2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 放送「新潟中国総領事館問題のその後」
『日本よ、カダフィ大佐に学べ』
| トップページ | 公務員の個人情報漏洩:船橋市と柏崎市の違い »

2012年10月25日 (木)

東京都東村山市議会交流・昼食会
ウルトラの女神より

 3時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、福島県いわき市で買ってきた牛タンソーセージ、レタスサラダでご飯2杯の朝食をとる。

 ちょっと早い時間の食後から農業委員として、担当地区の松波、荒浜、高浜地区をまわる。通勤渋滞に巻き込まれてしまい、思ったようにパトロールができなかった。

Nec_0015 10時過ぎ、文化会館アルフォーレに移動し、2年に1回の議会交流をしている姉妹都市の東京都東村山市議会の皆さんと合流。
 記念撮影ののち、文化会館アルフォーレ内を視察して頂く。その間、突然のトラブルがあり、中座。

Nec_0016 11時30分、トラブル対処を終え、再び文化会館アルフォーレに移動。視察の皆さんをお待ちしつつ、改めて自分でも施設の詳細を見させてもらう。
 子供用の小さなトイレに微笑みつつ、先日の平成23年度第一部決算特別委員会の場で指摘させてもらった、光回線の公衆電話設置についても確認。これは文化会館アルフォーレが災害時にも使用できるという施設である以上、災害時には携帯電話(スマートフォン含み)での会話できなくなるため、日頃から公衆電話として置いておき、災害時にはここから複数の公衆電話を設置するという提案である。携帯電話を持たない高齢者も被災者になるため、配慮は必要となる。
 実際、AEDスペースにはモジューラとコンセントがあったので、いつでも設置は可能であった。携帯電話をもたない人のためにも、普段でも公衆電話を設置すべきであろう。

Nec_0018

Nec_0019 11時50分から昼食をとりながらの会食となり、地産地消条例にはじまり、日本の食料自給率の話まで意見交換をさせてもらった。
 地産地消や食育の話になったわりには、ご飯はもとより、地元らしいおかずは「鱈の親子漬け」だけだったのが、ホスト側としての我々柏崎市議会の配慮不足であった。

 同志である東京都議会・野田数議員の元秘書である三浦浩寿議員とも懇談。

 東村山市議会の皆さんをお見送りしたのち、所雑用をし、市内まわり。途中、東京都の石原慎太郎都知事の辞任とともに、新党結成の話が入り、関係者と連絡し合う。

 15時、一旦、自宅に戻り、急ぎのメールや手紙などを処理する。

 16時、事務所に来客。

 身支度をしたのち、17時30分、19時からの会議に出席する。

 19時40分、市内某所での自民党柏崎支部5役緊急会議に出席。今後の柏崎市長選挙への運動内容の確認を行う。

 会議終了後、買い物をしたのち、21時過ぎに帰宅。

Nec_0020 スーパーで半額になっていた刺身用かつおのたたき、海藻サラダ、小粒納豆と大根おろしの和え物、生卵かけご飯、ビール500ml3本で夕食をとる。
 かつおのたたきには生のニンニクスライスがよく合うので、青森産のにんにく3片ほどをスライスし、一緒に頬張る。明日の臭いが心配だが、ビールと合わせての至福の時間が優先である。

 22時、風呂に入ったのち、事務所にて事務仕事。

 毎年、柏崎産有機コシヒカリの新米をお送りしている「ウルトラの女神」、女優・桜井浩子氏からお気遣いの品をお送り頂いた。
 逆に恐縮するほどであり、ありがたい限りである。

Imgp0276

« 放送「新潟中国総領事館問題のその後」
『日本よ、カダフィ大佐に学べ』
| トップページ | 公務員の個人情報漏洩:船橋市と柏崎市の違い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都東村山市議会交流・昼食会
ウルトラの女神より
:

« 放送「新潟中国総領事館問題のその後」
『日本よ、カダフィ大佐に学べ』
| トップページ | 公務員の個人情報漏洩:船橋市と柏崎市の違い »