2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« えんま市初日
がん治療施設誘致断念
| トップページ | 沖縄戦で障害者・朝鮮人が差別、迫害
洗脳教育の恐怖 »

2009年6月15日 (月)

議員定数削減、またも継続審査!
国旗・市旗掲揚を否決

 3時、就寝。

 7時、起床。大粒納豆、ベーコンエッグ、トマトでご飯2杯の朝食をとる。

 8時から11時まで市内での調査活動。今議会で問題となるか、次回の定例会になるのか、市政の重要な問題である。

 12時、一旦自宅に戻り、ひきわり納豆をかけたおかゆを祖母と一緒に食べたのち、市役所に移動する。

Cimg0428 13時から議会運営委員会に傍聴出席。
 議案は、継続審査となっていた「請第2号 柏崎市議会議員定数の削減に関する請願」 「請第7号 国体開催を機に、市議会議員に市旗・国旗の掲揚を求める請願」である。
 冒頭、議長から発言。会派代表者会議でチラシの件で謝罪を求めており、その結果を待たなければ審議に入れないという経緯、そして議会最終日に会派代表者会議を行う旨の説明があった。
 まずは、 「請第2号 柏崎市議会議員定数の削減に関する請願」の審査。
 公明党・真貝議員から願意妥当とする意見、共産党・持田議員からは削減よりも議会のあり方の問題、「市民の声は定数削減ではない」として、反対の意見がでた。平成会・吉野議員、民友・遠藤議員、整風会・五十嵐議員が賛意。
 この段階で、社会クラブ・高橋議員から動議がだされ、またも「継続審査」の採決をとることになり、「継続審査の動議」に以下の議員が賛成、結果、賛否が同数となり、委員長である柏崎のみらい・佐藤議員の委員長裁決で、またも「継続審査」になってしまった。

継続審査に賛成した議員
・社会クラブ 高橋新一議員
・共産党 持田繁義議員
・自治研究会 野中栄二議員
・市民クラブ 霜田彰議員
*委員長裁決 柏崎のみらい 佐藤敏彦議員

 こうやって何回先送りすれば良いのであろうか。議員定数削減に反対なら反対で堂々と否決すれば良いし、議員定数削減の検討をはじめよ!という請願者の願意をくんで賛成すべきものである。

081125_sisho 続いて、 「請第7号 国体開催を機に、市議会議員に市旗・国旗の掲揚を求める請願」の審査。
 共産党・持田繁義議員から「なぜ、またこのような請願がでてくるのか」という質問があり、紹介議員である平成会・吉野議員が「日本人なら当然だろう」との答弁があった。
flag 社会クラブ・高橋議員からは「議論もしたくない」との発言。公明党・真貝議員、整風会・五十嵐議員から賛成の発言があり、共産党・持田議員が再度の反論を行った。
 この請願への賛成と反対は以下のとおり。

<賛成>
・整風会 五十嵐直樹議員
・平成会 吉野芳章議員
・公明党 真貝維義議員
・民友 遠藤清議員

<反対>
・共産党 持田繁義議員
・社会クラブ 高橋新一議員
・自治研究会 野中栄二議員
・市民クラブ 霜田彰議員
*委員長裁決 柏崎のみらい 佐藤敏彦議員

 結果、賛否同数となり、委員長である柏崎のみらい・佐藤議員の委員長裁決で、「反対」。 「不採択」となった。
 国体を前にしても、国旗と市旗の掲揚に反対するのが、いまの柏崎市議会である。
 その他、全員協議会(刈羽村への給水について)、次の議会運営委員会の日程を決め、委員会終了となった。

 15時、17時とそれぞれ、市内某所で打ち合わせ。

Cimg0429 20時、甘海老の刺身、豆腐と白身魚の揚げもの、甘海老の頭でダシをとった味噌汁、ひきわり納豆で夕食をとる。
 甘海老の刺身は、そのまま醤油につけて食べても良かったが、少し岩塩をふって身を締めてから、塩味で楽しんだ。

