« 子宮頸がんワクチン、副作用の救済拡大検討 | トップページ | 総務常任委員会・協議会(市職員不祥事、虚偽報告と印の重み) »

2015年9月 7日 (月)

平成27年9月定例会(第17回会議)開会、国旗・市旗掲揚!
「災害ボランティア割引制度」の実現を求める意見書可決!

 2時、就寝。

 6時に起床し、今日から開会する議会の資料を整理する。公企業会計の決算資料もあるので、読み込みが間に合わない。

 8時、大粒納豆、甘塩鮭、筋子、セロリの浅漬け、茄子と茗荷の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後から依頼されていた資料のお届けや郵便局の時間外窓口での手続きなど、市内まわり。

Dsc_0009uu06 8時50分、市役所に移動し、9時から議会運営委員会に出席する。
 議題は以下の通り。

1.付議事件の追加
 「報第34号 先決処分報告について(剣野小学校内の事故による和解及び損害賠償額の決定)」

 事故の概要
  一人あたり5000円~5530円を賠償金として支払う。

2.議員発案
(1)学費と教育条件の公私間格差是正に向け、私学助成の増額・拡充を求める意見書(案)(国あて)

→ 前年と変わっていない中身であるため、一致できず。

(2)学費と教育条件の公私間格差是正に向け、私学助成の増額・拡充を求める意見書(案)(県あて)
→ 前年と変わっていない中身であるため、一致できず。

(3)「災害ボランティア割引制度」の実現を求める意見書(案)
→ ありがたいことに文言修正後に全会一致となり、今日の議会初日に日程追加、採決することとなった。

3.請願について
(1)受理済みの請願(2件)

・「学費と教育条件の公私間格差是正に向け、私学助成の増額・拡充を求める意見書」の採択に関する請願
・柏崎市新庁舎建設に於いて瓦採用を求める請願
(2)請願者が趣旨説明を行うものは、次のとおり。
「学費と教育条件の公私間格差是正に向け、私学助成の増額・拡充を求める意見書」の採択に関する請願

→ 文教厚生常任委員会

4.柏崎市新庁舎建設特別委員会の設置について
 委員数12名案と24名案が平行線となり、正副委員長案として、総務常任委員会と議会運営委員会との連合審査委員会(重なるメンバーもいるので13名、委員長は総務常任委員会の委員長)とすることが提案された。

→ 平成27年9月9日15時からの議会運営委員会までに意見集約。

 9時30分、会派室に戻っての会派会議を行う。9月1日から星野正仁議員が入ったので、7名の最大会派となった。

Dsc_0010uu07 10時から本会議に出席、平成27年9月定例会(第17回会議)の開会である。
 前回の定例会で「請第3号 市議会議場に市旗・国旗の掲揚を求める請願」が可決したため、今会議からは国旗と市旗がやっと議場に掲揚された。当たり前の事なのに、実現まで最初の請願から足かけ8年もの歳月がかかった。

Dsc_0012uu09

 まずは以下の通りの各議案が提案、説明が行われた

「議第84号 職員退職手当支給条例及び職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 共済年金が厚生年金に一元化されることに伴う関係法律の改正に係る所要の改正。

「議第85号 特別職の給与に関する条例及び特別職の職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について」
 地方教育行政の組織及び運営に関する法律に規定する新教育長の給料月額及び退職手当の支給水準を改正するため。

「議第86号 個人情報保護条例及び情報公開・個人情報保護審査会条例の一部を改正する条例の制定について」
 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)の施行に伴い、特定個人情報の取扱いを規定するなどのため。

「議第87号 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定について」
 番号法に規定する個人番号及び特定個人情報を独自で利用する事務等を規定するため。

「議第88号 市民活動センター設置及び管理に関する条例の制定について」
 新たな公の施設として、市民が主体となったまちづくりの推進拠点となる市民活動センターを設置するため。

「議第89号 手数料条例の一部を改正する条例の制定について」
 番号法に規定する個人番号カード及び通知カードの再交付手数料を規定するため。

「議第90号 住民基本台帳カード利用条例を廃止する条例の制定について」
 住民基本台帳カードの普及実態及びカードを活用したサービスの利用実態を踏まえ、条例を廃止するため。

