2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« いつまで騙されるのか、映画『靖国』問題
08佐渡市議選 大桃氏当選
| トップページ | 現在の柏崎市政と
西川正純前市長のメッセージ »

2008年4月15日 (火)

08柏崎青年会議所エネルギー委員会勉強会
民主党の暴走:外国人地方選挙権

 2時、就寝。

 6時、起床。2時間ほどかけて、ここ数日分のブログやメールの返信を書く。

 8時、大粒納豆、牡蠣の佃煮、目玉焼きでご飯2杯の朝食をとる。

 9時から市内某所で政治関係の打ち合わせ。今年11月の柏崎市長選挙に自民党公認で2名が出馬するというデマゴギーが流されており、早くも情報戦が活発になってきた感がある。

Img_2706 12時過ぎ、小粒納豆とひきわり納豆を混ぜた納豆とお茶漬けの素で、丼一杯の「納豆茶漬け」を作って、昼食。
 ひきわり納豆だけでは食感が足りず、さりとて小粒納豆だけでは旨味が足りないときには、合わせるのが一番である。

 13時から1時間ほど、市内で会社関係の事務手続きなど。

 15時から18時まで、今日講師として話をする資料をパワーポイントで作成する。

Img_2707 19時から、柏崎エネルギーホールでの柏崎青年会議所エネルギー委員会の勉強会に出席。来週の柏崎刈羽原子力発電所の見学に向けての勉強会で、委員会メンバーから

 1.原子力発電所を誘致活動をした
   柏崎青年会議所
内でのアンケート集計結果。
 2.世界のエネルギー事情と日本の現状

などが発表された。アンケート結果のなかでは、貴重な実体験に基づいたものが多く、かなり少数ではあるが「廃炉」という意見が2人からあった。
 第3部は、講師として「柏崎市の財政と原子力財源」をお話した。
 今回のポイントは、

 ・柏崎市の財政の現実を見ること
 ・原子力財源への依存をうすくするためにこそ、
           原子力発電所の再稼動が必要
 ・市民のため、
  原子力発電所の存在をしたたかに利用すること

の3点。質疑応答の時間がなかったので、聞いてくれた柏崎青年会議所メンバーにどう伝わったのか気になるところである。

Img_2708 21時10分に終了し、「中華美食館柏崎店」(電話:0257-23-4530)に移動。エネルギー委員会の打ち上げに合流させてもらう。
 現実に即したエネルギー問題の話だけではなく、『機動戦士ガンダム』の核使用を禁止した南極条約とモビルスーツの核融合炉、『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲とタキオン粒子などアニメの例え話も多用し、若干名からはドン引きされる。

 24時近くにお開きとなり、自宅に戻る。

 自民党内の人権擁護法案を推進する議員も狂っている、民主党の外国人参政権推進議員も同様である。


平成20年4月9日『産経新聞』

 地方選挙権「朝鮮」籍以外の特別・一般永住者に付与
 民主議連の骨子案

 在日韓国人ら永住外国人への地方選挙権付与に賛成する民主党有志議員でつくる議員連盟(会長・岡田克也副代表)は9日、法整備に関する提言骨子案をまとめた。付与の対象者は、外国人登録原票の国籍欄の記載が「朝鮮」となっている人を除く特別永住者と一般永住者。付与する参政権の範囲は、地方自治体の長と地方議会の議員に限定し被選挙権は付与しない。国政選挙の参政権やリコール請求などの直接請求権も範囲外とする。


 外国人に参政権を付与すること自体、日本だけではなく、国家という概念・枠組みと民主主義を否定することになる。もはや、それを狙っているとしか思えない。
 しかも今回のこの骨子案のいやらしいところは

 ・被選挙権、国政選挙の参政権、直接請求権

を範囲外としての【段階的導入】というところである。
 一旦、地方選挙権を外国人にそれらしい理由をつけて付与すれば、今度は何故、被選挙権がないのか、直接請求権がないのか、それらと地方選挙権は本来セットなものではないか、という議論がはじまることは目に見えている。

 他の国にいいように利用され、日本人自体の生活を危うくさせる将来を夢見るなら、迷わず民主党への投票であろう。

« いつまで騙されるのか、映画『靖国』問題
08佐渡市議選 大桃氏当選
| トップページ | 現在の柏崎市政と
西川正純前市長のメッセージ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« いつまで騙されるのか、映画『靖国』問題
08佐渡市議選 大桃氏当選
| トップページ | 現在の柏崎市政と
西川正純前市長のメッセージ »