« 新潟市議会:外国資本の土地取得制限と視察 | トップページ | 平成24年第1回定例会閉会、登庁自粛要請
「男の約束」は非公開の場で反故に・・・ »

2012年3月21日 (水)

柏崎市議会暴行事件:事件当日以降のこと

 3時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、オニオンスライスでご飯2杯の朝食をとる。

 8時30分、先般新聞報道された事件でお騒がせしたことから、今日の議会改革に関する特別委員会第一部会の場で、部会長を辞任させてもらう旨を議会事務局に連絡。また副部会長にもその旨を電話で報告し、部会の運営をお願いした。
 やはり、柏崎市民をはじめ、皆様をお騒がせした責任は私にもあるため、判断をさせてもらった。

 午前中は各種問い合わせや打ち合わせなどに追われる。

 10時から私やもう一方の当事者の出席を求めない柏崎市議会全員協議会が開催され、先般新聞報道された事件についての議論が行われるという。
 こちらとしては、既に平成24年3月9日(金)の段階で議会に報告しており、もっと早いタイミングでオープンになると思っていたが、ここに来てやっと、という感じである。
 これまで柏崎市役所職員の不祥事を議会で追及してきたが、当の柏崎市議会が隠ぺい体質であることは、議会側の人間として柏崎市民の皆様には、誠に申し訳ない限り。

 事件当初から先方の謝罪を受け止めていたが、非公開ながらも公式な要約議事録が残る2回の会派代表者会議の場において、先方所属の会派代表者による1回目の発言、2回目の発言が食い違っていることはもちろんのこと、謝罪も「ただの社会通念上の事」、事件当日事実も逆、「治療費はお互いがそれぞれが自ら治療することで当人同士が合意」との報告があり
「男の約束」は完全に反故
にされた。これまで約束を守って、被害届をださずにいた、こちらがバカをみたかたちである。
 公式の要約議事録上だけでみれば、対等な口論のなかでトラブルになり、喧嘩両成敗といった内容になり、事実とは異なる。

 部会の懇親会幹事を一次会からやり、年少者として仕方なく最後までお付き合いし、酩酊した相手の分の飲食費2軒分も支払い、怪我をさせられて(当時は強い痛み)の正当防衛ということが伝わっていない。

 事件発生以降についてだけでも、以下に事実を記載したい。

*拙宅及び丸山敏彦議員宅の玄関カメラのデータを任意提出するような状況は、「惻隠の情」から避けてあげたいと思っているが、あとは相手の出方次第である。


1.三井田宅への訪問と謝罪(直接訪問1)
 平成24年3月8日(木)、16時50分、飯塚寿之議員(首のコルセットなし)が三井田宅を訪れ、三井田の母に挨拶したのち、三井田に対し、事件当初に続き、再度の謝罪。なんとか表にださないでほしい、警察沙汰にはしないでほしいと発言。「一度、こちらからは表にださないことを約束したので、そこまで。ただ見ていた市民も多いので、人の口に戸は立てられない。市民の口まで約束できない」と返答。この時点で三井田のけがは診断されておらず、自分で添え木処理と冷却。
(一応、日本赤十字・赤十字救急法救急員のため) を行っており、飯塚寿之議員もここではじめて三井田のけがを知ったが、骨折の事実は判明していない。

2.病院の診察と議会への報告
 三井田、痛みに耐えられず、平成24年3月9日(金)午前中に某病院にて診察。親指付け根の骨折、全治2か月と判明し、議会事務局長を通じ、議会に報告する。
 議会事務局長へは、飯塚寿之議員から全面的な謝罪があったので、こちらから表沙汰(警察への届け出)にしないことは約束した、と報告した。

