2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2007年7月 5日 (木) | トップページ | 2007年7月 7日 (土) »

2007年7月 6日 (金)

2007年7月 6日 (金)

7月例会 柏崎のまつり検討委員会
ぎおん柏崎まつりの歴史

Img_1370 0時過ぎ、自宅に戻り、シメ鯖とご飯でかなり遅い夕食。深夜にシメ鯖を食べるとどうしてもビールか日本酒がほしくなるが、まだまだ仕事もあるので我慢する。
 1時から、パンフレットをもっての柏崎市外での活動。4時近くには明るくなり、新聞屋さんと出会うことが多くなったので切り上げる。

 5時から8時まで仮眠。

 9時から柏崎青果市場を皮切りに、つかだ一郎の街宣活動。柏崎市内をくまなく街宣車にまわる。

 保守系、無所属の市議会議員との昼食会を柏崎ベルナールで設定してあるためつかだ一郎本人を会場で降ろしたのち、街宣車のスタッフと再度、柏崎市内を街宣。

Img_1371 12時近く、自民党柏崎支部に行き、「蓬来」(電話:0257-24-5207)からの出前「肉野菜炒め 750円」で昼食にする。サービスで納豆がついており、お陰で美味しく一気に食べきった。
 スタッフ分を注文したはずが、手違いがあったのか2名分が残ってしまっていた。「もったいないから、食べちゃいなよ。三井田さんなら3人前ぐらい入るでしょ」と言われたが、もう2名分は無理なのでもう1名分だけ食べる。

 食後も街宣活動。刈羽村の自民党員に街宣車を引き継いだのち、一回事務所に戻る。

Img_1374 日本世論の会柏崎支部の口座開設や事務手続きなどを行ったのち、16時過ぎ、柏崎エネルギーホールに移動。
 今日は所属する「柏崎のまつり検討委員会」の担当例会であり、コンビニのおにぎりを2個(辛子明太子、ねぎ味噌)を食べつつ、プロジェクターなどの準備を行う。

Img_1376 19時から例会スタート。セレモニーのあと、いよいよ委員長主旨説明から入ろうとしたところ、いきなりパソコンのトラブル発生。リハーサル時は、プロジェクターと自分のパソコンを自分で持ってきたケーブルで接続していたが、本番では会場のケープルを使った。しかし、このケーブルのピンが1本潜っており、接続不良だったのである。接続不良の箇所をいじっているうちにパソコンもフリーズ。最悪の状態になってしまった。

Img_1378 7分ほどで何とか復旧し、委員長主旨説明から再開。たかがケーブル1本と侮っていたのが間違いであった。
 今回の委員会では、昨今、たる仁和賀

*平成2年には約8000人超が参加したが、平成18年には4500人程度と半減

をはじめ、参加者が減っている現状などを踏まえての改善案などを提案する予定であった。しかし、委員会の会議を重ねているうちに、まず「ぎおん柏崎まつり」自体の成り立ちや歴史を周知することが先決ではないか、ということになった。
 「ぎおん柏崎まつり」自体は、昭和25年の柏崎市政施行十周年に伴って発生したイベントであり、それまでの祭りは

 春祭が住吉 石井神社
 夏祭が祇園 八坂神社
 秋祭が諏訪 柏崎神社

であった。
S25sanja  市政十周年の昭和25年に三社御輿を「祇園」さんに合わせて行い、同時に商工祭りも開催されたのが「ぎおん柏崎まつり」のスタートである。
 そこに、番神海岸での灯籠ながしをはじめ、柏崎らしいイベントが追加されていき、柏崎の夏の大きなお祭りに成長した。

_1 柏崎青年会議所の事業としては、昭和52年、柏崎青年会議所創立20周年を記念して「柏崎でマーチングバンド」を行い、現在まで引き継がれている。
*記事は、昭和52年7月18日『柏崎日報』

 基本である八坂神社の祇園祭りに、商工祭り、海上の花火、たる仁和賀、民謡流し、港まつり、と多くのお祭り、イベントが加わってきたのがこれまでの流れであり、基本を抑えた上での変化は許されるであろう。
 基本たる八坂神社への奉納などは変えてはいけない部分であり、今年からは酒をキチンと奉納することとした。
 変えていい部分、変えてはいけない部分を認識した上で、盛り上がる祭りにしようというのが今回の例会の主旨である。

 また、運用面においても、柏崎市内の中高生、そして若い世代にご協力いただき、アンケートを実施した。色々な意見がでたが一番のショックは、

 大花火大会を見に行く=お祭りに参加する

という認識が広がっていることであった。自分たちが作り上げ参加するのではなく、用意してもらったものを見に行く。これを改善するためには、まず若者に歴史や意義を教え、そして作り上げることに気軽に参加できる体制に変更することが先決であろう。そういった面での事例紹介は、片貝まつりであった。(同級生グループが次ぎの世代の同級生グループを指導)

Img_1379 21時20分、無事に例会は終了。「莉世」(電話:0257-20-0061)に移動し、懇親会となった。
 懇親会では司会をしつつ、祭りの在り方をはじめ、話題となっていたアニメDVD「誇り」についてなど、参加メンバーと意見交換。

 23時過ぎ、一度自宅に戻って荷物を置いてから、二次会として「中華美食館柏崎店」(電話:0257-23-4530)に移動。「キクラゲ」などでビールを飲む。

« 2007年7月 5日 (木) | トップページ | 2007年7月 7日 (土) »