2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 新潟日赤センター爆破未遂事件と靖國神社 | トップページ | 2014ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」
平成26年度柏崎地域自衛隊協力団体意見交換会 »

2014年7月25日 (金)

柏崎・刈羽長島クラブ、国政報告と納涼バーベキューの集い

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、紅鮭の甘塩鮭、生卵、きゅうりの酢の物でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎから、市外からお越しになったご家族や知人を海水浴場にご案内する。ご家族はプライベートビーチ感たっぷりの米山海水浴場、知人は岩遊びがしたいとのことだったので、薬師堂海水浴場にそれぞれお連れした。
 薬師堂海水浴場から徒歩にて帰宅したが、あまりの暑さに熱中症になりそうだった・・・。

 14時、自宅に戻り、水風呂に入る。体を冷やしたのち、フランスパン(バゲット)、プロセスチーズ、低脂肪乳、ヨーグルトで昼食。体が熱くなっているので、すんなりとパンが喉を通らない。

 昨日、一時的な雨のため、今日に順延となったマーチングパレード。甥っ子と姪っ子が演奏するので見たかったが、事務所に来客があったため見られず、新規事業について打ち合わせを行う。

 17時40分、シーユース雷音に移動し、18時から柏崎・刈羽長島クラブ主催の自民党・長島忠美衆議院議員の国政報告と納涼バーベキューの集いに出席する。
 ミニ講演会「最近の国政から」と題した国政報告会の内容は以下の通り。

Dcf00002

・小選挙区で当選してから1年半が過ぎた。農林水産省で政府側としてしばらく仕事をしたが、いまは自民党の党務、議会運営委員会のメンバーとなっているので、国会を離れられない。
・復興加速化本部の仕事もしているので、そちらも手を抜けず、総理への要望などをまとめている。中間貯蔵施設、帰還可能区域の方の地域コミュニティなど課題が多い。
・中間貯蔵施設は例の発言もあり、仮に合意をもらったとしても2年間では難しい。発生している量は、1日トラック2000台で10年、4000台でも5年だが、それだと道路がもたない。仮置き場の期限もあり、運搬に着手しなければならない。政府が言いづらいところ、泥をかぶるのが党の仕事となる。国が福島の面倒をみることは確実で、東電からの賠償以外にも国も支援する。去年は150回ぐらい往復している。
・消費税3%上がったが、それは社会保障、医療、介護、子育てなどのプログラムに使うということになっている。しかし、財務省と厚生労働省は利用者負担も上げる方向でいるので、そこには一言入れなければならない。
・官邸は、景気の良い首都圏をみているので、さらなる2%の消費税を言っているが、地方の実態は違う。新しい雇用も増えているわけではないので、景気対策の補正予算を打って、地方の景気が回復するという仕掛けが必要である。それができないなら、慎重な態度にならざるを得ない。
・ガソリンも値上がりしている。日本はエネルギーをどうしていくのか考えなければならない。メタンハイドレートにしても実用化までは時間がかかる。現実的なエネルギーを選択する必要がある。新潟県全体の土地改良区でも全体で2億円から3億円の負担が増えたが、これは電気代によるもの。まさか、すべてを農業者に負担させるわけにもいかない。所得を増やして、負担できる社会構造に変わったあとなら良いが、まずは現実的な選択をし、電気料金も安くしなければならない。
・社会保障もあと20年は、危機的状況が続く。団塊の世代をはじめ、年齢別、人口の問題がある。圧倒的な景気回復があれば別であるが、東京と地方の景気は離れている。
・集団的自衛権は、根本的に考えれば、解釈で容認するのは正直なところ慎重な立場。憲法改正が先という考え。しかし、現在の中国、イスラエルなど世界情勢を考えると早急に対処しなければならない。日本を守ってくれている国がいても、日本は助けない、とすれば抑止力にはならない。戦争はしないという根本をもって、いざとなれば立ち上がるという態度でいることが抑止力になる。集団的自衛権で、いきなり戦争になるという論調があるが、集団的安全保障と間違えないでほしい。戦闘地域にでていって、戦争するのは集団的安全保障。順序は、秋に国会内での議論、来年春から国会からの立法が始まる。過激な憲法解釈にいくとは思えない。
・憲法改正というと、すぐ9条ということになるが、結果的に同じ憲法になるかも知れないが自分たちの手で憲法を制定することが大切。現在の日本憲法には、日本独自の文化や歴史などは反映されていない。アメリカが作った憲法なので仕方ないが、日本の暮らし方、地域の在り方も議論すべき。
・先日、モンゴルに行ってきた。中国とロシアから強い影響を受けてきた国である。草原は星は綺麗であったが、圧倒的に作物が育たない土地。米、野菜が獲れない。中国、ロシアから輸入しているのが実態。自立をしようとしており、お金で支援することもあるが、教育で支援することが必要ではないかと思って、現地に行った。モンゴルの科学大臣は長岡で勉強した人なので、話がうまく通った。現在、新潟県内の大学との連携を進めている。問題は一つあり、モンゴルは物を運ぶとき、空路を別とすれば、他の国を通る必要がある。ゲルに泊めて頂いて、相撲や子供競馬(27km走る)を楽しむこともできた。日本が忘れようとしているものが、モンゴルにはある。

・柏崎の皆さんには、来年の統一地方選挙を地域としてよく考えてもらいたい。共有できる人たちで協力して県議選、市議選をやって、長岡とも同じ方向を向いて、仕事をしなければ、地域は強くならない。みんなで想いを共有して、選挙に取り組んで、政治の空白を生まないようにしてほしい。勇気をもって戦うことが必要。

Dcf00003 18時35分から長島忠美衆議院議員を交えた納涼バーベキュー大会。3年前に行ったバーベキュー大会も47名の参加であり、今回も大盛り上がり。
 肉、ソーセージ、野菜を食べつつ、生ビールを4杯ほど飲む。屋外スペースなので、冷房もなく、飲んだ分の水分が汗で吹き出すほどであった。

Dcf00004x

 三本締めで終了となり、21時、自宅に戻る。シャワーを浴びてから、着替えたところで電話があり、市内某店にでかける。

 21時30分から市内某店で来年の選挙に関する意見交換。

 23時、自宅に戻り、再度、シャワーを浴びる。

 23時30分から事務所で事務仕事。

« 新潟日赤センター爆破未遂事件と靖國神社 | トップページ | 2014ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」
平成26年度柏崎地域自衛隊協力団体意見交換会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎・刈羽長島クラブ、国政報告と納涼バーベキューの集い:

« 新潟日赤センター爆破未遂事件と靖國神社 | トップページ | 2014ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」
平成26年度柏崎地域自衛隊協力団体意見交換会 »