3.三井田宅へ再訪問(直接訪問2)
 平成24年3月9日(金)、三井田の親族であり、後援会長に事の顛末を話したところ、飯塚寿之議員に苦情の電話を入れた。
 同日19時、飯塚寿之議員(首のコルセットなし)が三井田宅を訪れ、「これ以上表にださないでくれ」とのことだったので、後援会長が三井田の親族であることを告げ、少なくとも親族には話をさせてもらったこと、そして直接電話したことは申し訳ないと返答。

4.三井田宅へ再々訪問、交換条件提示(直接訪問3)
 平成24年3月12日(月)9時、飯塚寿之議員(首のコルセットなし)が三井田宅を訪れ、玄関先にて「議会の改革に関する特別委員長として議員倫理条例は出せないので、是非・・・」と交換条件、今回の件を表沙汰にしないでほしい、けがの分は治療費を支払うとの内容の発言があった。三井田からは、

「議会改革はご自分で判断することで、まずは(私・三井田としては)淡々と行う」
→ 議会改革に関する特別委員会第一部会を開催し、論点整理

 そこまで謝罪されるなら、「こちらから被害届をだすことはしないが、周りで見ていた市民の口に戸は立てられない」と再び返答。治療費の詳細はのちほどあると思い、そこでは言及せず。

5.丸山敏彦議員への謝罪、交換条件提示(丸山敏彦議員宅訪問)
 平成24年3月13日(火)、三井田の所属会派の会派長・丸山敏彦議員より、議長に対して柏崎市議会会派代表者会議の開催を要請。
 18時過ぎ、飯塚寿之議員(首のコルセットなし、頭を刈り込み)が丸山敏彦議員宅を訪れ、三井田に対してけがをさせたこと、先に手をだしたことの謝罪ののち、何とか穏便に済ませてほしいとの発言。その後、穏便に済ませるための交換条件も飯塚寿之議員が提示した。丸山敏彦議員は「議会としてけじめをつけなければならない」と返答。

6.非公開会派代表者会議1回目
 平成24年3月16日(金)、非公開で柏崎市議会会派代表者会議が開催。事実とは異なる主張が、飯塚寿之議員の所属会派長である佐藤敏彦議員からあり、喧嘩両成敗という雰囲気作りがされる。

7.飲食費2軒分の支払い(直接訪問4)
 平成24年3月16日(金)10時48分、飯塚寿之議員からの三井田への携帯電話の着信。同日11時58分に飯塚寿之議員の所属会派長である佐藤敏彦議員からの三井田への携帯電話の着信があったが、ともに市民からの陳情相談や市民活動支援課での打ち合わせのため、電話にでられず。
 議会事務局に行ったところ、事務局長より飯塚寿之議員が飲食費を支払いたいと三井田を探しており、所属会派長の佐藤敏彦議員もその旨で三井田への連絡をとったことが判明。

 17時ごろ、三井田が不在となっているなか、飯塚寿之議員と佐藤敏彦議員が三井田宅を訪れ、三井田の母親に飯塚寿之議員が飲食費9000円を入れた封筒を玄関にて手渡す(佐藤敏彦議員は玄関外で待機)。 (三井田母親視認:首のコルセットなし)。当日、酩酊して支払わず、9日後、しかもこれまでの3回の直接訪問があったにも関わらず、いまになっての支払いに別の意味があると思い、所属会派の会派長・丸山敏彦議員に預ける。

8.マスコミ報道
 平成24年3月17日(土)、『新潟日報』紙をはじめ、新聞各紙が報道。リーク元は不明であるが、対等な喧嘩があったかのように報道された。直後より、三井田が相手を殴った等の話が伝わる。なかには先方から同様の被害にあった方からの激励もあった。

