« 中国共産党9つの評論 | トップページ | 公安調査庁:原水禁、市長参加の意味 »

2006年8月17日 (木)

米山町岩牡蠣:宣伝は作戦に優先する

 1時過ぎに車を発進させ、仮眠をとりつつ、六日町ICから一般道で自宅に戻り、8時過ぎに到着。12時過ぎまでひたすら届いていた郵便物の処理や手紙の返事を書く。

Umide  13時過ぎ、長野県の某氏が海水浴がてら、ご家族で柏崎周辺までお越しになっているということで、番神で待ち合わせ。奥様の作った昼食をご馳走になりながら、海を見ながらの懇談。コンビニでおにぎりやパンを買う家族が増えるなかの手作り。羨ましい限りである。お子様がいないので、マスタードをきかせたようで、マスタードとバターが暑さで溶けかかり、味が染みこんだサンドイッチ。潮風のなかで食べるのは格別の旨さだ。御礼に、塩漬けにした米山町のもずくをお渡しした。

Dsc03253 16時過ぎぐらいから、義弟と夕食の準備。
 義弟が米山町の海に潜りとってきた岩牡蠣、鮑を中心にした豪華なものにし、祖母や母を喜ばせようというのである。
 岩牡蠣の殻をむく作業、さすが義弟はプロであり、やたら速く正確にこなす。
Dsc03255 むき終わった岩牡蠣のなかでも小ぶりのものを使って、まず一品作ることに。熱したたっぷりのバージン・オリーブオイルに、大蒜の大まかなスライス、鷹の爪、クミン・シードを入れて香りをだし、一気に岩牡蠣を入れ、さっと炒める。岩牡蠣の身がぷっくりしてきたところで、塩、胡椒で味をつけ、バジルで風味をまとめて完成。
Dsc03256 続いて、定番の牡蠣フライである。これもなるべく熱を通さずに、高温でパン粉のついた衣をカリッとさせ、中身がトロリとする程度で揚げる。もちろん、揚がったあとの余熱時間も計算に入れる。
 ウスターソースのほか、タルタルソースで食べることにするが、タルタルソースを作る時間もないので、これだけは市販のタルタルソースを使用。
Dsc03257 あとは、鮑やサザエの刺身。鮑は3つあるうちの1つの肝をつぶし、肝醤油を作る。
 家をでている弟も呼び、久々に兄妹揃っての夕食。ビールや冷酒を飲みながら、米山町の海の幸を楽しみ、柏崎の豊かな海に感謝するのみであった。

Shou  食後、酔い覚ましがてら、東中野先生が出版された南京大虐殺に関わる本を読む。
 蒋介石の国民党がいかにプロパガンダを重要視し、戦闘ではなく、戦争に勝つための必要かを考えていたことが分かる。それは国民党中央宣伝部の

 「宣伝は作戦に優先する」

に集約される。
 先日、靖國神社でお会いした向井少尉の娘さんのお気持ちも考えると、ドンパチの戦闘による戦争の悲劇のみを語るだけではなく、情報戦での悲惨さも伝えるべきではないかと強く思った。

|

« 中国共産党9つの評論 | トップページ | 公安調査庁:原水禁、市長参加の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/11567973

この記事へのトラックバック一覧です: 米山町岩牡蠣:宣伝は作戦に優先する:

» 香ばしすぎる「南京大虐殺裁判」中国で勝訴 [今日のできごと(笑]
中国人女性、夏淑琴さん(77)が、日本で出版された2冊の本の中で「自分が南京大虐殺の被害者でないように書かれ、名誉を傷つけられた」として、著者2人と出版社に計160万元(約2400万円)の損害賠償と、日中両国の主要紙での謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の判決が23日、中国江蘇省南京市の玄武区人民法院(裁判所)であった。同法院は原告側の主張をほぼ全面的に認め、計160万元を支払うように著者2人と出版社に命じた。 http://www.asahi.com/national/update/0...... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 23時15分

« 中国共産党9つの評論 | トップページ | 公安調査庁:原水禁、市長参加の意味 »