「議第91号 国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について」
 租税条約等の実施に伴う関係法令の改正に伴う所要の改正を行うため。

「議第92号 都市公園条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、都市公園施設の利用料金を改正するため。

「議第93号 体育施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、体育施設の利用料金を改正。

「議第94号 新潟県立柏崎アクアパーク管理条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、柏崎アクアパークの利用料金を改正。

「議第95号 ふるさと体験村設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、ふるさと体験村の利用料金を改正。

「議第96号 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、雪割草の湯の利用料金を改正。

「議第97号 海洋センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、海洋センターの利用料金を改正。

「議第98号 国民休養地設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、国民休養地の利用料金を改正。

「議第99号 産業文化会館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 使用料・手数料の見直しに関する基本方針に基づく全庁的な見直しを踏まえ、産業文化会館の利用料金を改正。

「議第77号 平成27年度一般会計補正予算(第4号)」

 総額6976.9万円の補正。
・市職員時間外勤務費 2539万円追加し、年総額2億7493.7万円
・企業振興・立地促進事業 3557.2万円
・西山ふるさと公苑整備 24.9万円
・図書館施設管理費 389.1万円
・ソフィアセンター開館20周年記念事業委託 396.2万円
 有名絵本作家?の展示

「議第78号 平成27年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」
 総額4647.9万円の補正

「議第79号 平成27年度介護保険特別会計補正予算(第1号)」

 総額7722.6万円の補正

「議第80号 平成27年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)」
 墓園管理基金積立金として723.3万円の補正。

「議第81号 平成27年度ガス事業会計補正予算(第1号)」

「議第82号 平成27年度水道事業会計補正予算(第1号)」

「議第83号 平成27年度下水道事業会計補正予算(第1号)」

「議第100号 財産の譲与について(建物)」

 旧西山診療所施設を障害福祉サービス事業所を運営する社会福祉法人に譲与するため。

「議第101号 平成26年度ガス事業会計未処分利益剰余金及び資本剰余金の処分について」
 平成26年度ガス事業会計未処分利益剰余金及び資本剰余金の処分を行うため。

→ 公企業決算等特別委員会で審査

「議第102号 平成26年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成26年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うため。

→ 公企業決算等特別委員会で審査

「議第103号 平成26年度工業用水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成26年度工業用水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うため。

→ 公企業決算等特別委員会で審査

「議第104号 平成26年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成26年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うため。

→ 公企業決算等特別委員会で審査

「承第1号 決算の認定について(平成26年度ガス事業会計)」

→ 公企業決算等特別委員会で審査

「承第2号 決算の認定について(平成26年度水道事業会計)」
→ 公企業決算等特別委員会で審査


「承第3号 決算の認定について(平成26年度工業用水道事業会計)」
→ 公企業決算等特別委員会で審査


「承第4号 決算の認定について(平成26年度下水道事業会計)」
→ 公企業決算等特別委員会で審査

 ここで以前により全会一致での発案をお願いしていた「委員会発案第7号 『災害ボランティア割引制度』の実現を求める意見書(案)」が議会運営委員長から提案され、即、採決することとなった。


