2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝
| トップページ | 日本海呼称めぐり、日・韓朝応酬 »

2007年8月28日 (火)

平成19年8月震災対応の臨時議会

 2時、就寝。6時、起床。会社の在庫をはじめ、本来であれば7月の決算時に処理するものをまとめて整理。

 9時過ぎ、小粒納豆、たらこで朝食をとり、市役所に移動。

 10時から臨時議会。この臨時議会は、震災当初から現在までに議会を開催する間もなく、税金である予算を使ってしまったものの専決処分の承認である。

 臨時議会冒頭は、今回の震災で尊い生命を失われた11名の方に心からの哀悼の意を表すため、 .議場全体で黙祷を行った。残されたご家族のお気持ちもいかばかりかと思う。

 黙祷の後、今回の震災に関する議会の動きとして、「中越沖地震災害対策特別委員会設置についての決議」を全会一致で可決した。これで、議会としての災害対策の動きができるようになるが、対応が遅かったという多くの柏崎市民からのご批判は議会全体が甘受しなければならないであろう。
 議会の招集請求権は議長にもあるため、震災直後に複数の議員から臨時議会開催の要求があったことを考えれば、さらに厳しい批判もある。議長、副議長とも会社経営者であり、家庭も会社も大変だということは分かるが、本来であれば公務が優先であり、もっと早い対応ができたはずである。
 とにかく、今日の段階で議会としての特別委員会「中越沖地震災害対策特別委員会」が議長、副議長を除く28名で発足したので、国への働きかけをはじめ、早急に活動をはじめたい。

  中越沖地震
   柏崎市における被害状況と対応(pdf形式)

070828_f1000001 専決処分の内容は、震災直後からこれまでの期間、それも各部各課にわたり、詳細は市長、副市長ではなく、部長級が直接説明を行った。
 午前中のほとんどは、提案理由の説明、詳細説明で終わる。
 12時過ぎ、「やぶ」(電話:0257-22-3482)の「カツ丼」を出前でとり、昼食。震災後、初の「カツ丼」である。

 埼玉県久喜市の井上ただあき議員がボランティアのため、再度、柏崎にお越しになった。午前中は雨のため、ボランティア活動が中止となり、議会を傍聴して頂いた。

 13時から議会再開。若干の質疑応答があり、個人の資産である宅地への支援の方法、本激甚災害指定と局地激甚災害指定の違いによる今後の柏崎市の財政上の不安点など。
 今回は専決処分、つまり処分が終わったものを承認するか否かだけの議会なので、質問は控えた。ここまでの疑問点や追及すべきことは9月の定例議会で行いたい。
 市役所職員の時間外給与については、担当部長から7月分2億3000万円、8月分5000万円は規則に基づいて支給している、との説明に終始した。既に行った業務である以上、議会からは返納しろと無理じいはできない上、法律上もできない。あとは市職員組合の自主的な動きを見守るのみである。
 また、議会側からになるのか、市当局側からになるのか、災害時の時間外の取扱のルールを決めておく必要もある。

 15時から打ち合わせ2件。復興をドキュメンタリーで追うTV企画など。

070828_f1000002 19時、秋刀魚の塩焼き、蒸し茄子の生姜醤油漬け、イワシの海苔巻で夕食。
 20時から22時まで事務所で打ち合わせ兼懇親会?

 23時からチャンネル桜「防人の道 今日の自衛隊」を見る。昨日撮影したセレモニーの内容が放送された。

« 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝
| トップページ | 日本海呼称めぐり、日・韓朝応酬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自衛隊の皆様、大変お疲れ様でした。
チャンネル桜の東條さんお言葉を聞き、ちょっと複雑な気分です。


 Kjmさん、コメントありがとうございます。
 震災復興の予算関係が落ち着いてきた段階で、言挙げしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年8月震災対応の臨時議会:

« 自衛隊支援活動終了セレモニー
日本ガス協会への感謝
| トップページ | 日本海呼称めぐり、日・韓朝応酬 »