2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 地方議員は金持ち?
地方議会の惨状・現状・その未来
| トップページ | 在新潟中国総領事・何平氏講演「新潟は環日本海の拠点」 »

2014年7月20日 (日)

2014どんGALA!祭り
サンバdeブラ汁ブシャァー

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、ジャガイモとピーマンの油炒め、モロヘイヤの醤油マヨネーズ和え、皮鯨と夕顔の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 身支度をして、8時30分、えんま通りに行き、本日の2014どんGALA!祭りの準備を行う。
 昨年は大雨のなかでの実施であったが、今回は快晴。受付、給水所、販売缶バッジなどをセットして、10時過ぎには準備が完了した。
 朝っぱら何であるが、スタッフ有志にて泡がでるガソリン500ml2本を飲み、景気づけ。

 11時から最初のチームの登場となり、暑いなか、アツい演舞が行われた。今日はちょうど姪っ子がお泊まりをしていたので、姪っ子に踊りが上手な人に缶バッチをかける役をお願いした。

Cimg3459

 毎年恒例のことながら、

 「何ねぇ、アンタまだ独身?
    おやまぁ~
         せつねぇー」

とおばちゃんにご指摘を受ける。結婚しないのかと野次られた某都議会議員のように、ここで泣かなければならないだろうか。

Cimg3460

Dcf00001r1 12時30分、さらに泡がでるガソリンを頂戴したので、ゴクゴクと補給しつつ、昼食として用意された「おにぎり 二個入り 焼鮭 ツナマヨネーズ」、お茶で昼食をとる。
 泡がでるガソリンは飲む分には良いが、結局、出す方も多くなるので、今日のような灼熱の太陽の下では、同時に別の水分補給も必要となる。

Cimg3462

 13時40分、一旦、休止となり、今年初めての試みで商店街を盛り上げるための「ぐるぐるグルメフェスタ2014」で招聘した、群馬県大泉町観光協会のサンバチームが練り歩き。

Cimg3463

 クレヨンしんちゃんもビックリのお尻プリプリっぷりに多くのオトーサン世代、目が釘付け。まさに、

 「ブラ汁、ブシャァァー」

である。

 八坂神社の御神輿ののち、再開。晴天なのは良いが、かなりの暑さであり、2名の方が熱中症らしき症状となった。赤十字の救急法セットを持参していたので、心肺停止や怪我などには対応できるものの、やはり熱中症には、氷が必要である。叩くと冷たくなる冷却バッグがあるが、その場合、患部が0度以下になる可能性があるため、氷がベスト。

 最後から二番目の演舞は、福島県全域からの参加した「うつくしま復興PR隊」であった。演舞終了後、観客の皆さんに支援のお礼を述べていたのが、印象的。

Cimg3466_2

Cimg3469

 16時過ぎ、一応、担当部署であるえんま通りの演舞がすべて終わったので、後片付けをしたのち、お手伝いをしてくれた姪っ子のご褒美を買いに地元のおもちゃ屋さんに入る。
 女の子なので、それらしいおもちゃを選ぶかと思ったら、何と人生ゲームであった。

 17時、自宅に戻り、シャワーを浴びる。

Dcf00001 18時、事務所に来客。打ち合わせに来た某氏であるが、お土産で缶コーヒーについてきたという「攻メの日産名車GT-R・FairladyZブラックカーコレクション」の「Fairlady Z-L(S30、初代)」を持ってきてくれた。ちょうど先日、電話で『よろしくメカドック』の話をし、Fairlady Z(S130型)しかチューニングしない登場人物・「チューナーの神様」渡辺俊光が話題になったことからだった。本題とは違うところでの気遣いに微妙な感じであるが、ありがたく頂戴した。

Dcf00003r2 20時50分、災害時の応援協定を締結している神奈川県秦野市の農協工場で製造している「農協の 特級丸細うどん 多加水熟成麺」を茹で、ひきわり納豆を入れたつゆ、梅ペースト、冷や奴、ビール500ml4本で夕食をとる。

 食後から録画しておいたテレビ番組、十数本を一気に倍速で観る。

« 地方議員は金持ち?
地方議会の惨状・現状・その未来
| トップページ | 在新潟中国総領事・何平氏講演「新潟は環日本海の拠点」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014どんGALA!祭り
サンバdeブラ汁ブシャァー
:

« 地方議員は金持ち?
地方議会の惨状・現状・その未来
| トップページ | 在新潟中国総領事・何平氏講演「新潟は環日本海の拠点」 »