« 大雪による除雪費用、3度目の補正予算 | トップページ | 水面下で進む新潟市内5000坪の中国への売却 »

2012年2月14日 (火)

柏崎の海浜植物:植物友の会
「アンパンマントロッコ」被災地走る

 3時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鯖へしこ、ごぼうサラダでご飯2杯の朝食をとる。

 9時、市役所に移動し、午前中は議員倫理条(案)の逐条解説をはじめ、議会関係の資料を作成する。

 12時30分、一旦、自宅に戻り、食パンの上にひきわり納豆、トマトケチャップ、バジル、とろけるスライスチーズをのせてオーブンで焼いた、納豆ピザトーストで昼食。

Cimg1689 13時、喬柏園にある植物友の会事務局に行き、柏崎青年会議所の環境エネルギー委員会のメンバーとして、今年4月に予定している公開例会へのご協力をお願いする。
 これまでは浜を綺麗することが目的であったが、それによって柏崎の海浜植物の再生もできるという周知をするためである。
 ちなみに、現在、みなとまち海浜公園にある海浜植物は以下の通り。

・オオマツヨイグサ(あかばな科)
・アキグミ(ぐみ科)
・ハマゴウ(くまつづら科)
・ハマナス(ばら科)
・ウンラン(ごまのはぐさ科)
・アマナスミレ(すみれ科)
・カワラヨモギ(きく科)
・ナミキソウ(しそ科)
・イソギク(きく科)
・カワラナデシコ(なでしこ科)
・ハマハタザオ(あぶらな科)
・ハマヒルガオ(ひるがお科)
・ハマボッス(さくらそう科)
・オニシバ(いね科)
・カワラケツメイ(まめ科)
・ネコハギ(まめ科)
・ハイネズ(ひのき科)
・ブタクサ(きく科)
・メドハギ(まめ科)
・メヒシバ(いね科)
・メマツヨイグサ(あかばな科)
・ヤハズソウ(まめ科)
・ヨモギ(きく科)

 植物の名称は色々あれど、ブタクサはなかなかの名称で、『キテレツ大百科』の「ブタゴリラ」なみナリ。ちなみに花粉症のもとにもなる。

 15時、事務所に戻ったところで来客。

 16時30分から市内某所にて、市政に関する意見交換を行う。

Cimg1683 19時、自宅に戻り、豚の細切れ肉を多めに入れたカレーライス、ひきわり納豆と大根おろしの和え物、花らっきょう、ビール500ml4本で夕食をとる。
 最初のカレーライスは小盛りにしてそのまま食べ、2杯目は牡蠣醤油と生卵をまぶして楽しんだ。

 食後から事務所で依頼された作業。完全に壊れたUSBメモリからのデータ救出のため、拡大鏡を使って、同じ形式のメモリにチップを載せ替える。

Cimg1690 以前より、JR四国のアンパンマン列車に注目していたが、この度、JR東日本の企画で東日本大震災の被災地を走ることになったという。
 粋な計らいである。


平成24年2月8日『河北新報』

「アンパンマントロッコ」被災地走る
JR東・来月から

 JR東日本は7日、東日本大震災の被災地を元気づけるため、「アンパンマントロッコ」を被災エリアで運行すると発表した。団体専用列車で、被災エリアの子どもたちを公募し、抽選で無料招待する。
 アンパンマントロッコは、JR四国が保有する観光用車両で、外観や車内にアンパンマンなどのキャラクターが描かれ、アンパンマンと記念撮影できるスペースもある。
 3~6月の土日、祝日を中心に、宮城、岩手、福島、茨城各県で運行する。宮城のみ運行日が決まっており、3月24、25、31日と4月1日が石巻-仙台、4月8、14、15日が柳津-仙台(いずれも片道)の各1便。
 各回とも定員は48人で、青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉各県在住の小学生以下の子どもと保護者などが対象。インターネット上の専用サイトやはがきなどで申し込む。宮城分の受け付けは2月17~27日。
 連絡先は「アンパンマントロッコにのろう!」事務局(0120)777927(17日から)。13日に開設する専用サイトは、JR東日本のホームページから。

« 大雪による除雪費用、3度目の補正予算 | トップページ | 水面下で進む新潟市内5000坪の中国への売却 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 子供に笑顔…アンパンマントロッコ出発 24日から東北3県 [ローカルニュースの旅]
東日本大震災の被災地で運行するJR四国のイベント列車「アンパンマントロッコ」の出発式が3月1日、JR高松駅であった。被災児童らを無料招待し、24日から6月まで東北3県などで順次運転。第1弾の宮城エリアには定員の62倍にあたる約2万1千人から応募が寄せられた。... [続きを読む]

« 大雪による除雪費用、3度目の補正予算 | トップページ | 水面下で進む新潟市内5000坪の中国への売却 »