2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『軍艦マーチ』で燃えた柏崎 | トップページ | 首相の靖國神社参拝はなし
国家権力に守られる極左 »

2007年8月 7日 (火)

【感謝】陸上自衛隊第37普通科連隊

Img_1773 1時、終身。5時、起床。熱いシャワーを浴びたのち、朝の配食に向かう。メニューは、ご飯、漬物、スクランブルエッグ、味噌汁、のりのつくだ煮。7時から8時30分まで配食をし、9時に撤収完了。

 お店が全壊、家屋も半壊した「フルーツのなかむら」さんが大変な状況のなか、是非、お世話になっている自衛隊さんに食べてほしいと、旬の「八色すいか」12個の差し入れをしてくださった。ありがたいことである。

 9時から柏崎刈羽原子力発電所の耐震に関する勉強会。今回の地震に関して気象庁国土地理院との活断層モデルが正反対になっており、気象庁は海から陸に向かって深くなるモデル国土地理院は陸から海に深くなるモデルを提示している。国土地理院のモデル通りであるなら、原子力発電所の直下もしくは近傍に活断層が見つかるはずである。とにかく、詳細な調査がこれから行われるので、その結果を待ちたい。

Img_1778 11時30分から配食の準備。メニューは、スタミナ丼(キムチと豚肉)、いんげんマヨネーズ和え、味噌汁、杏仁豆腐。12時から13時30分まで配食。
 これまで2週間の間、給食の業務を行った残りの陸上自衛隊第37普通科連隊の隊員が交代となるため、これまでメニュー・ボードの絵を描いてきたT隊員、いやT画伯も最後の作品となった。
Img_1775 配食中も地元商店街の方々から、いつもメニュー・ボードの絵を見て癒された、楽しかったとの声も多くあった。
 どの隊員が描いていたのか教えてほしいと、店舗とご自宅が全壊してしまった某ケーキ屋さんにいわれ、T隊員と引き合わせたところ、

 「アンタの絵見て、気分が楽になったてぇ~、う~ん」

との感謝の言葉。心温まるふれあいであった。

Img_1781 14時、撤収完了。
 交代となる隊員を是非、見送りたいと地元商店街の方などが集まったので、記念撮影を行う。
 別れに際し『陸軍分列行進曲』を考えていたが、F2曹をはじめ帰隊される隊員たっての希望もあり、『軍艦マーチ』をCDで用意。地元の皆さんには帽子を持参して頂き、全員が整列して、大きく『軍艦マーチ』が空に鳴り響くなか、 「帽振れー!」でお送りした。姿が見えなくなるまで、互いに手を振り続け、苦しい2週間を過ごした者同士、別れの涙を流す方も多くいた。

 陸上自衛隊のなかで急遽の命令がでたようで、なんと陸上自衛隊第37普通科連隊自体が今日で撤収となり、明日から新発田駐屯地の陸上自衛隊第30普通科連隊が駐屯することなった。昨日、到着した陸上自衛隊第37普通科連隊の隊員は2日間で展開、撤収という、鬼のようなスケジュールとなった。

 地元からの要望をもって市役所の関係課との調整や、明日の天皇陛下による慰問日程などの確認であっという間に17時となる。

070807_f1000009 17時30分から配食の準備。メニューは、ご飯、切干大根と鶏肉の煮物、茹でオクラ、豚汁、野沢菜漬け。T画伯が帰隊したため、今回からは自分で絵を描くことにした。1回目として『オバケのQ太郎』を描く。
 18時から19時30分まで配食。560食を準備したものの、あっという間に300食以上がはけてしまった。

070807_f1000012 命令とはいえ、陸上自衛隊第37普通科連隊の皆さんは展開、撤収の慌ただしい時間となった。また、地元住民から見れば、陸上自衛隊第37普通科連隊にお世話になるのは今回の配食が最後である。

「明日から
陸上自衛隊新発田駐屯地第30連隊が調理します!!
これまで調理して頂いた
大阪 37連隊に感謝のお声かけを願います」

と表示をし、地元の皆さんにも周知。多くの方から陸上自衛隊第37普通科連隊への感謝の言葉があった。
 また家庭菜園をやっているおばあちゃんから、

 「これ、軍人さんに食べてもらって」

 「じゃあ、隊長のところにご案内しますよ」

 「やや、恥ずかしいすけ、おめさん、渡してくんねぇかね」

と新鮮なきゅうりと枝豆を預かった。「自衛隊」とは言わず、「軍人さん」と呼ぶのが新鮮な感じであった。枝豆は自衛隊の大きな釜では茹でづらいだろうと思い、茹でたのち、お届けした。もしかすると、柏崎市内に展開している部隊のなかで、一番、地元民からの差し入れが多いのかも知れない。
 20時、撤収完了。

 22時、雨の降る中、隊長による

 「閻魔堂に敬礼!」

の掛声のもと、一斉に閻魔堂に向かって敬礼をしたのち、陸上自衛隊第37普通科連隊が撤収。N隊長からは記念に未使用の白ふんどしを頂戴した。これで気合を入れろ!ということであろう。ありがたい限りである。 

« 『軍艦マーチ』で燃えた柏崎 | トップページ | 首相の靖國神社参拝はなし
国家権力に守られる極左 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>「これ、軍人さんに食べてもらって」
 いい話ですね。
 立派な軍人さん達に守られたからこそ、今の日本があるのですし。

自衛隊員が震災で困っている方々のお手伝いをし、住民が自衛隊員に感謝する。本当にいい話ですね。
三井田先生もお疲れ様です。暑い日が続きますが、どうぞご自愛なさってください。

  Kjmさん、チョンガー公爵さん、コメントありがとうございます。
 普通のお婆ちゃんから普通に「軍人さん」の言葉がでてくるのは新鮮な感じがしました。
 こうやって感謝する住民もいれば、自衛隊不要論を唱えていた●産党と社●党のように、平時は自衛隊への反対、不要を声高らかに叫び、災害時には給食サービスをはじめ、ちゃっかりと受け取るものは受け取る。人として、どうかと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【感謝】陸上自衛隊第37普通科連隊:

» メンズエッグの情報を集めました [メンズエッグ情報]
メンズエッグに興味がある人のサイトです。メンズエッグに必要な情報を流します。 [続きを読む]

« 『軍艦マーチ』で燃えた柏崎 | トップページ | 首相の靖國神社参拝はなし
国家権力に守られる極左 »