2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中央区議会自民党視察対応
都心で同じ規模の地震があったら
| トップページ | ザ・ピーナッツ版『三階節』
【感謝】陸上自衛隊第3師団 »

2007年8月22日 (水)

中越沖地震災害対策協議会厚生小委員会

 2時、就寝。6時、起床。中越大震災のときの長岡市役所などの対応がどうであったのかを調べるため、資料を風呂に持ち込んで、長風呂。

 8時、ひきわり納豆、目玉焼き、かま揚げシラスで朝食。食後、そのまま市役所に行き、会派室の片づけを行う。

Img_2043 10時から議長応接室にて、中越沖地震災害対策協議会厚生小委員会の話し合い。
 先日17日に現場を視察した内容を含めて、現時点で行政に要望、提案する内容をまとめる。
 約2時間、みっちりと話し合い、大まかには以下のような意見がでた。



福祉保健関係
 ・ひとり暮らし老人、高齢者世帯のリストアップと公開・活用策の基準の作成
 ・情報把握と情報公開
 ・地域包括支援センターの災害時の役割の明確化
 ・福祉避難所避難者の今後の対応(仮設住宅の活用)
 ・重度障害者への対応

保育園関係
 ・明照保育園は現在地で再建する場合は法面・地盤の補強が必要
 ・就学前の子供に対する心のケア
 ・私立保育園の再建計画と財政支援
 ・半田保育園民営化移行に関する再協議

福祉関係施設、病院
 ・早急な修復計画
 ・財政支援
 ・水の備蓄

その他
 ・市民、利用者の利益を考慮し、優先順位を検討して着手
 ・仮設住宅入居後の健康管理と心のケア
 ・各施設の自家発電配備とメンテナンス
 ・再建計画の立たない高齢者・障害者などの救済のため公営住宅・災害復興住宅の建設
 ・非常食の備蓄
 ・避難所のマニュアルの作成による避難所の格差の解消
 ・外部からの医療支援を受け入れる際の施設のスペース確保(健康管理センターの活用)


 12時過ぎ、自宅に戻り、冷凍うどん、大粒納豆で「納豆ざるうどん」を作り、祖母とともに昼食。

 午後は、仮設住宅への引っ越し手伝いや粗大ゴミを被災した家から出す作業などを行う。

Img_2044 20時、スーパーで半額になっていた「鯛のあら(三重県産、養殖)」で潮汁を作り、大粒納豆、潮汁をツマミにビールを飲む。
 汁系のツマミとしては、鱈の粕汁、納豆汁、カレーなどが好物であるが、この鯛のあらの潮汁も好物である。

« 中央区議会自民党視察対応
都心で同じ規模の地震があったら
| トップページ | ザ・ピーナッツ版『三階節』
【感謝】陸上自衛隊第3師団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中越沖地震災害対策協議会厚生小委員会:

« 中央区議会自民党視察対応
都心で同じ規模の地震があったら
| トップページ | ザ・ピーナッツ版『三階節』
【感謝】陸上自衛隊第3師団 »