9.非公開会派代表者会議2回目
 
平成24年3月19日(月)、非公開で柏崎市議会会派代表者会議が開催。これまでの謝罪も社会通念上のこと、「治療費はお互いが自ら治療することで当人同士が合意」(三井田自身が相手の診断書を見ていないうえ、話し合ってもいない。相手は議会事務局を通じ、こちらが全治2か月と知った模様)と飯塚寿之議員の所属会派長である佐藤敏彦議員から主張された。
 また、社会クラブの社民党議員より、「両方悪いから両方を処罰」という提案が出される。
 議論は紛糾し、当初の予定時刻では終了せず、
総務常任委員会の午前の審査を待ったのち、再開。
 結果、平成24年3月21日(水)10時から当事者2名を除く、公開の全員協議会開催が決定した。


 11時30分、市役所に移動し、会派会議や議会最終日に向けた作業などを行う。

 13時から会派代表者会議が、今度は公開で行われたので、会議室の外から傍聴する。
 主な議題としては、柏崎市民に対する議会としての信用失墜の謝罪について議論された。
 予定されていた議会改革に関する特別委員会の第一部会は中止。また、明日の平成24年第1回定例会最終日に両者は議会に登庁しないよう、各会派長に要請された。喧嘩両成敗のようなかたちであるが、やはり説明や弁明の機会が一回も当事者に与えられないのは、納得がいかない。

 明日の最終日のために作成していた原稿や資料などを廃棄するなど、事務仕事をしたのち、15時20分に自宅に戻る。

Nec_0001 15時30分、こういったときは気合を入れようと、レトルトカレー「ビーフカレーLEE 辛さX20倍」をご飯にかけ、最後にモモ肉を使ったトンカツをのせたカツカレー、2杯分のインスタントのひきわり納豆汁で少し遅めの昼食をとる。

 16時、17時と事務所に来客。

Nec_0002 18時40分、赤海老の塩焼き、あまり好きな方でははない「かぼちゃの煮つけ」、鰯のぬたでご飯1杯で夕食をとる。
 刺身にできる鰯が安かったとのことで、久々に母親に鰯のぬたを作ってもらった。本当は美味しいお酒を合わせながら、じっくり楽しみたいところであるが、骨折の痛みがでないよう、 「北雪 大吟醸」 をグラス1杯だけ飲む。

 食後から依頼されていた資料の作成を行う。


*平成25年2月追記 その後の経過

平成24年3月7日 暴力事件前日
平成24年3月8日 暴力事件当日
平成24年3月17日 10日後、新聞報道
平成24年3月21日 当日からの経緯
平成24年3月22日 いつの間にか
平成24年3月23日 謀略・政争へ
 活動自粛要請

平成24年4月11日 全国ニュース、相手沈黙
平成24年5月3日 マスコミ報道
平成24年11月16日 話し合いの申し出をしながら誹謗
 証拠写真、相手の配布文書(三井田はデタラメ?

平成25年1月8日 会派代表者会議
 相手は文書を用意せず

平成25年2月4日 会派代表者会議
 経緯説明はなし、事前検閲、双方が謝罪?

|

« 新潟市議会:外国資本の土地取得制限と視察 | トップページ | 平成24年第1回定例会閉会、登庁自粛要請
「男の約束」は非公開の場で反故に・・・ »

コメント

まずは右手のおけが、お見舞い申し上げます。
さて、最初に私の立脚点を述べておきます。私は、両議員ともに面識もなく後援会員でもありません。一介の市民です。
1.「年少者として仕方なく最後までお付き合いし」
大人の社会ではごく普通のことです。
2.「酩酊した相手の分の飲食費2軒分も支払い」
酔っぱらってしまった仲間の分を立て替えることも、ごく一般的なことです。
上記2点を敢えて述べる理由はなぜでしょうか?
一般人は(敢えてこういいますが)、そんなこといちいち気にしてませんけど。

3.朝日新聞の取材に対し、「相手が先に手を出した」旨のコメントがありましたが、新聞という公器に載せなければいけないことでしょうか?

