« 総務常任委員会審査(平成24年度一般会計予、他)市民生活部、消防本部 | トップページ | 新潟県倫理法人会女性委員会
「東條英機という人間像」 »

2012年3月14日 (水)

議会改革に関する特別委員会第一部会
災害発生時の対応要額

 3時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、めかぶ、目玉焼きでご飯2杯の朝食をとる。

 8時過ぎから電話ラッシュとなり、10時まで対応に追われる。

 市内の某病院に行き、右手親指の骨折の経過診察をしてもらう。診断書では全治2ヶ月となっているため、しばらくは会社関係の作業ができない。事業収入はゼロとなる。

Nec_0001 12時30分、自宅に戻り、市販の生中華麺の太麺、同じく市販の醤油ラーメンのもと、茹でもやし、シナチクで醤油ラーメンを作り、昼食をとる。
 肉類がないもやしラーメンであるが、隠し味として入れた牡蠣醤油が、スープに深みを与えたようで、満足感が高い。

Cimg1870 食後、市役所に移動。会派室等で事務仕事をしたのち、13時10分から建設企業常任委員会の審査に傍聴出席する。
 ガス水道局が所管する議案の審査となり、大きく変わるのは公共下水道事業会計と農業集落排水事業会計が統合され、下水道事業会計となる点である。

・消化ガス発電
 95kw2台 年間146万kwの発電を予定している。計画では、自然環境浄化センターの電気の36%を賄う予定。

 報告事項として、「柏崎市公営企業 中期経営計画2012(平成24年度~28年度)が報告された。
 この計画内での水道料金の値上げは、刈羽村への給水開始もあり、避けられるという。
 ガス事業は平成18年12月20日の柏崎市ガス事業検討委員会から民営化が望ましいとの答申があり、震災後に行われた市長選挙においても、会田市長はマニフェストにガス民営化を書き込んだ。ところが、現時点ではガス民営化作業は中断し、平成30年度でのガス民営化を目標に、平成28年から作業を再開するとしている。ガス料金の値上げは、平成26年4月に平均2.44%アップの予定。

Cimg1871 15時15分から部会長を努める議会改革に関する特別委員会の第一部会に出席する。
 冒頭、2名の部員から倫理に関する議会内の不祥事があるため議論を中止したい旨の申し出があり、これを了承。
 不祥事の経緯説明も求められたが、もう一方の当事者が欠席したため、フェアではないと判断し、会派代表者会議に委ねるとした。
 前回の検討会での結果反映の確認と、ここで「新潟県柏崎市議会議員倫理条例及び逐条解説(案)」の検討を中止にするにあたって、柏崎市議会独自のルールである署名の提出など、残りの課題を整理。

「120312反映版_新潟県柏崎市議会議員倫理条例及び逐条解説(案)」(pdf形式)

【前回反映事項】
・実費弁償の規定
・市民が審査請求をした場合の署名簿閲覧期間:7日間
・選挙管理委員会による署名簿の確認を条例に記載

【残りの課題】
・署名簿の閲覧期間(日数、開始時点)
・署名期間が終了してから、議長に提出する期間
・押印が必要か否か(ポリシーの問題)
・議員による請求の場合は永久公開で良いかどうか
・会議禄を全文記録で残すか否か→
残すことで決定

 その後、第一部会の検討業務になっている「災害発生時の対応要額(素案)」について、議論し、以下の段階まで検討が進んだ。


柏崎市議会における災害発生時の対応要額(素案)

(趣旨)
第1条 この要領は、柏崎市において地震等の災害が発生したときに、柏崎市議会が
柏崎市災害対策本部(以下、災害対策本部という)と連携し、災害対策活動を支援するとともに、議員自らが安全を保ち、迅速かつ適切な対応を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(議会支援本部)
第2条 柏崎市議会議長(以下、議長という)は、地震等の災害により災害対策本部
が設置された場合、これを支援・協力するため、柏崎市議会内に柏崎市議会災害対策支援本部(以下、議会支援本部という)を設置することができる。

(議会支援本部の構成)
第3条 議会支援本部は、本部長、副本部長、本部員をもって構成する。
  2 本部長は、議長をもって充て、本部の任務を総括し、本部員を統括するものとし、必要に応じて本部員の招集を行うものとする。
  3 副本部長は、副議長をもって充て、本部長を補佐し、本部長に事故あるときは、その職務を代行する。
  4 本部員は、本部長、副本部長を除く全ての議員をもって充て、本部長の統括のもと、本部の任務に従事する。

(議会支援本部の任務)
第4条 本部は、次に掲げる事務をおこなうものとする
 (1)議員の安否等の確認を行うこと。
 (2)災害対策本部からの災害情報の報告を受け、本部員に情報提供を行うこと。
 (3)災害情報を収集・整理し、災害対策本部に提供すること。
 (4)被災地及び避難所等の調査を行うこと。
 (5)視察調査団等の受け入れに関わること。
 (6)必要に応じて国・県等への要望を行うこと。
 (7)その他、本部長が必要と認める事項に関すること。


 16時50分、第一部会が終了となり、その後、会派室で作業。

Nec_0002 18時、帰宅し、バナメイ海老を使った海老チリソース、青椒肉絲、ホッケの大吟醸造り、ひきわり納豆汁でご飯2杯の夕食をとる。
 ホッケの大吟醸造りは、大吟醸純米酒を入れた塩水にホッケを漬け込んだもので、身のしっとり感や塩気がちょうど良い逸品であった。

 19時から事務所や市内某所を行ったりきたりで電話も相次いだ。

 23時からネット上での会議。

|

« 総務常任委員会審査(平成24年度一般会計予、他)市民生活部、消防本部 | トップページ | 新潟県倫理法人会女性委員会
「東條英機という人間像」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/54233001

この記事へのトラックバック一覧です: 議会改革に関する特別委員会第一部会
災害発生時の対応要額
:

« 総務常任委員会審査(平成24年度一般会計予、他)市民生活部、消防本部 | トップページ | 新潟県倫理法人会女性委員会
「東條英機という人間像」 »