« 新潟中国総領事館問題周知活動
無念、佐渡市長選挙
| トップページ | 過激派「反原発」で活動家養成、NPOで資金集め »

2012年4月 9日 (月)

平成24年度柏崎小学校入学式
議会活動、議員活動自粛要請

 4時、就寝。

 8時に起床し、大粒納豆、叩きオクラ、鯖塩焼きでご飯2杯の朝食をとる。

 市役所に移動し、8時45分、議長室にて議会活動、議員活動自粛の要請書を手渡される。しかし、決定に至った会派代表者会議の議事録もつけておらず、さらに自粛要請する議員活動の内容についても、「(三井田の)ブログで(議長が)批判されて、問題と思っている」と発言したため、そんないい加減な仕事の進め方、表現の自由や政治活動も制限するような文書は受け取れない、と拒否し、返却した。

Cimg1996 9時40分、母校である柏崎市立柏崎小学校に移動し、10分前倒しの9時50分から平成24年度柏崎小学校入学式に来賓として出席する。
 新入生は男子33名、女子42名の計75名。新潟県教育委員会から補充教員1名を迎えた体制での新年度となる。
 新入生児童呼名では、元気よく「ハーイ」と大きな声で返事したために、つい前につんのめってしまうといった、微笑ましいシーンが見られた。

 入学式終了後、陳情のあった米山海水浴場に向かい、先日の爆弾低気圧により漂着物が大量に打ち上げられた状況を確認した。

Cimg1998

 現地確認したのち、市役所に戻り、11時40分に議長室に入る。今回は、会派代表者会議の議事録が添付されていたので、一応受け取る。
 内容は以下の通り。

120409_yousei

「120405_会派代表者会議メモ」(pdf形式)

*議員の身分にかかわる重要な会議が全文記録ではなく、要約メモというのはおかしい。ゆえに先日まで検討していた議員倫理条例のなかでは、審査会は全文筆記議事録、永久保存というかたちにした。

 しかし、次の議会の一般質問も自粛してほしいという点については、「No」の返事をした。議場において説明、弁明の機会も与えられず、対等な喧嘩でもないなか、一方的に喧嘩両成敗といった処分。このような杜撰な対応で、議員本来の仕事も制限されるのは納得がいかないところである。あとは状況をみて、法的な対処をさせてもらおうと思う。

 12時、一旦、自宅に戻り、冷やご飯に熱いもずくの味噌汁をかけたもの2杯、秋刀魚のかば焼きの缶詰で昼食をとる。

 13時30分から市内某所での打ち合わせ。本来は、同時刻から平成24年第2回臨時会に出席予定であったが、議会内の活動を自粛するよう要請されたので、出席できなかった。
 審議する内容は、「議第57号 平成24年度一般会計補正予算(第2号)」、「議第58号 平成24年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」、「議第59号 平成24年度下水道事業会計補正予算(第1号)」、「議第60号 控訴の提起について」、「承第5号 専決処分報告について(税条例の一部を改正する条例)」、「承第6号 専決処分報告について(都市計画税条例の一部を改正する条例)」、「承第7号 専決処分報告について(国民健康保健税条例の一部を改正する条例)」、「承第8号 専決処分報告について(東日本大震災に係る被災者に対する国民健康保険税の減免に関する条例の一部を改正する条例)」、「報第1号 専決処分報告について(教育財産に係る事故による和解及び損害賠償額の決定について)」。
 問題であったのが、「議第60号 控訴の提起について」である。
 ある事件に関して、柏崎市として控訴したいという議案で大まかな内容は以下の通り。


