« 第25回全日本ライフセービング種目別選手権大会ウェルカムパーティ | トップページ | 平成24年第3回定例会一般質問(日中国交正常化40周年事業、自主防災会の育成) »

2012年6月10日 (日)

どこの国の大使なのか?丹羽駐中国大使問題
漁船衝突事件、新潟中国総領事館移転拡大

 3時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、モクズ蟹でご飯2杯の朝食をとる。

 9時、事務所に来客。

 11時から市内の某イベントのお手伝い。

Cimg2276 ピーク時のお昼を過ぎたところで帰宅し、13時50分、市販の醤油ラーメンのタレにモクズ蟹でとったダシを加え、極太ストレート中華麺、干し納豆パウダー、煮豚をのぜたモクズ蟹ダシ醤油ラーメンで昼食をとる。
 小さなモクズ蟹を茹でてから叩き、スープストックを作ってあるので、気軽に蟹味が楽しめる。

 食後から事務所にて事務仕事。議会も開会したため、各種イベントのための資料づくりなど、事務仕事が溜まってしまっている。

Nec_0001 19時30分、スーパーで半額になっていたサーモンのカルパッチョサラダ、岩手産地鶏の塩焼き、小粒納豆となめ茸の和え物、ビール500ml3本、梅干しのおにぎり1個で夕食。
 男子バレーボールのイランvs日本を観戦したため、食後から明日の一般質問の準備に入るはずが、すっかり釘づけとなった。どこの国もリベロの運動能力は高いが、イランのリベロは仕事師と見受けた。

 風呂に入ったのち、22時から事務所にて事務仕事。

 中国をよく知るビジネスマンとしての期待されたのか、民主党政権において、元伊藤忠商事会長・丹羽宇一郎氏が平成22年6月に駐中国大使となった。就任の年には、尖閣諸島の中国漁船衝突事件の対応において、中国政府に早朝に呼び出された上、中国側の圧力に負け、さらに日本の企業・フジタの社員4人の拘束でも中国側と交渉できず、「素人同然」との批判が湧き上がった人物である。
 その後も対中政府開発援助(ODA)を打ち切らないような意見具申をしていたことに加え、現在も新潟市内で反対運動が起こっている新潟中国総領事館の移転拡大問題についても、北京大使館の増築とバーターで約束させられてしまっている。
 加えて今回、東京都の尖閣諸島購入計画に対する反対発言で民主党政権は火消しに躍起になっており、処分も加えないという。
 誰がどうみても、日本の大使ではなく、中国のスパイのような行動である。
 日本の国益のためにも是非、一刻も早く更迭してもらいたい。


平成24年6月9日『産経新聞』

政府、丹羽大使処分せず
石原知事「大使の資格なし」

 玄葉光一郎外相は8日の記者会見で、丹羽宇一郎駐中国大使が英紙インタビューで東京都による沖縄県・尖閣諸島購入計画に反対を明言したことについて「一切こういうことがないようにするということなので、今はそう受け止めている」と述べ、処分する考えのないことを明らかにした。
 丹羽氏からは外務省幹部を通じて、自らの発言について「大変申し訳ない。ご迷惑をお掛けした」との連絡があったという。
 これに対し、自民党は8日の外交部会で、丹羽氏の更迭を求めていく方針で一致した。会合では「大使の身分がこのままということになれば、日本政府として認めたということになる。口頭注意というレベルではない」(小野寺五典部会長)、「丹羽氏は、明らかに政府と違う見解を越権行為で言った。中国大使としてふさわしくない。代わっていただきたい」(山本一太前参院政審会長)といった批判が相次いだ。
 丹羽氏を召還して事実関係を確認すべきだとの意見も出たが、同省の新美潤アジア大洋州局参事官は「丹羽大使から釈明があったということで、整理ができたと考えている」と拒否した。
 尖閣諸島購入を計画している東京都の石原慎太郎知事は8日の定例会見で、丹羽氏の発言について「日本を代表して北京にいるべき人物じゃない。自分の国のことを勉強して物を言わないと、大使の資格はない」と厳しく批判した。

|

« 第25回全日本ライフセービング種目別選手権大会ウェルカムパーティ | トップページ | 平成24年第3回定例会一般質問(日中国交正常化40周年事業、自主防災会の育成) »

コメント

http://niigata.china-consulate.org/jpn/zlgdt/t939537.htm
在新潟中国総領事館の管轄に、新しく宮城県が加わりましたね。

管轄区を広げて職員を増やして。

手狭になるから5000坪の土地に大きな建物が必要なのです。

という様な説明をするつもりかと、勘ぐってしまいます。

それにしても、この新潟の総領事館の問題があるのに、あっけなく中国の申し出を許可してしまう日本政府には、ほんと呆れてしまいます。

投稿: @nyao4 | 2012年6月10日 (日) 21時00分

関係する大使は,元社会党左派の人間である。大学在学当時に、社会党に入党したのであるから、民主党副代表の立場からして、処分できないのが実態である。それにしても、小生と同じ民主党員でありながら、嘆かわしい限りだ。民主党から早急に元社会党左派系の国会議員は除名してほしいものだ。
 いつまでたっても正常な政治活動を民主党は行うことができないではないか。そうしないと日本の国益が守れないではないか。

投稿: ぺんぺん草 | 2012年6月11日 (月) 02時19分

 @nyao4さん、コメントありがとうございます。
 当該情報については、ご指摘の通りの言い訳に使うためのものと思っております。
 こういった論理を中国に許してしまうと、同じく新潟市にあります韓国やロシアの領事館からも同様の要求をされかねません。
 こういった揺さぶりをかけられている現状、日本はなめられたものです。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年6月12日 (火) 12時02分

 ぺんぺん草さん、コメントありがとうございます。
 該当大使の素性は私もよく分かりませんが、少なくとも日本の国益ではなく、中国の国益のために動いている人物のように思えます。
 一刻も早い召還、罷免をしてもらいたいものです。

投稿: 三井田孝欧 | 2012年6月12日 (火) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/54925095

この記事へのトラックバック一覧です: どこの国の大使なのか?丹羽駐中国大使問題
漁船衝突事件、新潟中国総領事館移転拡大
:

« 第25回全日本ライフセービング種目別選手権大会ウェルカムパーティ | トップページ | 平成24年第3回定例会一般質問(日中国交正常化40周年事業、自主防災会の育成) »