« アメリカ海軍、新造艦の名称は「イノウエ」 | トップページ | 講演会「沖縄が中国になる日~新潟県民が知るべきこと~」惠隆之介氏 »

2013年5月29日 (水)

建設企業常任委員会協議会(職員万引き事件)
長野県山ノ内町区長会視察

 なかなか仕事が終わらず、4時から7時まで事務所の机に突っ伏して仮眠。

 7時30分、大粒納豆、目玉焼き、ほうれん草のおひたし、蕗の薹味噌、モクズ蟹でダシをとったジャガイモの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後からも事務所で資料作成。

 9時30分、市役所玄関にて、東訪振興協議会の理事の皆さんと待ち合わせ、北鯖石コミュニティセンターに移動する。

 10時から柏崎市として災害時相互応援協定を締結した、長野県山ノ内町の区長会の皆さんの視察に参加。

・その他の災害時支援協定
 三重県桑名市、東京都東村山市、神奈川県秦野市

・山ノ内町の旅館・ホテル収容人員
志賀高原 2万1千人
北志賀高原 9600人、
湯田中渋温泉郷 5200人
     計3万5800人

Cimg0422 テーマは防災であり、まず北鯖石コミュニティ振興協議会のM主事から「顔の見える活動で災害に強い地域づくり~”いざ”という時生かされる地域の力~」として、取組みのご紹介があった。
 非常に参考になる内容であり、東訪振興協議会のみならず、ご相談頂いている他の地区の防災関係者にもお伝えしたいほど。

Cimg0425 続いて、東訪振興協議会から「5町内会 協働プロジェクト~実働する防災組織への発展」として、これまで3年間の取組みをご紹介させてもらった。
 今年10月には長野県山ノ内町を訪問し、それこそ「顔が見える関係」の構築をしようと計画しているだけに今回の機会は渡りに船であった。

 11時40分に終了し、自宅に戻る。

 12時、昼食を作ろうかと思っていたところ、緊急の電話が入り、市内某所に行き対応する。

Dcf00002 13時過ぎ、市役所に移動し、13時30分から建設企業常任委員協議会に傍聴出席。
 議題は、多くの柏崎市民の方から苦情を頂いたガス水道職員による非行行為(万引き事件)についてである。
 ガス水道局長以下の謝罪ののち、当局からの報告は以下の通り。

・事件の翌日、本人、配偶者から職場に電話で報告があり、翌日に聞き取りを行った。
・内容としては「3月27日夜、市内スーパーにて缶飲料の代金(538円相当)を支払わずに店をでたところ、警備員に発見された。逃亡の恐れがない、初犯であることから逮捕ではなく、任意同行による検挙となった」とのこと。
・自主的に自宅謹慎をし、3月28日から年次休暇を消化、4月2日、3日は出勤したが、4月4日から処分日の前日までは年次休暇による自宅謹慎。
・警察からの事情聴取は4月5日、25日の2回、配偶者については4月11日に1回行われた。
・本人から5月13日に書類送検になるとの報告を受け、同日に処分した。
・処分の公表にあたり、柏崎警察署に照会を行い、事実確認した。
・普段の勤務態度もよく、初犯であること、反省もみられることで処分を決めた。
・5月21日、検察より起訴猶予となる見込みと告げられたとの報告が本人からあった。

 説明ののち、質疑応答が行われた。

Q.3月27日に発生して、処分が5月13日というのは遅いが、何故時間がかかったのか。
A.事実の確認をすることに時間を要した。警察の捜査内容との相違がないか確認した時間。

Q.率直に聞くが、発表では「非行」となっている。いわゆる万引き行為は非行なのか、犯罪ではないのか。
A.万引きは犯罪である。しかし、根拠法である地方公務員法の用語として「非行」と発表した。

Q.一般的な「非行」は青少年の場合である。本当にそれでいいのか。
A.あくまで地方公務員法に則った発表をさせてもらった。

Q.他の自治体ではどうか。
A.表題では、非行と使うのが通例であり、内容として窃盗罪として使う。

Q.ほとんどの自治体は実名報道をしている。なぜ実名報道をしないのか。
A.市の公表基準において、懲戒免職しか実名報道しないこととなっている。

Q.初犯でもあるとの説明があったが、内容は把握しているのか。14本を一回でもっているわけではない。2回持って行っている。これが初犯で許される内容なのか。知っているのか。
Q.常習性があるのではないか。その辺は調査したのか。

A.3月28日に本人から事情聴取したのち、スーパーに伺って店長と話をした。2回に渡り犯行をしたことについては、店長からは聞いていない。あとは警察の捜査に任せる。

Q.万引きGメンに缶コーヒー1本、2本で見つかったものではなく、2回で14本という話は犯意が大きい。本人からは聞いていないのか。
A.本人からは聞いておらず、警察からも聞いていない。今、初めて聞いた。

