« 仮設住宅、当選者の7割が入居せず:南三陸町 | トップページ | 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策 »

2011年6月 9日 (木)

平成23年第4回定例会開会
監査委員人事は先送り

 2時から5時まで事務所のソファーで仮眠。

 8時、大粒納豆、粗挽きソーセージ、ひじき煮でご飯2杯の朝食をとる。

 熱いシャワーを浴びてから、8時50分に市役所に移動。

Cimg2890 9時、議会運営委員会に出席し、社会クラブが出してきた3件の意見書で全会一致をみることができるか協議する。2件は一致をみることができず、原子力発電所の安全対策強化を求める意見書については文言の修正に応じてもらえるかどうかを確認。社会クラブで応じるということであったため、後日協議することとなった。
 その他、新潟県市議会議員親善ゴルフ大会が東日本大震災復興支援チャリティゴルフ大会となり、実施されるとの周知があった(主催は議員側の私的なもので、周知のみ議会事務局。例年、柏崎市議会からは参加者なし)。
 市当局からは第四次総合計画の改訂、職員倫理条例に関する議会の意見拝聴会を実施したい旨の連絡があり、議会最終日(平成23年6月22日)に行われる。

 9時15分に終了となり、その後は会派室で会派会議。

Cimg2891 10時、本会議、平成23年第4回定例会の開会である。今日は議案説明のみで、主な説明と質問した内容は以下の通り。

・「議第55号 職員退職手当支給条例の一部を改正する条例」
 国家公務員の条例改正に伴い、改正
・「議第56号 税条例等の一部を改正する条例」
 東日本大震災被災者への配慮、特例規定や固定資産評価者の数の変更。
・「議第57号 妊産婦及び子どもの医療費助成に関する条例の一部を改正する条例」
 補助対象を6歳から9歳に拡大。
・「議第58号 西山自然体験交流施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」
 平成24年度から指定管理者制度の導入を図る。
・「議第59号 石地フィッシングセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」
 平成24年度から指定管理者制度の導入を図る。
・「議第60号 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」
 平成24年度から野田小学校と新道小学校の統合により、空き教室がなくなることや利用者増えることから場所の変更。
・「議第61号 公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」
 職員の賠償責任の免除等に条例がないため、一定の金額以上は議会の同意を得るよう改正する。
・「議第48号 平成23年度一般会計補正予算(第4号)」
 基幹システムの包括アウトソーシングの下回った分の不要額の減額(1億1197万円)、7月以降の震災対応の被災者支援の予算、農業の新規事業、リフォーム改修事業補助金(3500万円)の追加措置等が主なもの。

Q.長野県北部地震による被害ならば、じょんのび村の修繕550万円は仕方ないものと思うが、詳細は委員会で議論するとして、大まかにこの地震による被害はどの程度と見積もっているのか。
A.今回の予算では2件だけであり、他にも雪解けの関係で今後判明する不具合がある可能性もある。ただし、因果関係がはっきりしないため、今後は一般的な対応となる(財政課長)。

Q.基幹システムの包括アウトソーシングについては、なぜ補正予算でやるのかと先の議会で問題となり、また金額について高すぎるとの指摘があったところである。今回、1億円以上の減額ができたことはそれはそれとして、いくら債務負担行為の設定というザックリ予算での提案であったとしても、あまりに議会に説明した内容、金額と離れている。収納業務なども一緒にできることになったとの説明もあったが、システム導入に際して「何ができるのか」を精査するのは重要なことであり、少し提案時の調査が甘かったのではないかと思うが、その点についてどう考えているのか。
A.指名競争の原理が働いたこと、パッケージの対応に柔軟性があることが分かったための減額であった(企画政策課長)。

Q.住宅リフォーム補助金の追加3500万円があったが、このやり方について多くの苦情をもらっており、先般、副市長も建築関係の組合から改善要望が届いたことかと思う。詳細は一般質問であると思うが、これまでの受付方法について、ベストだったのか否か、これまでの評価を教えてもらいたい。また、苦情があったから追加したという程度なのか。
A.5月の受付に際して、添付書類として必要な納税証明書の発行の不足分と申し込み分の差があまりにもあったので、今回追加させてもらった。受付のやり方については、ご意見があったので、別の方法を検討したい(都市整備部長)。

・「議第49号 平成23年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」
 非常勤職員の移動、包括アウトソーシングによる減額、高柳急診療所解体工事250万円。
・「議第50号 平成23年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」
 非常勤職員の移動、包括アウトソーシングによる減額。
・「議第51号 平成23年度介護保険特別会計補正予算(第1号)」
 非常勤職員の移動、包括アウトソーシングによる減額、認知症サポーター予算の付け替え。
・「議第52号 平成23年度ガス事業会計補正予算(第2号)」
 天然ガス自動車ガス普及助成、スタンド維持のため(150万円、1932万円)
・「議第53号 平成23年度水道事業会計補正予算(第2号)」
 高柳町石黒地内改良工事735万円
・「議第54号 平成23年度公共下水道事業会計補正予算(第2号)」
 国庫補助金の財源が無くなったため、自然環境浄化センター消化ガス発電装置設置工事 9100万円の減額。
・「議第62号 指定管理者の指定について(文化会館アルフォーレ)」
 かしわざき振興財団・新潟照明技研共同事業体に5年間の委託する。

