2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 責任転嫁の政治家:第46回衆議院議員総選挙と柏崎市長選挙 | トップページ | 「脱原発」言うなら現実的代案を »

2012年12月16日 (日)

第46回衆議院議員総選挙投開票
自民党圧勝!新潟全勝

 0時過ぎ、帰宅。熱めのシャワーを浴びて酔いを醒ましたのち、資料の読み込みを行う。途中で気分転換にと、「ルパン三世」のアニメ化40周年記念として27年ぶりのTVシリーズとなった「LUPIN the Third 峰不二子という女」のDVD2巻を観る。

 3時、就寝。

 9時に起床し、大粒納豆、粗挽きソーセージ、ポテトサラダ、シラスおろしでご飯2杯の朝食をとる。

 午前中は依頼された資料作成と印刷したもののお届けで市内まわり。

 12時、コンビニで購入した肉まん2個、低脂肪乳、おでん(大根、卵、牛筋、つぶ貝)で昼食をとる。

 14時過ぎ、予定していた仕事がキャンセルとなったので、ホームセンターで電線など電装用の材料を購入し、愛車プリウスの自分でつけたセキュリティ用品、DVDプレイヤー、車載カメラなどの機器の入れ替えや切り替えスイッチの増設などを行う。DVDプレイヤーはついに壊れ、車載カメラも高画質で大容量のSDHDカード対応品への交換である。

 久々の内装はずしだったので、かなり手間取り、ピラー外しにも時間がかかったので、作業中盤であたりが暗くなってしまった。機器の動作確認だけ行って、本格的な入れ替えは後日とした。

 16時30、事務所に来客。

Nec_0012 18時、トマトとモッツアレラチーズのサラダ、宮城県産の牡蠣を使った牡蠣フライ、粗挽きソーセージと根菜類(人参、ジャガイモ、蕪、玉葱)を多く入れたポトフ、手作りの青海苔を多めに入れたこんにゃく、小粒納豆、ご飯で夕食をとる。

 20時、自民党新潟第二選挙区支部長の細田健一選挙事務所に行き、開票を待つ。

 開票0%の段階で、新潟5区の自民党・長島忠美候補、そして新潟6区の自民党・高鳥修一候補に当選確実がでた。
 もうこの時点で万歳をしたくなったが、まだしばらく開票を待つ。

 全国の開票も進み、元職で今回は日本維新の会からの出馬となった西村眞悟候補、同じく日本維新の会から出馬した地方議員の同志三宅博候補の近畿ブロック比例、田沼隆志候補(千葉1区)での当選確実が報じられ、こちらも嬉しい限り。
 残念なことに、同じ草莽全国地方議員の会の仲間で、自民党から出馬した神谷宗幣候補(大阪17区)、日本維新の会から出馬した野田数候補(東京20区)、犬伏秀一候補(東京4区)、吉田康一郎候補(東京7区)は涙を飲むこととなった。

 新潟県内の6つの選挙区のうち、5つが自民党の勝利という結果が報じられるなか、なかなか我が新潟2区の情勢、当選確実はでず、最初にでたのは比例での当選確実であった。

 22時50分、やっと小選挙区において当選確実がでたため、細田健一候補本人が事務所に入り、万歳三唱、そして御礼の挨拶となった。

Nec_0002_2

  細田 鷲尾 渡辺 宮路
新潟市南区 1,923 1,151 281 177
新潟市西区 113 107 16 5
新潟市西蒲区 11,457 9,769 3,526 1,567
長岡市一部 11,367 9,316 2,532 1,381
柏崎市 19,622 16,628 5,312 2,408
燕市 16,529 17,053 2,888 2,609
佐渡市 15,725 11,907 2,838 1,439
弥彦村 1,861 1,757 344 227
出雲崎町 1,431 907 177 94
刈羽村 1,509 794 255 135
新潟2区合計 81,537 69,389 18,169 10,042

Nec_0003 23時40分、今回の選挙を手伝ってもらった自分の後援会スタッフとともに「中華そば 幸楽苑 柏崎店」 (電話:0257-20-6021)に移動し、 「生ビール(中ジョッキ) 473円」3杯、「ギョーザ 200円」2枚、「ちょっとおつまみ 315円」で慰労会。

« 責任転嫁の政治家:第46回衆議院議員総選挙と柏崎市長選挙 | トップページ | 「脱原発」言うなら現実的代案を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党圧勝!そして細田氏当選おめでとうございます。
これに驕らず、着実に政策を実行して頂けるようお願いします。

宇宙人は姿を消したが、どうしても落選して欲しかった残りの2人が、比例で顔を出したのは残念です。
これからは影響が少ないと思うが、再び蠢き出すことの無い様監視をして欲しいですね。

選挙活動お疲れ様でした。
そしておめでとうございます。
3年半で失われた日本を取り戻せるようよろしくお願いします。

私のところは1区ですが、
もう接戦で選挙報道とインターネットから
目が離せませんでした。
結果自民党新人が民主党を破って当選。
知名度の高いべテラン議員に勝つなんて快挙です。
私の1票も実りました。


  

