« ブルーシートの限界
柏崎工業界への妄想
| トップページ | 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝 »

2007年8月26日 (日)

旧トルコ文化村・・野ざらしのアタチュルク像

 2時から3時過ぎまで「居酒屋 海砂」(電話:0257-21-5511)でシメ?の生ビールと刺身、豚足の煮込みなど。
 4時、帰宅。風呂に入りながら、災害復旧に関する長岡市の対応の資料を読む。風呂になかでも思わずウトウトしてしまい、資料を濡らしてしまう。
 5時から9時まで仮眠。6時からのお手伝いをすっかり忘れていた・・・・。起床後、お詫びの電話を入れる。

 9時過ぎ、大粒納豆、イカ塩辛で朝食。

 10時から昼過ぎまで引っ越しの手伝いや仮設住宅周りのゴミ拾い。12時、自宅に戻り、冷凍うどん、コロッケ、ひきわり納豆での「納豆コロッケうどん」で昼食。食後、1時間ほど昼寝をし、14時から同様の作業を行う。

070826_f1000004 17時、自宅に戻り、長風呂。料理でもしようかと思ったが、やる気が起きず、スーパーで半額になっていた秋刀魚の刺身と茹でたブロッコリーを中心に夕食にする。ブロッコリーには、色々なドレッシングが合うとは思うが、個人的にはマヨネーズかシーザーサラダドレッシングがベストである。

DSC01244 旧トルコ文化村の売却から1年以上が経過した。売却の際の採決においても前提条件をだして全会一致にさせておきながら市は議案可決後に前提条件を撤回し、市長以下のトップ、そして財務部長が処分された。
 いわくつきの旧トルコ文化村であるが、その際にも問題になったトルコ共和国から贈られた「トルコ建国の父」ケマル・アタチュルクの銅像はその後どうなっているのか不明であった。
 売却の際には、今後のトルコ共和国との友好関係にも配慮する旨の答弁が会田市長よりあったが、売却後は特にトルコ共和国との接点のあるイベントはなかった。(*写真は1年以上前のもの

Img_1807 そう思っているうちに、先日、ある方から旧トルコ文化村に客として行ってきた際に撮影したという写真をメールで頂戴した。
 問題になったアタチュルク像を見たところ、台座しかしなく、肝心の銅像は草むらのなかに横たわっていたという。
Img_1815 台座のまわりには倒れたような大きな傷はなく、また止めるためのボルトはしっかりとしていたようである。頂いた写真のなかでもそれは確認できる。
 友好のための他国からの頂きものを売却するだけに留まらず、議場でも今後もトルコ共和国との友好関係に配慮していくという虚偽の答弁をしたことには変わりはない。
Img_1811 今回、このアタチュルク像を外したのが、地震対策であった可能性もあるため、いまの時点で問題とはしないが、今後どうなるのか見守る必要があると思う。
 もし、このままにしておくようなら、日本人としても、国際人としても大変恥ずかしいことである。

Turkyjapanflag

 2002年6月22日
 「2002 FIFAワールドカップ」大阪
 「セネガルvsトルコ」試合中のスタンド写真

|

« ブルーシートの限界
柏崎工業界への妄想
| トップページ | 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝 »

コメント

ボランティアです。
この銅像を日本の恥にならないようにしよう。
http://www19.atwiki.jp/torco/

投稿: トルコ | 2009年2月15日 (日) 21時46分

 トルコさん、情報ありがとうございます。
 ご紹介のサイトにまだ無い、公の情報もありますし、また誤解されている部分もある(私がトルコ人を引き連れて記者会見、私が訴訟に関わっている等の事実ではない事)ようですので、メール等で情報提供したいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年2月16日 (月) 18時06分

 こんにちは。

 ケマル・アタテュルク像問題が大変気になり、思わずコメントさせていただきました、涼太郎と申します。

 チャンネル桜のメールマガジンより参りました。

 この問題はそもそも日本国内の法的な問題以前に、超法規的に、国家同士の友好問題として、道義的な問題として、もっと丁寧な扱いができないものでしょうか。
 写真を拝見して、歯がゆくてなりません。