Q.文化会館アルフォーレは災害時に対応できる施設というのが売りであるが、今回の委託先はそういった災害時の対応もできるということで決定したのかどうか。
A.指定管理者の公募の際に災害に関する対応についても盛り込み、定めた。今回の指定には災害対応も入っている(文化会館整備推進室長)。

・「議第63号 協定の締結について(南北連絡歩道橋整備工事委託)」
 JRと1億7750万円で締結。
・「議第64号 契約の締結について(南北連絡歩道橋整備工事)」
 第一建設工業(長岡市)と2億3982万円で締結。
・「議第 65号 契約の締結について(南北連絡歩道橋整備(建築)工事)」
 植木組と1億5067万円で締結。
・「議第66号 契約の締結について(防災公園整備工事)」
 小林組と2億6040万円で締結。
・「議第67号 財産の取得について(消防ポンプ自動車(2台))」
 7182万円での締結。

Q.最近、他の自治体では、古くなった消防ポンプ車を廃棄するのではなく、いわゆる下取りしたり、まだ使用に耐えうるという組織に売却するなどして、少しでも財政に寄与しようという動きがある。当市ではそういった点ではどのように考えているか。
A.仕様書にある通り、引き取り廃棄処分としており、基本的に修繕を繰り返し、耐用年数いっぱいまで使ってから廃棄としている(契約検査課長)。

・「議第68号 財産の取得について(バスケットボール用ゴールほか一式)」
 1774万円で締結。
・「議第69号 市道路線の廃止について」
 曽地地内の橋の架け換えによる地番の変更
・「議第70号 市道路線の認定について」
 曽地地内の橋の架け換えによる地番の変更

 11時10分に本会議が終了し、その後、各会派との調整や意見交換会を行う。

 12時30分、一旦自宅に戻り、六つ切りトースト二枚でイカフライ、キャベツ、ひきわり納豆をはさみ、マヨネーズと粗挽きマスタードで味付けしたトースト納豆サンドイッチで昼食。食後、急いで市役所に戻る。

Cimg2892 13時、議会運営委員会に出席。議題は、監査委員の選任と議会改革に関する特別委員会の設置の協議である。
 監査委員の選任については、揉めに揉めた前回の議会運営委員会からの続きとなったが、監査委員選任のルール作りをし、適用するという議論からスタート。
 これからルールを作って、今回の選任に遡って適用などという話(遡及適用)はおかしいため、まずは今回の監査委員選任には適用しないことを確認し合った。
 今回の監査委員の選任については、柏崎のみらい・飯塚議員から時間がほしい、全体的な調整をさせてほしいという提案がなされ、平成23年6月13日9時に再度、議会運営委員会を開催することで決定。
 議会改革に関する特別委員会の設置については、改めて以下のような内容でペーパーを提出し、あくまで信頼関係が前提である旨を述べた。


                  平成23年6月7日
                 柏崎市議会 整風会

議会改革に関する特別委員会の設置と協議事項について

 議会改革に関する特別委員会を設置するにあたっては、先の議会運営委員会で提示したように、いわゆる市長与党・野党などという括りではなく、本当に市民のために二元代表制を守り、かつ決定事項を守るという【信頼関係が前提】である。
 その前提のもと、特別委員会を設置することとなった場合には、優先的な以下の2件を協議したい。
 特に通年議会については、議論の時間をより深くとれるという意味でも優先順位が高いと考える。

1.通年議会の早期導入
 前議長の表明及び今回の議長選挙においても、二名の立候補者が導入すべきとしたことに加え、全国の各議会でも試行がはじまっている。議会基本条例の検討をせずとも実施できるものである。

2.議員倫理条例の制定
 行政職員により高い倫理観を求めるのと同様、議員自らも行動のあり方を規定すべきとし、入札等への口利き、兼職の禁止、審査会などの具体的な事項も記載する。

                     以 上


Cimg2893 各会派からも意見がでたが、自治研究会は「いわゆる市長与党、野党の事前調整について」などと、二元代表制(議会と行政は別)を自らが否定するような事が書かれており、議会改革というレベル以前の問題である。
 議会改革の中身に入る前に、信頼関係が成り立っていないという事を述べたが、正副委員長、一部の委員で今後の進め方のたたき台を作成することで終了となった。

 16時、事務所に戻ったところで、来客。今日の議会でも質疑をした住宅リフォーム補助金制度への苦情や今後の抽選方法への疑問などをお聞きした。

Cimg2894 買い物や会社関係の支払いで市内をまわったのち、19時、自家製餃子、昆布と鶏皮の煮物、ひき割り納豆、ご飯2杯で夕食をとる。
 油をほとんど入れずにストーン加工のフライパンで餃子を焼いたらどうなるのかと実験したが、やはり油がないと旨味も少ないと再認識。素直に水餃子にすべきであった。

 食後から事務所で明日の一般質問の準備。言いたい事が多過ぎ、30分の質問時間内に収まるよう削るのがやっかいである。

« 仮設住宅、当選者の7割が入居せず:南三陸町 | トップページ | 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年第4回定例会開会
監査委員人事は先送り
:

« 仮設住宅、当選者の7割が入居せず:南三陸町 | トップページ | 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策 »