2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 平成25年柏崎市議会第12回会議
柏高募集定員削減1年前倒し撤回を求める意見書
| トップページ | 総務常任委員協議会(クリーンセンター16本タイヤ紛失事件) »

2013年10月24日 (木)

新潟県条例:水源地保全、検討状況

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鰺の開き、もずく酢、蜆の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時過ぎから農業委員会として、担当地区の松波、荒浜、高浜地区をまわる。途中、顔見知りの方と何人かお会いすることができ、市政や国政に関するご意見を多々頂戴した。全部が解決できるものではないが、何とか実現したい。

Dcim0012 13時30分、豚コマ切れ、キャベツ、もやし、人参、玉葱、ニンニクみじん切りを炒め、 「日清のあんかけラーメン 2人前」の麺、スープを使ったあんかけ醤油ラーメンを作って、昼食にする。
 隠し味に干し納豆パウダーをたっぷり入れたため、化学調味料の追加なしのラーメンに仕上がった。

 15時、17時と事務所に来客。

Dcim0001x1 21時、SPF豚の切り落としをの胡麻しゃぶ、茹で卵、2013年版『ビーフカレーLEE 辛さX30倍』をご飯にかけた激辛カレー、ビール500ml3本で夕食をとる。
 トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーが激辛小袋に入っており、辛さが45倍になるという商品で、かなり辛さに仕上がった。

 現在、国政においては外国資本による国土の取得に関しての制限が議論されている。新潟市内における在新潟中国総領事館問題に代表されるように、外国資本による日本国土の買収の実態は掴めていないところがあり、民間の取引では結果的に登記簿の情報に頼るしかない。
 こういった事に対応するため、新潟県ではまず水源地の土地の取得制限への条例化に乗り出した。まだ水源地を外国人が取得することが少ないと林野庁は発表しているのの、実際にはトンネル会社の存在もあり、全体把握は難しい。抑止力としても今回検討されている水源保全のための条例は非常に意味のあるので、是非、進めてもらいたい。


平成25年10月17日『新潟日報』

水源地保全 県が条例案
売買30日前まで届け出
検討委会合

 水源地域の保全について議論する県の検討委員会(会長・竹内公男新潟大名誉教授)が16日、新潟市中央区で開かれ、県は水源地の売買を規制する条例の骨子案を示した。案では水源地域に指定された森林の所有者らに、土地売買の30日前までに契約相手の氏名や利用目的を知事に届け出ることを義務付けている。違反者に5万円以下の過料を科す罰則も盛り込んだ。

 県が示したのは「県水源地域の保全に関する条例(仮称)」の骨子案。外国資本による森林買収が問題になる中、相続以外の権利の移動を広く制限する。
 県によると県は土地所有者らから売買や贈与、貸借などの届け出を受けて市町村に通知する。市町村の意見を踏まえて、水源地として適切に利用してもらうよう所有者に助言し、買い主にも伝えてもらう。開発目的で水源に悪影響を及ぼすことが予想される場合などは、所有者に売却先の再検討を求めることも想定している。
 無届けや虚偽の届け出には是正を勧告し、従わない場合は違反者を公表できる。違反者への過料も明記した。
 水源地域は民有林を対象に知事が指定する。骨子案とともに県が示した基本指針案によると、水源としての機能が低いと判断された森林以外は指定する方針だ。新潟市の海岸林など平野部の一部を除き、県内民有林の95%程度に条例が適用される見込み。本県の民有林面積は約56万ヘクタール。
 会合では、森林開発に関する別の規制との関係などが確認され、骨子案が了承された。会合後、委員を務めた神田敏郎阿賀町長は現状では開発目的があっても分からず、売買が進んでいることがある。条例が一つのチェックになる」と話した。

« 平成25年柏崎市議会第12回会議
柏高募集定員削減1年前倒し撤回を求める意見書
| トップページ | 総務常任委員協議会(クリーンセンター16本タイヤ紛失事件) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県条例:水源地保全、検討状況:

« 平成25年柏崎市議会第12回会議
柏高募集定員削減1年前倒し撤回を求める意見書
| トップページ | 総務常任委員協議会(クリーンセンター16本タイヤ紛失事件) »