2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 米山登山とトウキ、当帰の語源 | トップページ | 大東亜戦争の戦争設計 »

2007年8月19日 (日)

震災後初のBBQで気分転換

Img_2029 3時、就寝。8時、起床。疲れが溜まっているのか、体がダルいので、新刊の漫画本を3冊ほどもって1時間以上の長風呂。
 9時過ぎ、きゅうり、みょうがを入れた鯨の味噌汁、ひきわり納豆で朝食。夕顔がなかったので、きゅうりを代用で入れたが、なかなかの味わいであった。

Img_2030 お昼の炊き出し、そして趣味として、鶏のトマトソース煮を作る。鶏のドラムスティクを圧力鍋で下ゆで。ニンニクで香り出しをしたオリーブオイルで鶏のドラムスティクを香ばしく炒めたのち、ローリエの葉、ホールトマト、トマトケチャップ、冷凍しておいたコンソメのスープ・ストックで煮込む。仕上げに、バジルの葉をちらした。

Img_2031 避難所に鶏のトマトソース煮の一部を届けたのち、フランスパン(バケット、プロセスチーズ入り)柏崎青年会議所のまつり検討委員会のメンバーと合流。荒浜海岸に移動する。
*写真は、荒浜から見た柏崎刈羽原子力発電所。
 クリックすると大きくなります。

Img_2033 ビールと焼肉、作ってきた鶏のトマトソース煮などで震災後の気分転換バーベキューを行う。カンカン照りのなかの生ビールは胃に染み入るように美味しい。
 仕上げのアイスもあり、被災したという現実?をしばし忘れることができた。しかし、自宅に戻れば、まだ部屋のなかはグチャグチャである。

Img_2032

 天気が良かったこともあり、荒浜海岸から見る米山の風景は美しく、とても震災があったとは思えないようであった。
 *写真は、荒浜から見た米山。
 クリックすると大きくなります。
 

 17時、一旦自宅に戻ったのち、シャワーを浴びて酔いを覚まし、復興のための補助金メニューなどの勉強会に出席。途中、おにぎり2個、パック牛乳で軽い夕食にする。

 21時、自宅に戻り、部屋の整理。人の手伝いはやる気がでるのに、自分の部屋の片づけは何故か億劫である。

« 米山登山とトウキ、当帰の語源 | トップページ | 大東亜戦争の戦争設計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災後初のBBQで気分転換:

« 米山登山とトウキ、当帰の語源 | トップページ | 大東亜戦争の戦争設計 »