« 平成23年第2回定例会の一般質問要旨 | トップページ | 平成23年第2回定例会開会
'11柏崎JC2月公開例会「柏恋」婚活事業 »

2011年2月17日 (木)

平成22年度学校支援地域本部事業発表会
未来の柏崎を担う子どもを育てる会

 緊急の資料作成が終わらず、4時過ぎに就寝する。

 8時、起床。大粒納豆、目玉焼き、シラスおろしでご飯2杯の朝食をとる。

 9時、11時と事務所に来客があり、資料調査の依頼をもらう。

 12時30分、おにぎり2個(塩こんぶ、刻んだみょうが味噌漬けのマヨネーズ和え)、低脂肪乳、グレープフルーツジュースで昼食。

 食後、作成したプレゼンテーション資料やラジコンマスコットなどを柏崎青年会議所事務局に届ける。

 13時20分過ぎ、母校である柏崎市立柏崎小学校に移動し、未来の柏崎を担う子どもを育てる会の学校支援地域本部事業に出席。この委託は文科省からの3年間の委託モデル事業で本年度が最終年度となる。
Cimg1805 校長先生から面白い資料があるとご紹介された唐澤富太郎著『図説明治百年の児童史』上下・講談社(昭和43年)を手に取り、ざっと目を通させてもらったところ、大変貴重な本であることが分かった。選挙が終わったころ、じっくりと読んでみたい。
 無言での清掃活動(黙働)を見させてもらったのち、地域の先生による公開授業を見学。1年生から6年生まで、遊びや物語、鵜川の開発、ダンス、戦争と人々の暮らしなどの授業があり、どれを見学しようか迷ったものの、今回は6年生の「戦争と人々の暮らし」を選択した。

Cimg1809 講師は、かつて教育長もお努めになった渡邊恒弘元校長先生で、疎開したことや勤労動員(長岡市蔵王津上軍需工場第2設計課で魚雷のトレース)となったこと、昭和20年8月1日の長岡空襲などをお話された。
 本来、軍人と軍人が戦う戦争でありながら、アメリカの場合は日本の民間人を狙い、しかも逃げられないような方法で囲い込んで焼夷弾により、老人、女子供焼き殺した事は、まさに戦争犯罪である。
 ちなみに、用意した資料には「太平洋戦争」と書いてあったが、先生自身はキチンとした呼称である「大東亜戦争」とおっしゃっていた。
 生徒は熱心に聞き入り、先生もかなり熱く話されていたので、時間をオーバー。柏崎市内の長崎に落とされた模擬原爆弾「パンプキン」(平成9年8月4日『新潟日報』に詳細が掲載された)の話までたどり着けなかったのは残念であった。
 生徒さんから一つの質問があり、「B29の名前はどういう意味ですか?」という内容であり、つい後ろから「ボーイング社だからBがつく」とつぶやく。
*B29のBは爆撃機(Bomber)

 15時、同じく母校である柏崎市立第一中学校に移動し、中学校での地域の先生による公開事業を見学する。
 こちらも茶道・華道にみる室町文化、合唱、米山の輝意志、柏崎の『奥の細道』など魅力的な授業が多数あり、とりあえずは地域の匠の技を実感できる、ものづくりの授業を見させてもらう。

Cimg1811 大工でもあったT川さんが講師となり、釘を使わない木の接合、日本の大工の技である「木組み」を勉強するという内容。
 まさに日本の職人のかっこよさが分かる授業で、いま何か作るときにはすぐ釘やタッピングビスで作ってしまう自分を反省する時間にもなった。

Cimg1812 続いて、もう一つどうしても見たかった「国際理解」、地元・新潟産業大学の留学生を講師に迎えた授業を見学。
 英語を使ったコミュニケーションの経験としてもそうであるが、他国の人と話をするからこそ、自分のこと、故郷、国のことを知ることがいかに重要であるか、そして英語を母国語としないもの同士の会話に馴れることは貴重な経験となる。
 我が柏崎市には2つの大学という資産があるからこそ、こういった取組を柏崎の子供のために行うべきであろう。

Cimg1818 16時20分から事業報告となり、この3年間の事業について、以下のように報告された。

<第一中学区での「こんな子どもに育てたい」>
・学習に意欲的に取り組む子ども
 → 学習ボランティア
・目標に向かって粘り強く取り組む子ども
 → 体験学習、起業学習ボランティア
・やさしく、心が美しい子ども
 → 学校菜園、花の栽培、読書ボランティア
・さわやかなあいさつができる子ども
 → 地域ぐるみの挨拶運動
・友達や身の回りの人と協力して活動する子ども
 → みんなで作る活動
・生活習慣・学習習慣が身に付いている子ども
 → 地域ぐるみで取り組む活動

<感想>
子どもたちは
 「地域の先生の授業は楽しい」
 「また地域の先生の授業を受けたい」
 「個別に指導してもらってよかった」
地域・保護者の方は
 「私で役に立てるなら・・・」
 「まさか自分が教壇に立つなんて・・・」
教師は
 「専門的な知識や技能を学ぶことができる」

<成果>
「協働」により一歩一歩豊かな心が育っている
・「人として身につけなければならないこと」がしっかり身についてきている。
・思いやりや感謝する心が育っている。
・教育活動の広がりが出てきている。
・地域の方々も元気になっている。

