« 関嘉彦先生、民社党 | トップページ | 「ゆとり教育」廃止こそ子供を救う »

2006年11月 6日 (月)

サミエル・ウルマン「青春」

 頼まれていたパソコンの修理も終わりが見えたので3時、就寝。7時、起床。WindowsXPとLinuxのデュアルブートにして、完成。ご自宅に届けた。

 朝食をとる間もなく、10時から打ち合わせ。話の最中、来年の選挙の話題になり、他の議員のように、飲食をともなう後援会総会などはやらないのか、というご意見を頂戴した。しかし、あくまで飲食は飲食であり、公職選挙法のグレーゾーンである。自分としては、行わないことで貫きたい。

Dsc04001  11時から日本青年会議所北信越地区新潟ブロック協議会、来年度の委員会の打ち合わせ。道州制における新潟県の位置、これから共有化しなければならない新潟県各地の良さなどをどう伝えていくのか、昼食を食べつつ話合う。朝食を食べなかったので、実際にはブランチになったが、出前で「盛来軒」(電話:0257-22-2181)の中華丼。

Dsc04005  14時過ぎ、一旦事務所に戻り、事務仕事。18時、祖母が好きなさつま芋を入れたカレーで軽い夕食。食事中に電話があり、急遽、長岡へ。柏崎青年会議所の例会がある予定であったが、千葉からお越し頂いたとのことで、2時間ほど懇談。できれば事前に日程調整してほしかったところである。

 先日の母校・東電学園の閉校に際して、現校長が最後の挨拶をする際、校舎内にあるサミエル・ウルマンの詩「青春」をご紹介されていた。
 高校生当時は、感性にビンビンこなかったが、現在は非常に感じるものがある。それだけ年をとった?、理想を失ってきた、ということであろうか。


【青  春】
原作:サミエル・ウルマン(SAMUEL ULLMAN
邦訳:岡田 義夫

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、
                 心の様相を言うのだ。
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
                 怯懦を却ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

 年を重ねただけで人は老いない。
 理想を失うときに初めて老いが来る。

 歳月は皮膚のしわを増すが、
         情熱を失う時に精神はしぼむ。
 苦悶や狐疑こぎや、不安、恐怖、失望、
 こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
 精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

 年は七十であろうと十六であろうと、
         その胸中に抱き得るものは何か。
 曰く、驚異への愛慕心、
 空にきらめく星辰、
 その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
 事に処する剛毅な挑戦、
 小児の如く求めて止まぬ探求心、
 人生への歓喜と興味。

 人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、
 人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、
 希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。

 大地より、神より、人より、美と喜悦、
  勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、
 人の若さは失われない。

 これらの霊感が絶え、
  悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
 皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、
 この時にこそ人は全く老いて、
       神の憐れみを乞うる他はなくなる。


YOUTH

Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.

you are yang as your faith, as old as doubt ;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.

So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.

When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

Given to Mc carthur some years ago by John
W. Lewist is based on a poem written by the late
Samuel Ullmann of Birmingham, Ala.

|

« 関嘉彦先生、民社党 | トップページ | 「ゆとり教育」廃止こそ子供を救う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/12568247

この記事へのトラックバック一覧です: サミエル・ウルマン「青春」:

« 関嘉彦先生、民社党 | トップページ | 「ゆとり教育」廃止こそ子供を救う »