2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 来年参院選争点は「日教組壊滅」 | トップページ | 2007アドバンス新潟創造委員会、ソ連抑留と夫婦 »

2006年11月24日 (金)

柏崎刈羽原子力発電所見学、日印友好の碑

 エッセイをはじめ、書かなければならない原稿が溜まっており、6時まで。2時間ほど仮眠し、8時に大粒納豆で朝食。

 8時40分、茨城県日立市の大和田知裕議員をホテルまで向かえにいき、そのまま柏崎刈羽原子力発電所のサービスホールへ。サービスホール前で三条市の佐野とおる議員と待ち合わせ。
 9時からサービスホール、そして柏崎刈羽原子力発電所6号機内を見学。お二人とも原子炉の真上もタービンの近くも初めてとのことであり、感動されていた。
 少しでも原子力発電への理解が広がれば幸いである。

 見学終了後、柏崎市内視察を行うために青海川方面に移動。
 まずは日本海フィッシャーマンズケープ内にある「地魚処 鮨健」(電話:0257-24-5213)にて、昼食をとる。
 柏崎市外からのお客様をご案内する際、夜のお店は色々あるが、お昼ではこのお店を利用させてもらっている。
Dsc04185 「地魚握り 1800円」を注文。1カンずつ、地の魚を握ってくれ、バラエティ豊かに日本海の味を楽しんでもらえる。
 鮨は、写真の上の段、左からホウボウ、クロダイ、ヒラメ、マゴチ、下の段、左からヒゲソリダイ、イシダイ、メバル、マトウダイ。味噌汁は魚のあら。
Dsc04187 満腹でお店をでたのち、続いて、日本海フィッシャーマンズケープ内に残るトルコ料理、「サバサンド 300円」。お客様に無理強いをする悪い案内役である。

 食後、最初のご案内は「こどもの時代館」・・・・がしかし休館。定休日は木曜日だったような気もするが、残念である。
 著作権料などが発生するこういったコレクションは、民間運営になってしまうとその支払いも正規のものになり、さらに苦しい経営になる。第3セクター運営である利点はそこにある。
 柏崎がコレクターのまちであることをお伝えしようと、気をとりなおし「痴娯の家」をはじめ多くのコレクションをご覧頂く。岩下館長にも説明をして頂き、お二人からは「これだけのものがあるのに、もっと利用しなきゃ・・・」との感想がでた。
 駅前活性化をはじめ、色々な案がでているが、まずは今あるものの活用を考えていきたいものである。

Dsc04192 その後、「日本で一番海に近い駅 青海川」をはじめ、米山町の聖ヶ鼻、樺太発見者である松田伝十郎の碑など、「海の柏崎」を視察していただいた。
 樺太発見は文化5年(1808年)の今から約200年前。2008年には「間宮海峡確認200年祭」の予定があり、柏崎の偉人が樺太を発見したということを、多くの人に伝える良いチャンスであるが、今の柏崎市にはそんな考えはないようである。

 今年2006年6月20日に寄せられた柏崎市役所「市長への手紙」より以下、引用。


松田伝十郎の偉業200周年について

 柏崎市鉢崎(米山町)出身の松田伝十郎が、地元ではどんな評価あるいは顕彰をしているのか知りたくて、柏崎市のホームページにアクセスしてみましたが見つかりませんでした。1808年には、伝十郎が後に「間宮海峡」と名づけられる海峡の存在を確認し、樺太が独立した島であるという、当時の地理学上画期的な功績を残していますが、2年後にこの偉業の200周年を迎えます。このことに関して、柏崎市として何らかの取り組みがあるのでしょうか。
 ちなみに稚内市では、2009年を間宮海峡確認200周年としてイベントの開催を行う予定ですが、単発でなく例えば2008・伝十郎YEAR、2009・林蔵YEARとして、1年間に渡って柏崎市(松田伝十郎)・山形県村山市(最上徳内)・兵庫県(高田屋嘉兵衛)・千葉県佐原市(伊能忠敬)・三重県(村上島之允)・東京都(近藤重蔵ほか)・茨城県伊奈町(間宮林蔵)などをネットワーク化する「北方交流」事業を企画・実現してみませんか。北辺警備に目を向ければ、青森県・秋田県・福島県などもネット対象になると思います

