議事録にキチンと残る議会でも発言し、またインターネット上でも実名をだし、できる限り公開し、自分の責任で発言しております。コソコソなどまったくしておりませんので、翻ってお考え頂ければと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時15分

 市民Aさん、コメントありがとうございます。
 おっしゃる通り、「友好を大切にする」というだけで何ら具体策はなく、またアタチュルク像も民間にそのまま投げてしまうことは無責任極まりないと思います。
 トルコ文化村としての再生ができない、売却すると決断した時点で、アタチュルク像の扱いを【柏崎市民で決め】、閉村式などを経て、逆に民間企業への負担を小さくすべきであったと考えております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時17分

 名無しさん、コメントありがとうございます。
 どういった意図なのか分かりませんが、問題の本質ではなく、誹謗中傷のような書き込みが多いこと自体、異常に感じております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時19分

 「三井田、汚いよお前は」の名無しさん、刺激的かつ誘導的なコメント、ありがたく頂戴いたします。自作自演などする必要もなく、またそのように使える、有り余る時間があるわけでもありません。
 また、「地元民の程度」とはどういった意味でありましょうか。柏崎市民ではない方とお察ししますが、そのようなことを書くこと自体をよくお考え頂ければと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時21分

 「パトロンがいるんだって?」の名無しさん、色々な妄想、お疲れ様でございます。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時24分

 名無しさん、次の名無しさん、コメントありがとうございます。
 同じ土俵(レベル)にのってしまうと相手の思うところですので、「お寂しそうなお方」と考えるようにしております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年6月30日 (金) 01時27分

名前だして、恥もさらすよーなことなんかできねーんだよ。
黙って仕事してろよ、三井田よ

投稿: | 2006年6月30日 (金) 12時10分

 名無しさん、刺激的なコメントありがとうございます。
 仕事をしているからこそ、名前をだして、このように公開しております。

投稿: 三井田孝欧 | 2006年7月 3日 (月) 09時59分

黙ってする仕事としっかり言わないと進まない仕事があって
今回の事は後者だと思います。無駄な中傷するよりは
もっと人の為になる事したらいいですよ、ね。

はやく解決する事を望みます、いくらなんでもトルコの方々に
失礼ですよね。中傷コメントは一人が連投してると思います
無視してお仕事がんばってください。日本人一人一人がもっと
興味をもってくれたらと思います

投稿: トルコに敬意を | 2009年2月15日 (日) 03時31分

 トルコに敬意をさん、コメントありがとうございます。
 泥棒をしていることに気付かない泥棒はタチが悪い、といいますが、今回の件は「自分たちの行いが、柏崎という一自治体の問題では済まないことをしている」という自覚がなく、まさにタチの悪いものです。
 事情を知った多くの方が「柏崎市の対応はおかしい」と反応してくれている事に対し、私(三井田)が会田柏崎市長を貶めるために、煽っているという【陰謀】でしか考えられない、完全なおビョーキの方々がいる事を、柏崎市民の一人としてただ恥ずかしく思っております。
 何とか解決するよう、次の議会でも糾弾していきたいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年2月16日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/9840823

この記事へのトラックバック一覧です: アタチュルク像、どこからもらったか不明?:

« 小野田寛郎氏:従軍慰安婦の正体 | トップページ | 公開:6月12日本会議 »