「委員会発案第7号 『災害ボランティア割引制度』の実現を求める意見書(案)」

 災害列島日本と言われるように、近年は地震に津波、台風や豪雨、豪雪、竜巻、噴火などの自然災害が多発している。また、近い将来に発生すると予測される南海トラフ地震や首都直下型地震、東南海・南海地震などにも備えなければならない。
 このような大災害が発生した場合、被災者の支えとなり復旧・復興活動に欠かせないのがボランティア活動であり、我が柏崎市においても、大きな被害を受けた中越大震災、中越沖地震で多くの市民が実感したところである。
 大災害が発生すれば被災地ではすぐに家庭の清掃や畳・家具の搬出、瓦れきの処理などが始まり、最近は発災直後からボランティアを求められるケースが多くなってきている。
 しかし、全国社会福祉協議会と兵庫県発表の統計によれば、東日本大震災の被災地に入ったボランティア数は、阪神・淡路大震災の同期間に比べて約40万人少なく、その最大の要因は被災地までの交通費、宿泊費が高額になるためとされている。つまり、「行きたい気持ち」はあるが「行くことができない」。とりわけ学生を初め、若い世代が経済的理由から行けない実態が見受けられる。本来であれば、次世代を担う若い世代にこそ、被災地でのボランティア活動を通して、防災知識の向上、人と接する温かさ、そして郷土を愛する気持ちを育んでもらいたいと考えるところである。これは、ひいては日本全体の防災力を高めることにも通じる。
 本来、「自己完結」すべきボランティア活動ではあるものの、現実的には各交通機関やホテル・旅館を使うことになる。しかし、交通費や宿泊費を割り引く制度がない。
 今、全国どこで大災害が発生してもおかしくはないことから、「災害ボランティア割引制度」の実現を求めるものである。

               記

 地震や津波、台風や豪雨、豪雪、竜巻、噴火などの自然災害発生時に、ボランティアに対して各公共交通機関やホテル・旅館などに交通費や宿泊費を割り引く制度を制定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

平成27年9月7日
柏崎市議会

理由:災害ボランティア活動への支援を行うことで、地域のみならず国の防災力を高めるため。


 全会一致で可決となり、同種の意見書としては千葉県四街道市議会に次ぐ2番目であり、また新潟県内では初。
 中越大震災、中越沖地震を経験した柏崎市だからこそ、今度は人助け、国全体の防災力を高めることに寄与すべきであり、理解、賛同頂いた全議員には感謝である。

 その後は諸般の報告として、以下が提示された。

「報第28号 公益財団法人かしわざき振興財団経営状況報告書」
「報第29号 株式会社じょんのび村協会経営状況報告書」
「報第30号 株式会社柏崎ショッピングモール経営状況報告書」
「報第31号 株式会社カシックス経営状況報告書」
「報第32号 平成26年度柏崎市教育委員会点検・評価報告書」
「報第33号 専決処分報告について(道路上の事故による和解及び損害賠償額の決定について)」
「報第34号 先決処分報告について(剣野小学校内の事故による和解及び損害賠償額の決定)」

Dsc_0013uu10

 11時20分に終了となり、引き続き、11時30分から総務常任委員協議会。明日、当局に詳細な説明を求める事項の整理を行った。当局から説明したいという案件、

・使用料・手数料の見直しに関する基本方針について
・「議第87号 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定について」
・「議第88号 市民活動センター設置及び管理に関する条例の制定について」

これに加え、

・ソフィアセンター開館20周年記念事業委託の債務負担行為
・ふるさと応援事業のクレジット対応
・大学生の募集支援事業補助(130万円)

が説明要望として出された。
 また決算特別委員会・総務分科会での現地視察希望先について、次回までに各委員の要望をだすこととなった。

 12時過ぎに終了となり、その後、会派室で諸雑務を行う。

 15時、事務所に戻り、議会資料の読み込み。

 18時、相談を頂いていた方とその後についての報告や今後の対応について話会う。

Dsc_0001yuu02

 21時、小鯛を叩いてから葱、小麦粉、おろし生姜とともに混ぜてから揚げた鯛団子、茹でオクラ、自宅で採れたオレンジ色のトマト、ひじきと大豆の煮物、めかぶ酢、目玉焼き、ビール500ml2本で夕食。
 小鯛は骨が多いので、事前処理が大変であるが、濃厚な鯛団子ができる。

 食後、事務所で議会に関する資料の読み込み。

 24時、熱めの風呂に入る。

« 子宮頸がんワクチン、副作用の救済拡大検討 | トップページ | 総務常任委員会・協議会(市職員不祥事、虚偽報告と印の重み) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子宮頸がんワクチン、副作用の救済拡大検討 | トップページ | 総務常任委員会・協議会(市職員不祥事、虚偽報告と印の重み) »