Q.普段の勤務態度から気づきはなかったのか。
A.勤務態度も良好で業務改善に一所懸命であった。

Q.本人の家庭環境は万引きしないと生活できない困窮さだったのか。公務員の給与は市内の企業より高いはずであり、疑問がある。
A.生活できないわけではないと思っている。配偶者からの話では、お金に困っているような話はなかった。動機は分からない。

Q.動機が分からないのに処分するのはおかしいじゃないか。これは癖なのか?500円あたりでなぜそんな事をしなければならないのか。
A.本人に聞き取りしたところ、動機は覚えていないとのことだった。癖という話もあるが、過去において万引きの話やギャンブルの話も聞いていない。

Q.コンプライアンス委員会を作ったり、会田市長をはじめ法令遵守などに取り組んできたはずではないのか。
A.ガス水道局としては平成22年には逮捕事件があり、コンプライアンスに取り組んでいたところ。風通しよく改善に取り組んできていた。こういった事が起きたことは遺憾であり、さらに強く改善を進めていきたい。

Q.昨年12月に決議をしているばかりである。これも聞いていなかったということか。議会としては考えなければならない問題。犯罪が起きている実態をよく考えるべきではないか。
A.刑法235条の窃盗の罪である。市としても認識しており、「非行」という表現には誤解も生じると思うが、明確に刑法の嫌疑がかかっていると認識している。

Q.処分は他の自治体を参考にしたのか、柏崎市独自の判断なのか。妥当なのか。今後の対策はどうか。
A.処分は行政処分であり、刑事処分とは連動しないものであり、任命権者である市長の裁量で決定した。平成13年にも業務中に個人のお宅に入って窃盗した事例があり、停職3ヶ月であった。他市の事例をみて、決定した。
A.今後の取組みについては、これまでの取組みの反省を踏まえて、きめ細やかにやっていきたい。

Q.業務中ではない事案であるため、管理できない事は承知しているが、公務員である。今回の件は、公務員への怒りで満ちており、民間企業とはまったく違う。税金で(万引き犯を)食わせるのか、という厳しい意見が多い。処分の妥当性が分からない。どう考えているのか。
A.集落での寄り合いでもお叱りを受けることが多い。公務員以前の問題であると捉えている。今回は他の事例をもとに処分を決めさせて頂いた。

Q.逮捕事件以来、柏崎市役所は不祥事が頻発している。何回もコンプライアンスの確認など行っている。厳しくしなければ、市民からは信頼されない。性根を据えてやってもらわなければならない。
Q.本人からの依願退職の申し出はないのか。

A.性根を据えて取りかかる決意をしている。依願退職の話は本人からは聞いていない。

Q.実名報道などの抑止策については考えられないのか。
A.公務員を取り巻く状況を鑑みてのご指摘かと思う。市当局との研究をしていきたい。

Q.市職員のプライバシーを守るための匿名は、身内を庇うだけに見える。こういった態度でいる限り、不祥事は絶えない。<強い意見>

 14時25分に終了。そもそも任命権者である会田市長がいないため、少し消化不良であった。次の一般質問で取り上げると通告してあるので、議場で追及したいと思う。

 他の会派の議員と意見交換をしたのち、昼食をとる暇もなく、新潟市に向かって移動。

Cimg0435 17時、新潟空港に到着したので、売店でカロリーメイト(チーズ味)を購入して、かなり遅い昼食をとる。
 売店には、ゆるキャラのレルヒさんやトッキッキのめいぐるみも売られており、どっちが売れているのか聞いたところ、意外にもレルヒさん、とのことだった。

 沖縄の那覇空港からお越しになった惠隆之介氏をお迎えし、宿泊先の新潟東映ホテルに移動。

Dcf00003 19時30分から新潟市内某店で有志での懇親会を行う。八海山の梅酒、八海山ビールを飲みつつ、のっぺ、えご、村上牛など新潟県らしい食材を楽しむ。
 デザートとして、普段はめったに食べないイチゴ「越後姫」。シメがスイーツだとしっくりこない。

Dcf00004 23時、お開きとなったものの、腹が落ち着かないため、「すき家 新潟東大通店」(電話:03-6833-1291)で「牛丼中盛弁当 380円」「玉子 50円」を購入してからホテルに戻る。
 部屋で牛丼を食べつつ、持参してきたノートパソコン(ThinkPad X61,SSD,SXGA+化,LEDバックライト化)で急ぎの仕事を行う。

« アメリカ海軍、新造艦の名称は「イノウエ」 | トップページ | 講演会「沖縄が中国になる日~新潟県民が知るべきこと~」惠隆之介氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アメリカ海軍、新造艦の名称は「イノウエ」 | トップページ | 講演会「沖縄が中国になる日~新潟県民が知るべきこと~」惠隆之介氏 »