2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イラン油田開発撤退に見る日米関係 | トップページ | 北海道:外資の森林取得増加、防衛へ条例検討 »

2010年12月30日 (木)

原発周辺の土地「外国資本取得に規制を」柏崎市議会

 1時、帰宅。 熱めのシャワーを浴びたのち、録りためたテレビ番組を見ながら、ビールを飲む。 「ビートたけしのガチバトル」を見るも、中国サイドや死刑廃止論者の意見に怒りがわく。尖閣諸島は日本の領土であり、そして死刑は必要である。

 3時、就寝。

 8時、起床。大粒納豆、ブリ大根、ポテトサラダ、たらこでご飯2杯の朝食をとる。

 午前中は、年賀状など事務所にて事務仕事。途中、今日の産経新聞に掲載された記事についての問い合わせを数件受ける。

 12時、冷凍うどん、ひきわり納豆、山芋とろろで作ったぶっかけうどんで昼食。

 14時、16時と事務所に柏崎に帰省したという方々がお越しになったので、柏崎の近況をお話する。

Cimg1501 18時、冷蔵庫のなかにあった食材整理も兼ねて、エリンギのバター炒め、コーンと人参、ほうれん草の油炒め、越後もち豚のもも肉を使ったしょうが焼き、ひきわり納豆、大根おろし、ビール500ml3缶で夕食をとる。
 エリンギは炊き込みご飯にしようと思っていたものの、なかなか手をつける時間がなく、結局は簡単なバター炒めとなった。

 食後、軽い酔いが入った状態で、事務所をはじめ、各所の掃除を行う。酔った勢いで余計なところまで掃除してしまう。

 先日の平成22年第7回定例会の最終日に全会一致で可決した「外国資本等による土地売買等に関する法整備を求める意見書」(pdf形式)について、本日の『産経新聞』で全国に報道された。
 起案者として嬉しいが、それよりも強烈な反原発派議員もいる柏崎市議会で全会一致で可決しているところがポイント。

*事前の議会運営委員会で全会一致となったので、提案者は柏崎市議会全員の扱いとなり、議案書面上の提案者は、議会運営委員長となる。

 森林や水源、自衛隊施設周辺では、外国資本による土地購入という事実が確認されてから法整備を検討するという後手にまわっており、今回の核関連施設の周辺土地については先手を打ったかたちである。
 核関連施設の外国人の土地取得に関しては、テロの可能性はもとより、地権者になった場合の反対運動への警戒も考慮したもの。

 今後は、「全国原子力発電所立地市町村議会議長会」に参加する自治体の各議会への働きかけを行うことになる。

*「全国原子力発電所立地市町村議会議長会」は、柏崎市議会の提唱ではじまった全国の核施設をもつ自治体議会の議長で構成され、会長は柏崎市議会議長。

→ 例:第7回全国原子力発電所立地議会サミット


平成22年12月30日『産経新聞』

原発周辺の土地
「外国資本取得に規制を」

 原子力発電所など核物質の取扱施設の周辺土地について、核物質防護上の観点から、外国人、外国法人による取得に一定の制限を設けるよう、原発立地自治体が国に対して法整備を促している。問題となる土地取得事例はまだ確認されていないが、関連自治体の共通課題として国への働きかけを目指す動きもある。

新潟・柏崎市議会
国に法整備要請

 総出力で世界最大の東京電力柏崎刈羽原子力発電所(1~7号機合計821.2万キロワット)がある新潟県柏崎市は、12月市議会で「外国資本等による土地売買等に関する法整備を求める意見書」を採択し、国に提出した。原発などの重要区域は「外国資本による周辺地域の土地取得は制限すべきである」と訴え、早急な法整備を求めた。
 電力業界関係者らによると、原発を対象にした土地取得制限の意見書は全国で初めて。水資源を育む森林や自衛隊基地の周辺、国境の離島などは外国人、外国法人による土地取得に規制をかける必要性が叫ばれるなか、原発や核燃料関連工場などの立地自治体には、原子力関連施設の周辺土地の売買も「事前届け出制の対象にするなど一定のルールを設けてほしい」(柏崎市議会関係者)との意向がある。
 管直人首相は10月、参院予算委員会で外国人、外国法人による土地取得の規制について「ぜひ勉強して一つの考え方をまとめてみたい」と言明。こうした動きを踏まえて、関連自治体で広く同様の意見書採択を目指そうという考えもある。

« イラン油田開発撤退に見る日米関係 | トップページ | 北海道:外資の森林取得増加、防衛へ条例検討 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「意見書」素晴らしいです。例え原発や自衛隊基地がなくても、一国の土地を外国人に提供するということは、余程のことです。そのことは幕末のころ、通商条約でいくつかの港を開いたり、領事館建てさせたりした経験で解ってるはずですからね。
三井田さん今年は色々ご活躍お疲れ様でした。
来年も是非、新潟と日本のためにお力を尽くして下さい。

こんばんは。
意見書の中身を確認させて頂きました。当然、わが市でも採択されるべきものであると認識しています。30年育てた杉の木が大根よりも安いという現状にも原因があるのですが、大切なのは日本の領土や土地を外国勢力に支配されてはならないという基本的な部分を皆さんに理解して頂く事ですね。殺人を犯した人にも人権がある。日本の土地を買う外国人には言い分がある。日本が攻撃を受けたら、それは日本に原因がある。こんな事を平然と言える政党や議員、思想に対して、断固として戦わなければならないのです。来年は、私たちの生まれた美しい国、日本を守るため、愛国心に溢れた皆さんとともに頑張っていく年にしましょう。

こんばんは。そして、お久しぶりです。
日本の左翼は売国奴ばかりだと思っていたので、柏崎市議会で外国資本による所得規制を可決できるとは思いませんでした。
三井田さん、今年はホントにお疲れ様でした。
来年も応援しています。

 向こうの人と親戚さん、コメントありがとうございます。
 選挙という試練のある年ですが、地元のため、またお国のために頑張りたいと思います。
 本年も宜しくお願いいたします。

 桑原さん、コメントありがとうございます。
 是非、意見書の件、南魚沼市議会でもご検討をお願いいたします。
 一部の月刊誌で報道されているように、新潟県内での外国資本による買い占めの波がありますので早急に対応すべきと思います。
 共に頑張りましょう。

 東本町の民さん、お久しぶりです。
 コメントありがとうございます。
 今回の意見書には、普段対立している会派からも賛同してもらったので、私としても嬉しい思いです。
 本年も自分に与えられた立場で頑張り抜きたいと思っておりますので、何卒宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発周辺の土地「外国資本取得に規制を」柏崎市議会:

« イラン油田開発撤退に見る日米関係 | トップページ | 北海道:外資の森林取得増加、防衛へ条例検討 »