« 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策
| トップページ | 「海の柏崎」釣り、浜遊びのゴミ »

2011年6月11日 (土)

日米で新「共同作戦」原発テロ想定

 一升瓶が2本開け終わった3時過ぎにお開きとなり、4時に就寝。

 9時に起床し、大粒納豆、生卵でご飯2杯をかっこんで朝食をとる。さすがに若干の頭痛が残る。

Cimg2907 甥っ子、姪っ子が来たため、10時過ぎから諏訪町2丁目の名物イベント・ガラクタ市に連れていく。
 色々なお店がでており、かなりの活気でいつもの事ながら企画と周知力に感心した次第。こういった事で、中心市街地の商店街が盛り上がり、なるべく地元でお金を使うという風潮を作りたいものである。

Cimg2909

 12時、甥っ子、姪っ子とともに、軽キャンピングカーの長期期間?自炊訓練をするために食材を買ったのち、荒浜海水浴場に移動する。
 某氏に送って頂いた「枝豆豆腐」(グルコン酸での凝固)に白カビが付いてしまうものの本物の舟で絞った再仕込み醤油、そしてアメリカ産の豚バラ肉を炒めたもの、レトルトのカレーをかけたカレーうどんを作り、自己完結機能の確認を行う。その横で甥っ子、姪っ子は食事を食べつつ、パンツ一丁で海に入って泳いでしまい、後処理に時間がかかってしまった。

 15時から18時まで、ビールを飲みながら、N氏、W氏、姪っ子と柏崎港周辺で調査活動。蟹を獲る仕掛けも設置する。甥っ子は帰ってしまったが、姪っ子は一緒に蟹獲りをしたいと言うので、結局、お泊まりとなった。

 20時、大粒納豆、冷凍うどん、レトルトのホワイトシチューで作った納豆シチューうどんで夕食。

 食後から事務所にて、資料整理を行う。

 昨日の一般質問のなか原子力発電所の事故やテロ防止のためにも自衛隊と密着した訓練が必要との私の発言に対し、共産党の某議員は野次っていたが、現実はキチンと自衛隊の原子力事故、テロ対応の訓練が計画されている。
 「平和がいい」と唱える念仏だけでは、市民、いや国民の生命・財産を守ることはできない。


平成23年6月7日『産経新聞』

日米で新「共同作戦」
大規模災害や原発テロ想定
2プラス2戦略目標に明記へ

 政府は6日、主に有事での自衛隊と米軍の協力内容を定める「共同作戦計画」について、東日本大震災を受け、大規模災害や原子力発電所テロなど非常事態対処を新たに策定する方針を固めた。21日に開催予定の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意する共通戦略目標で、同盟深化の柱として策定を明記する方針だ。
 新たな共同作戦計画はこれまで旧ソ連軍侵攻や朝鮮半島有事の波及などを想定してきたのに続き4番目。大震災と東京電力福島第1原発事故への対応をめぐる教訓を生かし策定する。そのうえで、昨年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件などを踏まえ、対中国有事にも援用する考えだ。
 大震災で東北には米空母をはじめ日米の航空機と艦艇が救援や物資輸送、情報収集のため集結した。米軍機は山形など民間空港を初めて使用し、物資輸送の拠点にした。
 作戦計画では米軍増援部隊の受け入れと効率的な展開を検討する。補給や輸送など後方支援がカギになる。特に有事での米軍による民間空港活用は従来の作戦計画で積み残しになっていた課題で、新たな作戦計画では使用可能な空港・港湾と収容量を詰める。
 また、災害派遣では初めて防衛省(東京)と陸上自衛隊東北方面総監部(宮城)に「日米共同調整所」が設置された。平成9年改定の「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」に明記された司令部機能であり、日米の連携を円滑にした。もっとも、設置されたのは地震発生から5日後で、それ以前は米軍の能力を把握しきれなかった。新作戦計画では迅速な調整所開設も課題になる。
 
原発対応では、米軍は無人偵察機で情報を集め、放射能被害管理の専門部隊も派遣し、陸自部隊と連携も深めた。「原発の安全」を強化するため、作戦計画では原発テロに備えて、除染や情報・監視・偵察(ISR)など共同対処能力を高める。さらに平素からの原発の安全管理でも連携を深める。

« 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策
| トップページ | 「海の柏崎」釣り、浜遊びのゴミ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「戦争をなくして平和な世界へ」と訴えるだけで平和がくると本気で考えているのでしょうか?
先日、村上春樹のスピーチがニュースに取り上げられました。
理想を掲げるのは素晴らしいですし、それに向かっていくのも重要です。が!今まで「電気エネルギー=原子力発電所」の恩恵を受けてきたのに、こういう物言いは非常に気持ち悪く感じます。

この世代のこういう考え方をする人は、戦後の日本の経済発展には、エネルギーが不可欠だったことを考えていないのでしょうか?
文化人は気楽ですね。

 市民Aさん、コメントありがとうございます。
 私の親世代は、オイルショックを経験し、原子力という選択をしながら経済発展したはずなのですが、その事はなかったかのように発言する方も多くいらっしゃいます。
 念仏主義ではなく、現実路線をキチンと考え行動していきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米で新「共同作戦」原発テロ想定:

« 平成23年第4回定例会一般質問
柏崎港釣り開放、原子力防災対策
| トップページ | 「海の柏崎」釣り、浜遊びのゴミ »