« えんま市初日
がん治療施設誘致断念
| トップページ | 沖縄戦で障害者・朝鮮人が差別、迫害
洗脳教育の恐怖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして  トルコのことを精力的に書かれていたので拝見しておりました。アタチュルク像は早く何とかしてほしいものです。明治神宮、靖国神社の境内なんかに置くのはどうかな?とか思ったりしています(やっぱ和歌山かな)。
 ところで今回の国旗、市旗の話は本当なんですか? というより、今まで無かったことの方にびっくり! 柏崎は日本の一自治体ではないのでしょうか?だったら反対の人は国から(この場合は市からかな)給料を貰うなと言いたいです。
 大変だと思いますが、これからも市のため国のために頑張ってください。

 zeroさん、力強いコメントありがとうございます。
 アタチュルク像の件は、いまだにブルーシートにまかれて、屋根があるとはいえ、屋外に寝転んだままであり、早急な対応をすべきと思っているところです。
 柏崎市議会インターネット中継
http://www.kashiwazaki-city.stream.jfit.co.jp
で、先日の一般質問の模様が公開されたところですので、ご確認頂ければと思いますが、会田市長のまるでやる気のない答弁に怒りがわいております。
 とにかく民有地の裁判が結審するとともに、新しい動きをしていきたいと思います。
 また、市旗国旗の件については、とにかく情けない限りです。
 各学校や公式な式典では掲揚しておきながら、いくら社民系が第一党の革新系議会とはいえ、議場に市旗国旗がないのは、筋が通らない話だと思っております。
 アタチュルク像の件を含め、柏崎がこれ以上、恥ずかしくならないよう頑張る所存です。

またまた市旗国旗の掲揚の件で不採択とはもはや柏崎市議会議員には良識を持った市議会議員がいないのかと思うとがっかりします。ましてや今まで市議会議長までやっていた議員までが反対するとはなにおかいわんやである。○○○○じみている市議会議員が多くいすぎる。真面目に審議して欲しい限りである。ましてや日本国の給料をもらっているのであったらあたりまえのことであろう。それでも反対であったら外国に移住してしまえばいいことである。そう北朝鮮がいいのかもしれないね。○○○○○○さんよ。あんたの腹の中はわかっているのだよ。あんたの○○もこれまでだね。○○○○の○○なんだからね。覚悟をしていたほうがいいよ○○○○○○さんよ。市長と○○○もたいしたことないね。市長よりも利口だと思っていたらがっかりだね。

柏崎のみらい?

柏崎の未来を潰そうとしている『柏崎のみらい』

いりません!

同じ町内なのかと思うと恥ずかしく悲しいです。
情けない...

国旗と市旗の掲載に又反対なんですか。

一体反対議員はどこに住んでいるのですか?。
市を愛せず、国を愛せず、一体誰の為に政治をやっているのですか?。
「柏崎のみらい」って、貴方たちが居るから未来に展望が開けないのです。

「共産党」の馬鹿に聞く。
「今まさになぜこの期に又請願をしてくるのか。」だって?。

我々は隣人を愛し、地域を愛し、国を愛し、その象徴たる国旗市旗を大切にしているのです。
貴方たちみたいに媚中一辺倒とは違うのです。
今まで議場に無かったのが不思議なんですよ。
貴方たちの神聖なる仕事場じゃないですか。

それとも今までは「掘っ立て小屋」で仕事をしていたのですか?。さもなくばこんなにも議場を蔑む事もなかろうに。

まもなく国体が始まります。柏崎にも大会が開かれます。
大変な災害が続き、市況はどん底に喘いでおります。
ワラをもつかむ気持ちで、少しでも市況を活性化させようと皆んなで「日の丸」を捧げ、市旗を振ろうとして頑張っているのに何をもって「今時期ではない」としているのですか?。

別項の様に市議会には「議員定数削減案」の陳情もなされております。
これは是非成立させて、貴方たちの様な「売日馬鹿議員」を落選させるべきです。

 桜木町の旦那さん、コメントありがとうございます。
 一部は伏せ字にさせてもらいました。
 市旗国旗の掲揚の件は、本当に情けない限りです。
 入学式、卒業式、そして行政側はキチンと掲揚しており、行っていないのは議会だけ。
 しかも国体を前というタイミングで、本会議においても不採択という状況で、繰り返しになりますが、情けなく思っております。

 米山台さん、コメントありがとうございます。
 同じ議員という立場ですので、コメントは差し控えますが、私も情けない思いがしております。

 正ちゃんさん、コメントありがとうございます。
 共産党いわく、議場に「日の丸」を掲げると戦争、では国体の最中に振る「日の丸」はどうかと言えば、選手が勝利を呼び込むための旗だとのことです。
 議場を若い世代に貸し出して、市政に興味をもってもらおうとした際に、『議場は神聖なものだから』として反対した議員が、市旗国旗の掲揚にも反対をしております。こういったダブルスタンダードの議員がいることをより多くの柏崎市民に伝えていかない限り、彼らは市民を欺けると思って「その場その場の対応」を続けると思います。
 とにかく議会のなかで起こったことをオープンにしていきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員定数削減、またも継続審査!
国旗・市旗掲揚を否決
:

« えんま市初日
がん治療施設誘致断念
| トップページ | 沖縄戦で障害者・朝鮮人が差別、迫害
洗脳教育の恐怖 »