このブログの内容といい新聞のコメントといい、ご自身を正当化するため、かつ相手を陥れるためだけの様に感じてしまいます。

一般市民は、詳しい詳細など誰も興味を持っておりません。単純に「市会議員が何やってんだ」と言うのが本音だと思います。

警察沙汰になり、傷害事件として立件沙汰にでなれば別ですが、そうでなければ、ここまで「ワザと大袈裟にしている」ような行動等、発言、ブログは、失礼ですが幼すぎると思います。

柏崎には、「酔っぱらった大人のケンカ」なんかよりもっと大事な問題が山積していると思いますがいかがでしょうか?

投稿: purupuru | 2012年3月21日 (水) 19時50分

 purupuruさん、コメントありがとうございます。
 まず根本的なところですが、ご指摘のように「大事な問題が山積している」からこそ、相手の謝罪があったので、これまで被害届をださずにおりました。
*事件発生は3月8日未明、私から議会への報告は3月9日。
 私がワザと大袈裟にしているわけではなく、事実とは異なったことで大袈裟になったので、事実を書いております。
 そして現在は、被害届を柏崎警察署にだしましたので、傷害事件として捜査中です。
 先方も「自分が被害者」と新聞取材にはコメントしております。
 ご質問の3点のうち、前半2点につきましては、事実を述べております。3点目は、コメントを求められたので事実を述べたところですが、新聞に掲載するか否かは新聞社が判断することなので、私が回答するのは適切ではないと思います。
 捜査中ですので、詳しい当日の内容は公開できないため、上記のような最低限の事実だけはお伝えさせてもらったところです。
 また、柏崎市議会の公式の場で本人が説明する機会を与えられておりませんので、自分の被害はきちんと書かせてもらいました。
 「酔っぱらった大人のケンカ」と一括りにされておりますが、離れて飲んでいた私に危害を加えるに至ったこの事件のことをご理解賜れば幸いです。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年3月21日 (水) 20時41分

>また、社会クラブの社民党議員より、「両方悪いから両方を処罰」という提案が出される。

喧嘩両成敗を行い、どちらが得をするか、少し考えればどういう意図で提案したかがまるわかりです。

そもそも喧嘩両成敗なんて話はおかしいわけで。
法律なんてものが満足になかった時代に、早急に物事を解決する際に用いた方法であり、法治国家日本ではそんな原始的な事は行われません。
子供の喧嘩じゃないんですから、しっかりどちらが悪いかの洗い出しはすべきと思われます。

まともな議会でしたら、そうするべきです。


また、このように事の詳細を掲載して頂いてありがたい限りです。

このブログ掲載が、自己正当化のためだというならば、飯塚議員も同様に有権者に説明すべきと考えます。

やる気・元気・勇気・としゆき
http://www9.ocn.ne.jp/~genki021/
公人であり、市民に選ばれて議員を行なっているのですから、多忙かもしれませんが、月に一回はwebで情報公開したらいいと思うんですけどね。

若い自分はそう思います。

投稿: 市民A | 2012年3月22日 (木) 00時54分

 市民Aさん、コメントありがとうございます。
 公式な説明や弁明の機会を当事者に一回も与えずに、喧嘩両成敗にもっていこうというのが、向こうの作戦かと思います。
 議会の過半数をもっているという強みからそのような作戦を選択しているように思いますが、こちらとしては警察にお任せし、やはり真実を明らかにしてもらいたいと考えております。
 先方の陣営からは、「男の約束」を破って三井田が被害届をだした、約束破りの三井田が悪い、というパターンの発言もでております。
 何とかして相打ちにもっていきたいようです。
 ちなみに、「男の約束」を破ったのは先方であり、非公開で行われた柏崎市議会・会派代表者会議において、先方の主張が「当初の全面謝罪」から「自分も被害者」と変わったため、被害届を提出しました。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年3月22日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/54270991

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎市議会暴行事件:事件当日以降のこと:

« 新潟市議会:外国資本の土地取得制限と視察 | トップページ | 平成24年第1回定例会閉会、登庁自粛要請
「男の約束」は非公開の場で反故に・・・ »