投稿: 涼太郎 | 2009年3月 1日 (日) 15時31分

 涼太郎さん、コメントありがとうございます。
 柏崎市の市長は、外務省や在日トルコ大使館には<説明>済みで理解してもらっている、というばかりなのですが、同じ<説明>でも、どうのように説明したのかが不明ですのです。

*予想ですが、「三井田vs市長の『政争の具』になっている」と、それこそ『政争の具』にしていると思います。

 また、現在、裁判沙汰にもなっているところですが、まさにコップのなかの争いであり、友好の証としてのアタチュルク像の扱いは別問題です。
 ご指摘のように、本来であればそのようなゴチャゴチャとは別に、即解決すべき問題であろうと思っております。
 現在、開会中の議会でさらに追及するつもりです。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月 2日 (月) 03時01分

チャンネル桜の放送を見てすぐさま三井田さんのブログを拝見しました。

大変お恥ずかしい話ですが、アタチュルク像の件をこの度初めて知りました…社民党や報道機関等の未熟さ、市長の無責任な行動その他諸々…本当に日本国民として恥ずかしい行為だと感じました。
私自身も、出来るだけ周囲の方に知っていただけるよう頑張ってみますね!

三井田さんも、御身体に気をつけつつこの度の問題が良い方向で解決できるよう是非頑張って下さい!
ちなみに私も納豆笑大好きです(笑

投稿: 響 | 2009年3月 8日 (日) 14時57分

 響さん、コメントありがとうございます。
 お恥ずかしいとありますが、私も柏崎市政に関わるものとして、お恥ずかしい限りです。
 この問題をウヤムヤにしようとする方々もおりますが、問題解決をみるまでしっかりと納豆を食べつつ、活動していきたいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月 8日 (日) 23時22分

三井田様

はじめまして。
トルコのケマル大統領の像が、
野ざらしにされているニュースを拝見して、
たまらずコメントさせていただきます。

人が信じ尊敬する対象を、
よくもここまで金のために
行政の代表たる市長が踏みにじれるものだと、
あきれてしまいます。

ケマル初代大統領と同じように、
インドネシアの
スカルノ初代大統領は、
長い植民地時代から民族を
解放させた独立の父として、
今も国民の心の中で大きな影響を与えています。
(その影によって、
娘すら大統領にしてしまうほどです。)

もしスカルノ大統領の像が、
こんな扱いを受けたら、
インドネシア人の日本に対するイメージは
悪くなり、
長年のODAや官民の努力が、
無駄になるでしょう。
インドネシアにいる日本人も、
色々な弊害を受けるので、
経済損失だって起こりえるでしょう。

このニュースがトルコに伝わって、
日系企業の工場などがボイコットされたら、柏崎は損失を賠償できるんでしょうか…。

目先のお金だけで、
なんと浅はかなことをしてくれたものです。

外務省が何も動かないのでしょうか。
不思議です。

投稿: チンタ | 2009年3月16日 (月) 01時58分

 チンタさん、コメント及びインドネシアの事例でのご説明、ありがとうございます。
 そういった視点、視野がまったく無く、施設が売れさえすれば良い、という発想の浅ましさが生んだ問題であると思っております。
 外務省に対し、柏崎市は説明をした、という一点ばりなのですが、どういった説明をしたのか、調査してみます。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月17日 (火) 17時01分

トルコ好きの私としてはこの問題は知っていたのですが、どうしていいのかわからず、ずっとモヤモヤしていました。
チャンネル桜でこのように頑張ってくれている議員さんがいて心強いです!