事件の経過

平成18年6月
 柏崎市と大和運送建設株式会社(以下「被告会社」という。)問で工事請負契約を締結(工事名:鵜川4号雨水幹線(第4工区)工事)
平成19年2月
 原告二男(以下「訴外人」という。)が田中地内カラオケ店付近市道の下水道工事によって生じた溝に転落。開口部から底部に転落した訴外人は、底部の水を吸引した結果、酸素欠乏状態になり、低酸素脳症を発症し、刈羽郡総合病院に搬送
平成21年4月
 訴外人が死亡
平成22年5月
 原告(訴外人の母親。以下同じ。)代理人が柏崎市と被告会社に対し内容証明郵便で請求
平成22年5月
 柏崎市と被告会社は、道路の設置・管理の暇庇がないとして支払できない旨を原告代理人に回答
平成22年11月
 原告が柏崎市に対しては国家賠償法第2条第1項に基づく損害賠償責任、被告会社に対しては民法第715条第1項に基づく損害賠償責任による支払を求めて新潟地裁長岡支部に提訴
平成24年1月
 上記裁判が結審
平成24年3月
 上記裁判が弁論再開・結審
平成24年3月
 上記裁判の判決言い渡し


 この議案については、被告会社が保険に加入していなかったことや、控訴しても責任割合が劇的に変わるわけではないこと、加えて弁護士への報酬などの費用面が、控訴して勝った場合でも割に合わないことから、 血税、柏崎市民である方のご逝去を考慮し、控訴すべきではないという思いであった。
 結果としては、賛成多数で可決されてしまった。

Cimg2001 18時、玉葱、もやし、ニラ、人参、えのきなど冷蔵庫の野菜室にあった野菜を使った野菜炒め、大根サラダ、揚げカレーパン、ご飯1膳、低脂肪乳で夕食をとる。
 最近、野菜を食べる機会が少なかったので、ここぞとばかりに野菜をとる。

Cimg2002 20時、柏崎青年会議所の事務局に移動し、2012年所属の環境エネルギー委員会で担当する4月公開例会のプレゼンテーション資料などの確認を行う。
 柏崎刈羽地区の自然そのもの、自然を使った遊びなど多くの写真があるため、その整理や公開例会の進行などをつめる。

120412_poster

 24時、帰宅。

|

« 新潟中国総領事館問題周知活動
無念、佐渡市長選挙
| トップページ | 過激派「反原発」で活動家養成、NPOで資金集め »

コメント

3月7日深夜の件について、議会は公式に説明することもなく、ただ市民に謝罪しただけでした。
でも何に対して謝罪したのでしょう?
そもそも今回の件で一般市民には何か実害があったのでしょうか?
真相がわからないので、ただ謝られてもわけがわかりません。
それに議会および議員活動自粛勧告は、議員に「仕事をしないでくれ」ということですよね。
それが果たして妥当な処分なのでしょうか?

一連の流れを見ていると、議会は今回の件を隠ぺいしようとしているように感じます。
開かれた議会とは程遠い現状、非常に残念です。

投稿: 紫 | 2012年4月10日 (火) 08時19分

S柏崎市議会議長は、地方公務員法違反で告訴すべきである。なぜなら、あまりにも今回の事件で、公平さに問題がありすぎるし、市議会議長は、地方公務員でいう、特別地方公務員であるから、「議会議員の行動を束縛してはならないという」条例文に抵触する事が明らかであるから、告訴をされても仕方がないだろう。M柏崎市議会議員は、S柏崎市議会議長に対して、断固として抗議をすべきであり、告訴する事も考えている事を、通告すべきではないだろうか。
 しかるに、S柏崎市議会議長とI柏崎市議会議員の辞職を求めるべきである。被害者として。断固戦うべきである。

投稿: ぺんぺん草 | 2012年4月11日 (水) 16時32分

 紫さん、コメントありがとうございます。
 捜査機関に対しては、こちらからすべての証拠品や証拠文書も提出しました。
 これまで一度も説明する場を議会で与えられておりませんので、結果が出次第、キチンと説明し、これまでの一方的な処分にも対応するつもりです。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年4月23日 (月) 12時05分

 ぺんぺん草さん、コメントありがとうございます。
 捜査機関に対しては、こちらからすべての証拠品や証拠文書も提出しました。
 結果が出次第、行動に移りたいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年4月23日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/54432541

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年度柏崎小学校入学式
議会活動、議員活動自粛要請
:

« 新潟中国総領事館問題周知活動
無念、佐渡市長選挙
| トップページ | 過激派「反原発」で活動家養成、NPOで資金集め »