« 平成28年柏崎市議会12月定例会一般質問
職員育成、自然水族館の実現、新庁舎問題と水球公認プール
| トップページ | 平成29年柏崎市消防団出初式
柏崎初?外国人消防団員 »

2017年1月 7日 (土)

約束を守らない韓国から大使を一時帰国、対抗措置へ

 1時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、生卵、きんぴら牛蒡、板わさでご飯2杯の朝食をとる。

 午前中は製品開発のための資料の読み込みと市内まわり。

 13時、生の二八蕎麦を茹で、挽き割り納豆をいれたつゆ、玉葱と人参のかき揚げで納豆天ざるにし、昼食にする。

 食後から事務所で資料作成。

 17時過ぎ、来客があり、昨日の一般質問の背景、市役所新庁舎の問題について、話し込む。ラジオで聞いて頂いたようで、こういった反応があるのはありがたい限り。

Bdsc_0001117 19時、日高ねこぶだし、焼きアゴ干し、モンゴルの岩塩を使った塩スープを作り、事前に煮込んでおいた猪肉、白菜、えのき、椎茸、まいたけ、しめじ、人参、長葱を入れた塩猪鍋、豚タン塩焼き、筋子、ご飯、ノンアルコールビール350ml3本で夕食をとる。

 食後からも事務所で資料作成。

170107_ian 一昨年末に電撃のような発表された慰安婦問題に関する日韓合意。正直なところ、その際には何をしているのか、という思いがあり、同時に約束を守る相手ではないと思っていた。
 案の定、在韓日本大使館前の慰安婦少女像を撤去しないばかりか、さらに釜山の日本総領事館前にも同様の像が置かれた。
 この約束違反に対し、さすがに今回は日本政府としても大使の一時帰国などの対抗措置に踏み切った。
 我が国としては困ることは無いので、是非、レームダック状態の韓国がきちんと約束を守るまで、大使を韓国に戻さないでほしい。


平成29年1月7日『読売新聞』

少女像設置、4項目の対抗措置
大使一時帰国へ

 政府は6日、韓国南部・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題に関し、長嶺安政・駐韓大使の一時帰国など4項目の対応を取ることを韓国政府に通告した。
 慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した2015年12月の日韓合意に反するとして、厳しい対抗措置に踏み切った。これに対し、韓国政府は遺憾の意を表明し、改善傾向にあった日韓関係の悪化は避けられない情勢となった。
 4項目は、長嶺氏と森本康敬・釜山日本総領事の一時帰国に加え、通貨危機の際に外貨を融通し合う「日韓通貨交換(スワップ)協定」の再締結協議の中断など。外務省幹部によると、
長嶺氏らは来週帰国し、数日間滞在して韓国に戻る見通しだ。

« 平成28年柏崎市議会12月定例会一般質問
職員育成、自然水族館の実現、新庁舎問題と水球公認プール
| トップページ | 平成29年柏崎市消防団出初式
柏崎初?外国人消防団員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約束を守らない韓国から大使を一時帰国、対抗措置へ:

« 平成28年柏崎市議会12月定例会一般質問
職員育成、自然水族館の実現、新庁舎問題と水球公認プール
| トップページ | 平成29年柏崎市消防団出初式
柏崎初?外国人消防団員 »