 16時50分から協議会となり、意見交換。

(1)地域の方にもっと学校に足繁く通ってもらうためには
・柏崎小学校では図書ボランティアなど、地域の方にきてもらっており、「来て良かった」とWinーWinの関係になるよう配慮している。
・第一中学校ではどんな学校行事があるのかどうかを情報発信している。
・(町内会長)困ったことがあれば助けるというスタンスでいるため、学校からの要望があれば、馳せさんじる。困っている事が何なのかを発信してほしい。そうすれば得意分野と重なる地域の方は参加する。
・(町内会長)生徒と学校の絆が重要。良いものは良い、ダメなものはダメと言える地域でいたい。
・結局は学校の態度いかんではないか。学校の発信力。伝われれば反応はある。
・学校側として、地域の方から声をかけてもらう逆パターンもあった。

(2)児童や生徒がどのようにして地域にかかわらせれば良いのか?
・第一中学校では生徒に地域事業に参加しろと言っているが、学校側から地域にどんな事業があるのか分からないため、難しい部分がある。
・(地域)最近は祭りの担い手として、中学生が参加してくれたことがあった。地域の行事を学校の先生に知ってもらうことが重要。子供たちができることを、できる限り預けることをもっとやるべきではないか。情報交換を密にすることが重要。
・(地域)町内対抗の体育大会など生徒が活躍する場が地域にはある。それを校長先生から誉めてもらったところ、本人は非常に喜び、やる気になった。地域行事を学校の先生に知ってもらい、参加した生徒を誉めてもらいたい。
・(部活をもつ教諭)学校側としては、以前よりは地域行事に参加するよう指導し、部活のスケジュールを変更することもやっている。地域行事に参加したとき、何をして良いか分からない、という生徒もいるので、仕事を預けてもらえれば良い。

(3)小中9年間でどのような子どもをみんなで育てていったらよいか?
・第一中学校では、マイタイムテーブルを使って自分で規則正しい生活、時間を作り出せるように指導している。
・(地域)いま子供は我々、大人の社会を良くみている。
我々もキチンしなければならない。

(ここで議員として参加しているという立場で発言を求められたので)
・とにかく色々な事にチャレンジして、失敗も多く経験してもらいたい。それをなだめたり、失敗しないコツを教える地域の人もいる。

・高齢者だけではなく、若者も無縁になる可能性があるという報道があった。自分が周りから支えられている、必要とされていることを分かってもらいことが大切ではないか。
・中央地区は高齢化が進んでいる。お年寄りへのお弁当を届けた縁で色々な関わりができて、視野が広がるようなことができている。そして、地域を一回でても帰ってきてくれるような子供に育ってほしい。
・中越沖地震での中学生のボランティアでもそうであったが、地域から評価され、認められる機会を作ることが芯からの自信につながる。
・(校長)地域や家庭でも生徒に役割を与えてもらうことが大切。

 18時、一旦、選挙事務所に戻り、諸雑用を行う。

Cimg1820 18時40分から市内某店にて、かなり遅めの新年会。燕の磨き屋シンジケートによるビールカップで生ビールを飲みつつ、近況報告や中東情勢などについて意見交換を行う。好物であるあん肝も大きなものがでたので、あまり飲まないつもりが、つい地元・原酒造の純米大吟醸無濾過生原酒「和醸蔵寒仕込搾り」も飲んでしまった。

Cimg1822 22時、柏崎青年会議所の事務局に移動し、酔ったままで申し訳なかったが、所属する青少年未来創造委員会の第10回委員会に出席する。
 いよいよ婚活セミナーを行う公開例会が明日となったので、詳細な確認を行う段階である。

 23時30分、事務所に戻り、資料の軽微な変更など簡単な作業を行う。

« 平成23年第2回定例会の一般質問要旨 | トップページ | 平成23年第2回定例会開会
'11柏崎JC2月公開例会「柏恋」婚活事業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

細かいことを とやかく言う積りはありませんが、
B-29の”B”はボーイングではなく、爆撃機(Bomber)の”B”と聞いていますが如何?
グラマンなど戦闘機は”G”でなく”F-6-F”(Figrter)から付けた筈です。

B29の由来は...
本来乗るはずであったパイロット、フレデリクスCボックスのBと、BOXCAR(有蓋車)のBから取ったとされる説があるが、やはりボーイング社のBである可能性が一般的か。あの国は「爆撃機」から直接名前を引用するという事をしない。戦争体験者の方に対してはいささか不謹慎かもしれないが、ダジャレや恋人の名前なども使うと聞く。

桑原様
お忙しい中コメント頂きまして有難うございます。
私の勘違いですか。それにしても名のある爆撃機は殆ど”ボーイング”ですね。
B-17,29、36、47、52と有りますね。
所でB-25(東京を最初に空襲しましたね)は”コンソリデーテッド”社製だったと思うのですが?
それにしてもニックネームは、日本の感覚から相当離れていますね。
F-4フアントム(幽霊)とは!

閑話休題 お暇を取らせました。
桑原様も三井田様もご健闘をお祈りします。

雄太様
わざわざありがとうございます。
私の知識など大したものではありません。つい口を挟んでしまいました。
今後とも宜しくお願い致します。

 雄太さん、桑原さん、コメント、ご指摘ありがとうございます。
 小さい頃に聞いていた知識のままでした。今回、米軍の命名規則の資料をお送り頂いたこともあり、確認しましたので、該当部分を修正しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成23年第2回定例会の一般質問要旨 | トップページ | 平成23年第2回定例会開会
'11柏崎JC2月公開例会「柏恋」婚活事業 »