新潟の全選挙区自民当選で圧倒的でした
おめでとうございます。

ただ比例区の割合を見て、民主党が悪すぎたから
勝てたとも考えられますね。
政策を間違えれば、今度は維新が伸びると考えられます。
民意と政治のバランスを見てがんばっていただきたい。

近所の掲示板は、「3」は最後まで貼られませんでした。

疲れさまでした。

今回の選挙結果は、どの区も大方予想通りでしたね。

わたくし的には、民主党の中で、割りと仕事をしていた人たちが比例で復活したのではないかと思っています。

確かに、選挙区で負けたのに、比例で復活するのは良いような悪いような…。府に落ちませんけどね。

そもそも、この選挙制度。選挙区だと1人しか当選しないので、立候補者が増えると死票も増えて、あまり民意が反映されないのではないかと思います。

たから、その死票を救うために比例復活があるのでしょうけれど。

やはり、この現行の選挙制度を見直すべきではないかと感じた今回の選挙でした。

 雄太さん、コメントありがとうございます。
 選挙に関する御礼は述べられないので、今後の動きで見せるよう当選したご本人にもお伝えしたいと思います。
 また、ご指摘の2人については同感であり、特にすっからかんの方については、いまだに7万3000票近くを入れる方がいることに驚きました。

 ゆりごんさん、コメントありがとうございます。
 これだけ壊れた日本を立て直すのは大変ですが、安倍新政権には期待するところです。
 私も一票が無駄にならずにすみました。
 ただ、小選挙区制度を続けていく限り、死に票もでるので、中選挙区制度へ戻すことも必要ではないかと感じているところです。

すみません

先日のコメントにて「お疲れさまでした。」の「お」が抜けてました。

選挙戦お疲れさまでした。

マスゴミのあからさまなネガキャンにも負けず
国民は「今度は」騙されませんでした!
この3年半ちかくの間に日本は解体寸前にまで
追い込まれてしまっていたので、
日本国民は「今回は」正しい判断を下しました。

選挙速報を見ながら、あの悪夢の3年半前を
思い出して涙が出ました。

豊かな日本を取り戻すために私達日本国民は
心を合わせて頑張りましょう!!

1区の石崎さんの当選、よかったですね。
新潟中国総領事館問題を考える会が主催した
井上和彦氏の講演会にも石崎さんのお姿がありましたよね?
三井田さんのご指導で石崎さんも、三井田さんのような真正保守議員に
育って下さいますよう、応援いたします。

遅くなりましたが新潟で自民党の全勝おめでとうございます。
中国領事館のある1区で自民党の若手が当選したことはたいへん心強いことです。
ぜひ連絡を密に取り連携して領事館移転を阻止してください。
そして原発立地区でも自民党が勝ったことは脱原発が争点にならず、再稼動が肯定されたと言うことです。
原発の安全確保を最優先に三井田議員のご活躍を願っています。

 通りすがりの柏崎市民さん、コメントありがとうございます。
 自民党が勝ったのではなく、民主党の自爆が主だったように感じております。
 国民政党としての自民党の政策がどこまで実現できるか、第二次安倍内閣に期待しております。

 三角ムさん、コメントありがとうございます。
 強風にはがれていた「3」もありました。こちらで直すわけにはいかないので、敵に塩を送る、ではないですが関係者に連絡しました。

 奥さまは魔性さん、コメントありがとうございます。
 小選挙区制度については、今回、教科書通りの結果だったと思いますが、本当に日本に合った制度なのか、ということは私も感じたところです。
 ネット選挙の解禁と中選挙区制度の検討を行ってほしいところです。

 アビゲイルさん、コメントありがとうございます。
 日本国民の大半の方が、このままでは国が崩壊してしまうことを実感していたことと思います。
 1区のみならず、新潟県選出の国会議員となった方々には、新潟中国総領事館問題について詳細をお話しさせてもらい、実際に行動をとってもらえるよう働きかけます。

 カネゴンさん、コメントありがとうございます。
 新潟中国総領事館問題、そして原子力発電所の再稼働とやるべきことを今回当選した代議士に動いてもらうべく、動きたいと思います。

先ごろの市長選といい総選挙といい,自民党のやり方にちょっと不信感をもっています。
落下傘候補の擁立は止めるべきです。
特に,市長選はそう思います。

当然に次の市長選に向けて,候補者は擁立されていますよね。

 権兵衛さん、コメントありがとうございます。
 一応、公職選挙法上は議員はその地元に住んでいる必要がありますが、首長の場合はその要件がありません。
 ただ、今回の市長選挙の場合は落下傘ではなく、既にご自宅が柏崎市内にあり、かつ地元のご出身ということもありました。現在の市長が立候補したときには、ご自宅は長岡にありましたので、リアル落下傘といえます。
 次の市長選までは4年ほどありますので、今から擁立という段階にはない状況です。
 衆議院議員の候補者については、地元から立候補したいという方がでなかったところが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第46回衆議院議員総選挙投開票
自民党圧勝!新潟全勝
:

« 責任転嫁の政治家:第46回衆議院議員総選挙と柏崎市長選挙 | トップページ | 「脱原発」言うなら現実的代案を »