法がどうのうという前に日本人としての礼節としておかしいやろ!目ー覚ませ!と市長を往復ビンタしたいくらいです。
☆(゚o゚(○=(-_-○

私も周囲に呼びかけます。どうか頑張ってください。

この問題、日本人としてありえないと思います。

投稿: ほんだ | 2009年3月21日 (土) 04時10分

 ほんださん、コメントありがとうございます。
 ご指摘の通り、柏崎市の譲渡契約という小さな問題ではなく、日本人としての礼節のあり方が問われていることと思います。
 お恥ずかしながら、柏崎市議会のなかでは私の意見は少数派であり、過半数の票を保守系でもっておりませんので、即議会議決をもって解決!という手法ができない以上、より多くの方にこの問題を知ってもらい、解決の手法を探っていきたいと思います。
 今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月22日 (日) 02時27分

はじめまして。
チャンネル桜を拝見してこちらに来ました。

アタチュルク像の問題は無視できないものですね。わたくしもアタチュルク氏を尊敬しておりますし、日本の友好国であるトルコに対して非常に不愉快な思いをさせて申し訳ないと思っています。
この問題に対し、有志によるボランティアで買い付けおよび和歌山への移設をすることはできないのでしょうか?
ほかにもさまざまな対応ができるはずです。
何が何でも反日市長に負けないようにがんばってください。応援してます!!

投稿: roi | 2009年3月22日 (日) 20時13分

 roiさん、コメントありがとうございます。
 移設も含めて、どのような手段がとれるのか、現在開会中の議会が終了次第、動きたいと思います。
 引き続き、本ブログ及び掲示板で報告してまいります。
http://hpcgi3.nifty.com/miida/sbbs/bbs/miida.cgi#599

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月22日 (日) 21時59分

はじめまして。
チャンネル桜を見た自分の弟から話を聞き、この問題を知りました。トルコとの友好関係の話は以前に聞いたことがあり、とても感動した覚えがあるので非常に残念に思います。
まずこのような無礼なことは同じ日本人として恥に思いますし、貴重な世界の友人を失うことで、国の信頼という意味で国益にも影響してくるのではないでしょうか。

茨城からですが、応援しています。ぜひトルコとの友情を失わないためにもがんばってください!

投稿: Tom | 2009年3月27日 (金) 20時40分

 Tomさん、コメントありがとうございます。
 確実に国益に影響するものと私も思いますし、そこまで重要な問題であると認識しない、また何故問題になっているのか分からないという日本人がいること自体、恥ずかしいことだと思っております。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年3月28日 (土) 18時50分

自分は長岡市民で、今日は国体123日前イベントも拝見させていただき、柏崎市民の盛り上がりには関心したものです。

柏崎市は原発のことばかり報道されているけど、
この件は全然報道されませんね。
この事象は、日本を慕ってくれる盟友の心情を深く傷つけた。

責任問題はとりあえず後回しにして、これを解決するために、もっともっと盛り上げないといけない。

単刀直入に言って、どの程度の金額であれば、所有者から買い取ることが出来るのでしょうか。
起きたことは仕方ないとして、短期間に決着をつけないといけないです。

投稿: nao | 2009年5月 9日 (土) 22時12分

 naoさん、コメントそして国体123日前イベントをご覧頂きまして、ありがとうございます(スイマセン、私自身、地元でありながら出席できず)。
 ご指摘のように地元マスコミは、主に原子力発電所の話題が主となっており、そこにも問題があるようにも感じております。
 買い戻しについてですが、その前に先方は謝罪を求めており、一筋縄ではいかない状況にあります。
 対する会田市長も、謝罪をしてしまうと、ウ社から柏崎に対して起こされた裁判に不利になるからと拒否の姿勢です。
 まずはウ社と柏崎との裁判の前に結審するであろう、柏崎市民の地権者とウ社(柏崎市は補助参加)の結果をみてからの判断になると思われます。それまでにこの問題をより多くの人に知ってもらうことも重要となります。

投稿: 三井田孝欧 | 2009年5月12日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/16263637

この記事へのトラックバック一覧です: 旧トルコ文化村・・野ざらしのアタチュルク像:

« ブルーシートの限界
柏崎工業界への妄想
| トップページ | 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝 »