« 新潟県:水源地保全、外資買収対策へ | トップページ | 廃家電の15%不正輸出と「無料回収」業 »

2013年5月23日 (木)

就労継続支援B型事業「のんぴーりAXIS」視察

 2時、就寝。

 6時に起床し、大粒納豆、生卵、山芋とろろでご飯2杯の朝食をとる。

 食後、愛車で新潟市に向かって移動。

 9時から、先日本ブログでも紹介記事を引用した就労継続支援B型事業「のんぴーりAXIS」を公明党・若井恵子議員、福祉関係者とともに視察させてもらう。
 知的障がい者の働く場として、また都市鉱山、資源の有効活用として小型電子機器の回収、分解、分別作業を行い、基板等をリサイクルにまわすという事業である。
 まずは新潟県工賃向上技術アドバイザーの難波氏から現場をご案内頂いた。
 ご説明頂いた内容等は以下の通り。

・新潟市からの小型家電等の回収については、随意契約をしており、1kgあたり21円。
・西区役所をはじめ、回収ボックスを置いてあり、週1回木曜日に回収している。
・個人や企業からは廃棄予定のパソコン等の寄付があり、市で回収する量との比較だと1:9で圧倒的に個人や企業からの寄付が多い。
・回収品目のなかに家電4品目はない。携帯電話については、バッテリーを外すのみ。
・大手企業のコーディネートがあることで成り立っており、基盤ネットワークでスケールメリットをだすことで利益を得る。最低300kgでの出荷となる。
・作業は1日5時間であり、見える部分のビスなどを全部外すということを基本に教えている。
・基盤ネットワーク内では1ヶ月約1トンの基盤が集まる。

Cimg0391

・基盤からはボタン電池やヒューズなども外し、破砕しやすいようにしている。

Cimg0395

・ハードディスクなど情報が含まているものについては、円盤に傷をつけることで情報の復元ができないようにしている。

Cimg0399

・バッテリー類は外すだけでケースつきのまま。
・基板の鉄などは除去し、ヒューズやボタン電池を外す。

Cimg0398

・ビデオデッキの磁気ヘッドやモーター類、スピーカー、トランスなどはそのまま分別。作業者が分かりやすいような配慮を行っている。

Cimg0405

・問題となっているのは、ケースなどのプラスチック。金属がついていてはダメであり、表記されている(ABS等)材料別に分ける。不明なものについては、出来る限り分別したものの価値と相殺するかたちで引き取ってもらっている。

Cimg0407

 現場を視察させてもらったのち、新潟県基盤ネットワークの発起人である庄司氏から、事業概要のみならず、福祉にかける想いなどアツい、アツいお話を頂き、非常に充実した視察となった。

 柏崎市として小型家電の回収をはじめたことに加え、障がい者の雇用の場という意味合い、そして「無料回収」という名の業者が外国へ希少資源を流出させていることから、早急に取り組むべきものと実感。問題は、プラスチック分別とどれだけブツを回収できるかにかかっているように思う。

 12時、御礼を述べて施設をあとにし、新潟市内の某公的機関にて資料をもらう。

Dcf00003 12時30分、万代バスセンターの浦浜ソバコーナーの名物「カレーライス 460円」で昼食をとる。
 「生たまご 40円」を追加して、卵カレーとしゃれこみたかったものの、小銭がちょうど460円しかなく、かつ残るは1万円札。自動券売機の後ろには列ができていたため、断念した。

 新潟市内で平成25年5月30日に行う『沖縄が中国になる日』講演会企画の周知等、所用を済ませ、柏崎まで一気に戻る。

 柏崎市内に戻り、15時から新潟工科大学にて災害時のICT利用に関する打ち合わせ。

Dcf00004 17時に自宅に戻り、17時30分、秋刀魚の一夜干し、ほうれん草とコーンのバター炒め、ご飯2杯で早めの夕食をとる。
 つい癖で炒め物の際に塩、黒胡椒を振ってしまうが、バター炒めの場合はバター自体の塩分が強く、今回はしょっぱめになってしまった。

 18時30分、某氏の車に乗せてもらい、県内某市の公共施設に向かって移動。

 20時から公共施設の会議室にてイベント開催の相談を受けたうえでの打ち合わせを行う。

 23時、帰宅。熱めの風呂に入ってリフレッシュしたのち、打ち合わせ議事録の確認を行う。

|

« 新潟県:水源地保全、外資買収対策へ | トップページ | 廃家電の15%不正輸出と「無料回収」業 »

コメント

三井田様
早速の行動 有難うございます。
折角の大事な資源を中国などに持って行かれないように
国内で全部処理するような体制に、早く物事が進むよう祈っています。
色々思いは有りますが、頭(知識)なし、腕(技術)なし、懐は空  ハイ!  では
どうにもなりません。
引き続き宜しくお願いいたします。

投稿: 雄太 | 2013年5月26日 (日) 13時19分

 雄太さん、コメントありがとうございます。
 基板回収については、実施主体となる団体さんで検討が進むようです。
 資源を大切にすることこそ、平和の道につながると思っております。

投稿: 三井田孝欧 | 2013年6月 3日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/57455570

この記事へのトラックバック一覧です: 就労継続支援B型事業「のんぴーりAXIS」視察:

« 新潟県:水源地保全、外資買収対策へ | トップページ | 廃家電の15%不正輸出と「無料回収」業 »