 柏崎市では、歴史の中で多方面に活躍された先人を顕彰するための施設として、「柏崎ふるさと人物館」を平成14年4月に開館いたしました。おかげさまで、毎年市内外の大勢の方からおいでいただいております。
 同館では、110人の先人資料等を展示しておりますが、松田伝十郎につきましても常設展示のブースで資料を公開しております。さらに、開館と同時に発刊した「柏崎の先人たち-柏崎・刈羽の人物誌-」の中でも掲載いたしました。このようなかたちで、常に郷土の先人を顕彰する環境の整備に努めておりますが、平成6年に柏崎市立博物館におきまして、第27回特別展「松田傳十郎」を開催した当時は、関係資料が少なく名もあまり知られていない状況でありました。
 また、その後、平成16年には、松田伝十郎の生誕の地である米山町の町内会の皆様により、米山町の聖が鼻岬に建立されていた松田伝十郎の碑「カラフトは離島なり大日本國々境と見きわめたり」が、より多くの人が訪れる同町内米山灯台下の展望広場に移設されております。
 稚内市が、3年後に「間宮海峡確認200年祭」を開催されることは、偉業をなした柏崎市の先人、松田伝十郎の功績が広く顕彰される絶好の機会となりますことから、生誕地である柏崎市の市長として心より感謝を申し上げたいと思います。柏崎市では、お問い合わせをいただきました松田伝十郎の偉業200周年を記念する事業の計画は今のところありませんが、稚内市において事業の実施に当たられる際には、柏崎市所蔵の資料の提供など、できる限りの協力をさせていただきたいと存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 なお、当市ホームページでは、市役所・施設の「柏崎ふるさと人物館」の中で、展示ガイドブックに少し紹介しております。


 色々なまちづくりの手法はあろう。他のまちで成功した手法を真似することもできる。しかし、絶対に他のまちが真似できず、独自性があるのは光ある地元の歴史を活用したまちづくりである。関係各所には、このことをよぉ~く考えてもらいたい。

Dsc04193

 帰り道、再度、日本海フィッシャーマンズケープに寄り、お買い物タイム。
 ほたるイカを試食したら、その濃厚な味と塩加減にハマってしまったため購入、500円。市外からきた方にお金を落としてもらうのが先なのに、自分が先に買ってしまった。
Dsc04194 さらに、幻魚(げんげ)の干したものも500円で購入。生で食べる際には味噌汁などに入れるが、身は白く、特にゼラチン質の皮が美味い。干したものは軽く炙って食べることになるが、今回は自作のラーメンに使ってみたいと思ったのである。

 三条市の佐野とおる議員がお帰りになり、その後、大和田知裕議員を長岡駅までお送りする。
 今回の視察を通し、大和田知裕議員には後援会旅行会の行き先を、柏崎にしてもらうようお願いした。議員なりの誘致活動である。

 長岡駅でお見送りしたのち、甥っ子の入院先にお見舞い。2歳過ぎの子供に点滴姿は痛々しい。点滴が外れない程度に遊ぶ。

Dsc04195 頼まれものの買い物などをしたのち、19時過ぎ、自宅に戻る。あるお年寄りで足もご不自由なものの、酒だけはやめられないようで、大きな焼酎ボトルのお遣い。夕食時の焼酎お湯割りが人生の楽しみだという。
 越後もち豚をガーリックソースで焼いたものを中心に夕食。

Dsc04190

 米山山荘の目の前にこんな碑がある。

「日印親善
 印度国ナカランド州コヒマ
        
 招待記念碑
    メレンさん他四名」

 碑の後ろには、

 「昭和54年7月9日建立
  元烈五八会 柏崎刈羽地区委員会」

Indiaとある。元烈がつく部隊といえばビルマ戦線であり、大東亜戦争3大愚戦にも数えられる昭和19年(1944年)3月8日からのインパール作戦が該当する。この作戦には、3個師団(第15、31、33師団)が投入され、結果として日本軍約8万6千人のうち戦死者3万2千人余り、戦病者は4万人以上、しかも餓死・病死者が多数であり、7月1日に中止された。
In ただし、インド国内においては、あのインパール作戦があってこそ、イギリスからのインド独立の礎は築かれたとされている。
*インパールを目指す日本兵
   とインド兵の絵(靖國神社より)

 しかもコヒマといえば、第31師団が制圧し、一気にインド独立に向かうと思われたが、形勢逆転。さらには日本軍の後方からの食料をはじめとする供給がないことに抗議し、第31師団が独断で撤退した地である。

 この碑が建立された経緯、そしてインドの4名の方が来柏されたときのことはまだ調査していないが、感動の物語がありそうな予感がする。

« 来年参院選争点は「日教組壊滅」 | トップページ | 2007アドバンス新潟創造委員会、ソ連抑留と夫婦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎刈羽原子力発電所見学、日印友好の碑:

« 来年参院選争点は「日教組壊滅」 | トップページ | 2007アドバンス新潟創造委員会、ソ連抑留と夫婦 »