2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 自民党柏崎市内街頭演説
09衆院選「平和力」をどう鍛えるか?
| トップページ | 【重要】!北朝鮮工作員侵入
拉致のシミュレーション »

2009年8月28日 (金)

近藤もとひこ候補柏崎個人演説会

 締め切りを過ぎてしまったエッセイなどを仕上げ、4時に就寝。

 8時、起床。大粒納豆、茄子の味噌油炒め、さらし玉葱でご飯2杯の朝食をとる。

 9時から12時過ぎまで、市内まわり。

Dsc00204  12時40分過ぎ、選挙事務所で選対事務局長との打ち合わせののち、おにぎり、メンチカツ、するめ、冷や奴、ぜんまいの炒めもので昼食をとる。
 午前中の市内まわりで炎天下のなか歩き周り、大量のお茶や水を飲んでしまったためか、なかなか食欲がわかず、珍しくおにぎりを一個しか食べることができなかった。

 14時から15時過ぎまで、個人演説会の司会原稿作り。

 16時過ぎから18時まで市内まわりをしたのち、個人演説会の会場である柏崎市産業文化会館に移動し、準備を行う。

Cimg0941 18時30分に開場。ありがたいことに会場は満杯となり、600人を越える皆さんにお集まり頂いた。
 19時から自民党・近藤もとひこ候補の柏崎個人演説会が開会となり、司会を行った。
 応援弁士は、地元市村長として、会田洋・柏崎市長、品田宏夫・刈羽村長を皮切りに、公明党を代表して柏崎支部長の真貝維義議員、自民党・東山英機県議会議員、自民党新潟県連選挙対策本部長である三富佳一県議会議員、候補とともに拉致問題の解決に熱い行動している自民党・塚田一郎参議院議員、候補とともに国道8号線バイパスの陳情などに対応してもらう事が多い自民党・佐藤信秋参議院議員、そして中越沖地震発生後に陳情を受けて頂き、積極的な予算措置を検討してくれた当時、内閣府防災担当特命大臣であった自民党・泉信也参議院議員。
 多く方から熱心な応援演説を頂いたのち、既に比例名簿単独1位となった自民党・長島忠美候補の奥様から自民党自体への支援のお願いがあり、いよいよ候補からの訴えとなった。
 失礼ながら、これまでの街頭演説と比べものにならないほどの熱い演説となり、会場は熱気に包まれた。
 最後は柏崎選挙対策本部の五十嵐幹事長からのガンバローコールで終了となった。

Cimg0942  20時40分過ぎ、司会の役目も終わり、一山越えた思いでゆっくりと弁当で夕食をとる。
 食事中、選挙対策本部の役員やお手伝い頂いているスタッフの皆さんと情報交換。マスコミあげての民主党への応援に、やはり反応が悪いとの声が多かった。

 22時、自宅に戻る。シャワーを浴びたのち、事務所で会社関係の仕事を行う。

« 自民党柏崎市内街頭演説
09衆院選「平和力」をどう鍛えるか?
| トップページ | 【重要】!北朝鮮工作員侵入
拉致のシミュレーション »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近藤もとひこ候補柏崎個人演説会:

« 自民党柏崎市内街頭演説
09衆院選「平和力」をどう鍛えるか?
| トップページ | 【重要】!北朝鮮工作員侵入
拉致のシミュレーション »