2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 08佐渡市議選応援2日目
アホバカに 入れた一票 俺もバカ
| トップページ | 名越先生を偲ぶ、歴史パノラマツアー
東村山市・B29平和観音像と柏崎 »

2008年4月12日 (土)

08佐渡市議選応援3日目
本間雅晴将軍の碑

 2時、就寝。1時間ほど寝ても目が覚めてしまい、夜中にビール500mlを2本飲む。

Img_2610 7時、起床。少し酒が残っていたが、ホテルの朝食にてご飯3杯をかっ込み、そのまま温泉にドブン。30分ほど浸かってから、荷物をまとめ、ホテルを後にする。
 本来であれば、全日程をお手伝いしたいが、地元での会議もあるので、本日が最後となる。

Img_2629 8時から街宣活動。
 選挙戦も今日が最後であり、大桃一浩候補も喉を気にしている。
 さすがというべきか、当たり前というか、自民党新潟県連が誇る、新潟県のナンバー1・ウグイス嬢は喉が弱ることなく、今日も鳴きまくりである。
 支援者からの応援の声に間髪入れず、感謝の言葉をのべ、候補者の名前を連呼するかと思えば、まちの状況などを伝える。まさにプロフェッショナルである。

Img_2631 12時過ぎ、佐渡高校近くの「Un Grand Pas (アン・グランパ)」(電話:0259-52-7878)にて、「豚ひき肉トマトカレー 温泉玉子添え 840円」で昼食。タバスコとチリ・ペッパーをもらい激辛にして食べる。なかなか雰囲気の良いお店で女性に喜ばれそうである。
 食後は、セットのコーヒーではなく、グレープフルーツジュースを一杯。

Img_2639 14時まで街頭演説での応援演説などの選挙活動ののち、船の時間もあることから選挙スタッフの皆さんにご挨拶をして、街宣隊から離脱。
 また、ありがたいことに、大桃一浩候補を応援している、地元・相川の豆腐屋さんである椎野商店さんからお土産も頂戴した。
 選挙に応援に来たんだか、楽しみに来たんだか、申し訳ない限りである。

Img_2638 支援者の方から車で送って頂き、佐渡市立後山小学校前にある日蓮宗「日朗山 本光寺」に寄ってもらう。
 このお寺は、日蓮聖人が赦免状を渡されたのが場所であり、赦免状手渡しの際、日蓮聖人が腰掛けたとされる「赦免石」がある。
 しかし、目的はこの「赦免石」ではなく、佐渡出身、悲劇の将軍と言われた本間雅晴中将の慰霊碑である。
Img_2632 本間中将の母校である後山小学校の正面に、 「本間雅晴将軍の碑」が建っていた。
 お寺の方にお聞きしたところ、本間家のお寺は別に存在するが、慰霊碑を建立するという話がでたところで、他の檀家さんから「戦争犯罪者だから」と猛反対を受け、縁もゆかりもないものの、母校の前であるこのお寺の境内に建立されたそうである。
 どの時代にも、相手の洗脳作戦に引っかかった方はいるようである。

 本間雅晴中将(陸士19期)は、司令官として第14軍を指揮し、コレヒドールにおいて、当時フィリピン軍司令官であるマッカーサー大将をコテンパンにし、マッカーサーは部下を置いてオーストラリアに脱出した。
 そのときに発した有名な言葉が、

 「I shall return!!」
(私は必ず戻って来る)

である。
 そして、移動のためのトラックもない状況において、捕虜を砲撃から守るために、徒歩で移動させたのが、いわゆる「バターン死の行進」。良かれと思って行ったことが、戦後、逆にとられマニラの軍事法廷で死刑となった。
 本間雅晴中将と奥様に関わる感動的なお話の他、やはり台湾の高砂族との緊密な関係が特筆されよう。
 佐渡の観光活性化のためにも、そして佐渡の次の世代のためにも本間雅晴中将のことは語り継いでほしいと思う。

 旧字体を新字体に直したが、碑文は以下のように書いてあった。


 われらは此処に本間雅晴将軍の名を記録することを誇とする
 将軍は太平洋戦争の悲劇的運命に殉じて刑場の露と消えたが
 剛毅果断にして温情豊かなる人格への思慕は
 国民の心にと共に新しく
 従容として死に就いた将軍の姿は
 愈々光彩を加え来たるであろう

 昭和三七年四月 尾崎士郎 記之


 ちなみに、碑文を書いた作家・尾崎士郎氏と本間雅晴中将のお墓は、同じ神奈川県川崎市の信行寺(春秋苑)にある。

Img_2573 15時30分、両津港発のボーイング社製ジェットフォイル「すいせい」に搭乗。両津港の看板には、

 「また来てくれっちゃ
 思い出の島 佐渡」

とあり、佐渡弁を話す『うる星やつら』のラムちゃんを思い出しつつ、次回は観光客としてくることを誓う。

 16時30分、ありがたいことに自民党新潟県連職員のS氏が迎えにきてくれたので、泊めておいた愛車に乗り換え、自宅に戻る。

Img_2640 18時30分から町内の平成20年度成年会総会に出席。
 今年の成年会としての行事の確認と予算案の確認、そして役員の改選を行った。
 こなせるかどうか不安であるが、副会長を拝命した。

Img_2641 議事終了後は、懇親会。
 佐渡帰りということもあり、佐渡するめ、そして椎野商店さん特製の「御座船揚げ」を酒宴にそえる。「御座船揚げ」は、30cmに近づこうかというその大きさ、ズンとくる重さといい、まさにメタ油揚げである。
 東京への移動があったので、懇親会は中座させてもらう。

 一度、自宅に戻ったところで東京に行く身支度。
 しかし身支度をしている最中に、相談があるとの呼び出しの電話があり、市内某店に移動する。

« 08佐渡市議選応援2日目
アホバカに 入れた一票 俺もバカ
| トップページ | 名越先生を偲ぶ、歴史パノラマツアー
東村山市・B29平和観音像と柏崎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08佐渡市議選応援3日目
本間雅晴将軍の碑
:

« 08佐渡市議選応援2日目
アホバカに 入れた一票 俺もバカ
| トップページ | 名越先生を偲ぶ、歴史パノラマツアー
東村山市・B29平和観音像と柏崎 »