« 2017ノーベル平和賞候補、中国臓器狩り調査のジャーナリスト | トップページ | 平成29年柏崎市議会2月定例会一般質問
(学生消防団、友好交流都市、水球のまち、市役所新庁舎問題) »

2017年3月 8日 (水)

人権問題の中核は同和問題?私・三井田の人権は?

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、粗挽きソーセージ、茹でブロッコリーのチーズ和え、玉葱とえのきの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、9時過ぎ、市役所に移動。

Dsc_0004 10時から本会議、一般質問の一日目に出席する。午前中は二名の議員が一般質問を行ったが、人権教育の中核として同和問題を取り上げる、同和問題は「寝た子を起こすな論」ではダメだ、といった確認のやりとりがあった。
 かつてあった部落差別を歴史として教えるならまだ分かるが、地域の細かいことや実例をあげてまで教えること、そして他の差別問題もあるなか同和問題を中核にする、というのは同意できない。
 人権教育として大きな括りのなかで、自分だったらどうか、差別される側の立場などを学び、人権感覚を養えばよいと考える。

 先月の早い頃に新潟県内で教職員らによる同和問題に関する会合があったらしく、その後、色々なところから私(三井田)の名前がでて、「同和教育の敵」になっているとの情報があった。
 自宅にも番号非通知で何度か電話があり、母がでたところ、私の人権感覚がおかしい旨の苦情であったという。
 その後も番号非通知の電話が頻繁にあり、今週まで続いている。

T1
T2
T3
T4

 番号の非通知設定をしたからと言って、発信元を隠せるわけではなく、調査すれば分かること。
 私も人権侵害をされている?ようなので、今後、厳正に対処したいと思う。

Dsc_0006 12時から休憩となったので、会派室に戻り、数年ぶりに母から作ってもらった弁当で昼食をとる。南高梅のハチミツ漬け、茹で卵、沢庵、甘塩鮭、粗挽きソーセージ、トマト、レタス、里芋を多めに入れたのっぺ、ご飯という内容。食事をとりつつ、会派内での意見交換も行う。

 13時から再開となり、二名の議員が一般質問。フィルムコミッションにも触れた内容があり、なかなか柏崎では進まないということであった。いままで私も一般質問で何回か取り上げ、ウルトラマンシリーズの誘致なども話も持ってきたことがあったが、関係機関の協力を得られず実現に至らなかった。

 14時55分から15分間の休憩をとったのち、もう二名の議員が一般質問。

 17時20分に終了となり、事務所に戻る。

3322 19時、スーパーで半額になっていた握り鮨セット(鮪赤身、イカ、サーモン、はまち、甘海老、蟹、イカゲソ、玉子焼き、えんがわ)、野菜焼き餃子、豚モモ肉を多めに入れた麦味噌ベースの豚汁、切り干し大根とほうれん草の塩昆布和え、めかぶ、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後、車に乗せてもらい、市内での買い出し。

 21時過ぎ、自宅に戻って熱めの風呂に入る。

 22時から事務所で明日の一般質問に関する資料作成。

|

« 2017ノーベル平和賞候補、中国臓器狩り調査のジャーナリスト | トップページ | 平成29年柏崎市議会2月定例会一般質問
(学生消防団、友好交流都市、水球のまち、市役所新庁舎問題) »

コメント

新潟県の先生で、同和問題ばかり口にしている人が今でもいるのですか?
だいたい新潟県内で被差別部落などこに存在するのですか?私は全く見当がつきませんが。
共産党のみなさんも、同和問題は大半が行政で解決済みとしており、もっと大事な差別の問題があるといっており、この点に関しては保守派をうならせることをいっています。
かえって東大合格のような一部の学歴や高収入だけが勝者と日常平然とたたえ、自衛隊員は人殺しというマスコミや学校の論調こそ、差別の常態化として問題にすべきではないでしょうか。

投稿: みか | 2017年3月12日 (日) 00時13分

みか さんへ
今日は。投稿された件に関連してです。
私がこのような事を聞いたのは、第2次大戦後間もなく、何と70年位も前のことです。
私の家から、それ程遠くない3-4軒の家について「あそこはチョーリンボーの家だ」と話しているのを聞きました。
私は何も分かりませんでしたが、その方たちは確かに貧しかった家で、近所付き合いも余りなかった様です。
しかし、日本が全国的にその後高度成長の波に乗り、豊かになりました。
その方たちも、皆と同じように豊かになり、優秀な人も出て社会的にも問題にされなくなりました。
今では誰もそんな事を知りません。

今更 何を思って「同和」だ「差別」だと言って居るのか。そう言う人間の心が分かりません。
現実に目を塞いで、頭の中だけでものを言っているのか、何か利権にでも絡んでいるのかとさえ勘ぐります。

それよりも、変にほじくり回して、傷つく人が出て来るのが心配です。

本当にこんな活動は潰して欲しいです。

投稿: 雄太 | 2017年3月12日 (日) 16時12分

 みかさん、コメントありがとうございます。
 教職員の某集まりでは、人権教育の根幹こそ同和問題といった風潮になっているようです。
 差別は解消していくものであり、おっしゃる通り、共産党はすでに解決済みとしているほどで、ことさら声をあげて部落問題を論じるのではなく、人権教育全体のなかで対処すべきと思っております。
 差別問題に優劣はありませんが、大きく人権問題と捉えるよう引き続き、議会で提起していきます。

投稿: 三井田孝欧 | 2017年3月14日 (火) 18時27分

 雄太さん、コメントありがとうございます。
 ご懸念の点について、聞くところによりますと、やはり子供なりの好奇心からか、インターネット環境もあり、その部落はどこだったのか、どういった職業だったのか、名字とかといった興味本位に話が進み、かえっていじめや差別の材料を生んでいる実態もあるそうです。
 「差別を残した方が、仕事になる」とするような方々が、騒がないことを願ってやみません。

投稿: 三井田孝欧 | 2017年3月14日 (火) 18時28分

商売としての「同和の語り手」業者が、生き残るために、そんなことをデッチあげているんでしょう。
私は戦後の一塊の世代ですが、小学校で「朝鮮人差別」らしいものはありましたが、そのほかは、あんまり聞いたことがありませんでした。
それほど、部落民問題は、なじみがなかったです。
Kと云う焼肉屋さん、半島の人でした、「ここではあんまり差別問題がないとこだね」と云っていたのを思い出します。
フクシマミズホみたいなのが、騒いで、自分の商売と結び付けようとしているんでしょう。

投稿: QQQQ | 2017年3月16日 (木) 18時47分

 QQQQさん、コメントありがとうございます。
 解放新聞社編『被差別部落 東日本編』三一書房1980年刊にも柏崎には被差別部落があると言われるものの、場所は分からないとされており、既に知られないものになっているような記述があります。
 ほじくり返すことで、誰が得をするようになるのか、を懐疑的に見ながら、圧力にも負けず、きちんと対峙しようと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2017年3月18日 (土) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/64987601

この記事へのトラックバック一覧です: 人権問題の中核は同和問題?私・三井田の人権は?:

« 2017ノーベル平和賞候補、中国臓器狩り調査のジャーナリスト | トップページ | 平成29年柏崎市議会2月定例会一般質問
(学生消防団、友好交流都市、水球のまち、市役所新庁舎問題) »