« 所属会派から荒城彦一議員離脱
捏造情報で三井田の陥れを画策か?
| トップページ | 台湾番組「24節気」柏崎ロケ、米を売り込め!
冬の観光へつなぐ高柳町(貞観園、荻ノ島かやぶきの里、梨ノ木田の棚田) »

2016年4月29日 (金)

台湾デジタルサイネージ勉強会(決断と実行、公明党、民社友愛共同開催)

 5時に起床し、事務所の片づけ。

 8時、大粒納豆、牛蒡入り薩摩揚げ、ほうれん草とコーンのバター炒めでご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、長岡市に向かって移動。

 10時20分から長岡市内の某公共施設にて、打ち合わせを行う。

Aadsc_000502 12時10分、自宅に戻り、以前より気になっていた「熊出没注意」の北海道即席ラーメンで知られる藤原製麺と永谷園のコラボレーション商品「1杯でしじみ70個分のちから しじみラーメン塩味」で昼食。
 オルニチン25mg含有というのが売りであるが、麺との相性に「これじゃない」感がある。

 食後、甥っ子のためにセミダブルベッドを渡しに行き、そのまま組立も行う。

 14時30分、自宅に戻り、書籍が増えたためのレイアウト変更。

Aadsc_000703 レイアウト変更をするなか、奥にしまって忘れていた衣装ケースのなかから、荒川総合スポーツセンターでの卓球大会に「東電学園」として助っ人参戦したときのラケット、ゼッケンがでてきた。バタフライのペンタイプであるが、ラバーは完全に硬化し、ラケットのコルクもボロボロになっていた。

Aadsc_000904 また、キックボクシングや総合格闘技をやっていた20代の頃に愛用していたパンチンググローブもでてきた。外側の皮はまだ使えそうであるが、グローブの内部はカビており、かつスポンジもボロボロ。
 記念撮影をしたのち、泣く泣く廃棄した。

 17時過ぎ、甥っ子、姪っ子を連れて、柏崎駅に行き、台湾におけるデジタルサイネージ最大大手であるC2さんのスタッフ(監督、ディレクター、カメラマン2名)、そして通訳として同行した妻を出迎える。
 C2スタッフの皆さんからホテルにチェックインしてもらったのち、勉強会を行う柏崎エネルギーホールに移動して、会場設営。

Img_0797 18時から柏崎市議会の3会派(決断と実行、公明党、民社友愛)共同開催の「台湾デジタルサイネージ勉強会」となった。もちろん通訳者を入れてである。
 ありがたいことに、柏崎市議会の他会派議員も複数出席があり、興味をもっていただいた柏崎市民の方、農業関係者など合わせて約30名の出席を頂いた。歓迎と開会の挨拶は、会派「決断と実行」丸山敏彦議員。

*柏崎市のシティセールス、観光に寄与することに会派や党派、イデオロギーは関係ないので、今後も広く他会派に呼びかけていきたい。

 18時5分から、C2事業開発部ディレクターである沈育如(Grace Shen)氏から、台湾のデジタルサイネージの実態、新しいメディア戦略について、通訳を入れての講演、約30分。

Img_0807

 テレビが多チャンネル状態になっている現在、特定の放送局で番組を一回流すよりは、食事やショッピング場所でのデジタルサイネージで繰り返し、宣伝した方が効果的であることなど、日本とは違った状態を学ぶことができた。

Digitaiwan

 ちなみに、2014年の台湾人の訪日者数は282万9821人で、台湾人口の1割。つまり、台湾人のおよそ10人に1人は毎年訪日している、リピート率の高い観光客ということになる。

Img_0812 その後、質疑応答があったのち、御礼の挨拶は会派「公明党」真貝維義議員が行い、勉強会の御礼として、有機肥料を使った高柳のコシヒカリを5kgお送りさせてもらった。
 この米に使われた有機肥料は、柏崎市内の魚のアラなどの廃棄物をリサイクルしたもので、明日、取材・撮影を行うことになっている。

Img_0815 また、申し訳ないことにC2さんからの返礼のお土産もあり、会派「民社友愛」佐藤和典議員から受け取ってもらった。
 お土産に頂戴したのは、高雄・呉寶春麥方店のパイナップルケーキ「無嫌鳳梨酥」。高校卒業後にパン職人となり、2010年3月、パリで行われた世界一のパン職人を決定する「マスター・ド・ラ・ブーランジュリー」で世界チャンピオンになった呉氏が作った、台湾国内でも有名な一品である。しかも、その商品名も、貧しいパイナップル農家で苦労した亡き母の名前をつけたという感動の逸話付き。

Img_0823 19時から会場を「ささ川」(電話:0257-23-2702)に移しての歓迎懇親会となった。
 柏崎市議会議員のみならず、米のブランド化に関する関係者など、総勢22名がお集まりになり、乾杯の音頭は柏崎市役所観光課の課長代理にとって頂いた。

 台湾人の皆さんが生もの、アルコールがダメ、かつ1名はベジタリアンということで、無理難題な注文をした料理も、若き料理人にご努力頂き、楽しんでもらった。
 昨年の12月定例会の一般質問でも取り上げたように、イスラム教徒(ムスリム)の方のハラール食など、

「世界に開かれた観光都市・柏崎」

になるためには、まだまだ課題がある。

Img_0830

Img_0831 21時、中締めを会派「決断と実行」與口善之議員に関東一本締めで行ってもらった。
 台湾での懇親会の場では、このようなセレモニー?はないため、その由来ややり方などを説明したところ、同時に撮影も行うことに・・・三本締めの方が映像としては良かったかも知れない。

 C2スタッフの皆さんをホテルまでお送りしたのち、22時、自宅に戻る。

 熱めのシャワーを浴びたのち、明日の柏崎市内での撮影受け入れのための細かい準備を行う。

 24時、就寝。

|

« 所属会派から荒城彦一議員離脱
捏造情報で三井田の陥れを画策か?
| トップページ | 台湾番組「24節気」柏崎ロケ、米を売り込め!
冬の観光へつなぐ高柳町(貞観園、荻ノ島かやぶきの里、梨ノ木田の棚田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/63576041

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾デジタルサイネージ勉強会(決断と実行、公明党、民社友愛共同開催):

« 所属会派から荒城彦一議員離脱
捏造情報で三井田の陥れを画策か?
| トップページ | 台湾番組「24節気」柏崎ロケ、米を売り込め!
冬の観光へつなぐ高柳町(貞観園、荻ノ島かやぶきの里、梨ノ木田の棚田) »