« 原子力規制委員長、やっと柏崎刈羽原子力発電所の視察 | トップページ | 拉致問題を風化させないための工作員手口の研究 »

2017年6月29日 (木)

台湾選手団の呼称に関する意見書、全会一致可決の反響

 結局、徹夜となり、6時に熱めのシャワーで眠気を覚ます。

 7時30分、大粒納豆、粗挽きソーセージ、水菜の油炒め、蜆の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時過ぎ、市役所に移動。

 9時から会派会議に出席し、これまでの議会基本条例への取組みと課題の整理、政策検討会議に提出すべき案件などを話し合う。
 政策検討会議においては、各常任委員会の所管事項にはなっていないものの、公平な選挙環境にするため、選挙におけるビラの補助制度を次の統一地方選挙に間に合わせるよう提案させてもらった。

Bdsc_000411 10時から事務局として、議長応接室にて「柏崎刈羽 明日のエネルギーのまち研究会」(略称:柏刈エネ研)の第26回常任理事会を開催する。
 今回の主な議題は、本年度の総会実施計画、原子力集約全国大会への後援について、そして昨今の原子力発電に関する新潟県知事と柏崎市長の発言についての意見交換。
 総会は8月26日となり、総会終了後に講師をお呼びしての一般の方にも参加してもらえる講演会を開催することとなった。
 また、参考図書としてワック出版の『それでも原発が必要な理由』をご紹介。

 12時過ぎ、事務所に戻り、スカイプの環境設定を行う。

 13時からチャンネル桜の番組にスカイプを通して出演し、先般の全国初となった台湾選手団の呼称に関する意見書についてお話をさせてもらった。
 普段の議論は喧喧囂囂であるが、こと今回の意見書に限っては、共産党をはじめ、他会派の議員からも「人権を守る」という意識で、全会一致の賛同を頂いたことは感謝しかない。
 そして、その反響として、多くの日本人の方から感謝のメールやお手紙を頂戴し、台湾人の政党関係者からも感謝のメッセージを頂戴した。

Bdsc_000413
*全会一致での可決の記念として頂戴した幟

 できうるならば、今後は東京オリンピック・パラリンピックで、台湾選手団のホストタウンになっている

 北海道士別市
 北海道名寄市
 青森県弘前市
 山形県山形市
 茨城県潮来市
 静岡県静岡市
 静岡県掛川市
 静岡県御殿場市
 愛媛県松山市

の各議会や、台湾国内の自治体と姉妹都市になっている各議会からも、同様の意見書を可決してもらいたいと思う。そうすることで、日本人の良識の声が主催者、IOC(国際オリンピック委員会)に届き、スポーツへの国際政治の持ち込みを制限する一歩になる。

 13時40分、昨日作った五香粉入りのカレーを乾麺の稲庭うどんを茹でたものにかけて、急いで昼食。

 食後から市内をまわり、話をしたいと連絡があった方のご自宅を数件まわる。

 17時30分、事務所に戻り、事務仕事。

Bdsc_000414 19時10分、皮を剥いだ鶏胸肉を使った棒棒鶏、唐辛子を5本ほど入れた自家製豆板醤の激辛麻婆豆腐、小松菜のおひたし、小粒納豆と大根おろしの和え物、塩パン、ビール500ml3本で夕食をとる。
 棒棒鶏には、ピーナッツバターを使ったオリジナルのソース。

 食後から結婚披露宴で使うための写真の整理やスキャンニングを行う。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、就寝。

|

« 原子力規制委員長、やっと柏崎刈羽原子力発電所の視察 | トップページ | 拉致問題を風化させないための工作員手口の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/65475430

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾選手団の呼称に関する意見書、全会一致可決の反響:

« 原子力規制委員長、やっと柏崎刈羽原子力発電所の視察 | トップページ | 拉致問題を風化させないための工作員手口の研究 »