2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 北朝鮮による日本への攻撃
原子力発電所の破壊
| トップページ | 虚偽の答弁?
番神浜茶屋は誰の決定なのか。 »

2007年3月14日 (水)

日本初、全世界華人新年祝賀祭

 手紙の返信や資料の整理で結局、徹夜となったものの、6時過ぎに納豆巻き2本を食べ、強引に目を醒ます。

  8時過ぎ、車で知人を送ったりしたあと、新幹線で大宮へ移動。

Img_0534 13時過ぎ、会場である大宮ソニックシティに到着。
 日本では初めての公演となる「全世界華人新年祝賀祭」に来賓としての出席である。
 祝賀祭が始まる前に、自費で購入した柏崎ぶどう村ワイナリーのワインをお土産にし、昨日観光交流課からもらってきた柏崎の紹介パンフレット(英語、中国語<簡体字と繁体字>の3種類)をもって、関係者への挨拶まわり。
 目的は、以下の3つである。

 ・とにかく柏崎に観光に来てもらうこと。
 ・柏崎を紹介する番組を作ってもらうこと
 ・
中国共産党が崩壊したあとに
    友好関係を構築するための種まき

Img_0537 関係者に会ったのち、中国共産党の一党独裁ではなく、民主化を望む中国人向けTV『新唐人』・新聞『大紀元』のインタビューを受ける。
 それにしても、観光交流課が作成した観光パンフレットは、せっかく中国語に翻訳されているのに、中国国内の柏崎との友好都市を書いておらず、もったいない限り。

 <当日のインタビュー内容>

Img_0539 挨拶まわりやインタビューのあと、全世界華人新年祝賀祭のステージを見させてもらう。ありがたいことに来賓扱いの無料ご招待ということであったが、払うものは払うことにし、S席1万円を購入した。

 ステージは素晴らしいもので、何が良いかといえば、きちんと民族の伝統、存在を見せている点であった。モンゴルの碗踊り、チベット族の歌、二胡の独奏、かなり少数民族になってしまったタイ族の踊り、満州族の踊りなど貴重であった。また、政治的なメッセージも込められており、中国共産党による弾圧、臓器摘出などの寸劇はリアルであった。
<一切の撮影が禁止のため写真なし>
 感動のステージ終了を迎えた後、関係者に挨拶し、会場を後にする。

Img_0542

 大宮駅内で(店名失念)「ネギ味噌チャーシューメン 750円」で夕食をとり、再び、柏崎の自宅に戻る。

« 北朝鮮による日本への攻撃
原子力発電所の破壊
| トップページ | 虚偽の答弁?
番神浜茶屋は誰の決定なのか。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本初、全世界華人新年祝賀祭:

« 北朝鮮による日本への攻撃
原子力発電所の破壊
| トップページ | 虚偽の答弁?
番神浜茶屋は誰の決定なのか。 »