« 平成29年度議会報告会2回目(高柳コミュニティセンター) | トップページ | 議会国際交流:金沢市議会と台湾・台中市議会が友好交流協定を締結 »

2017年11月10日 (金)

平成29年度議会報告会2回目(上米山コミュニティセンター)

 1時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鯖の水煮、茹でブロッコリー、若布と豆腐の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。
 若干、熱は下がったものの、まだ咳がでるので、午前中の会議はキャンセルさせてもらって、仮眠。

 12時30分、6つ切りの食パンをトーストし、佐渡バターを塗ったもの2枚、ベーコン、茹で卵、低脂肪乳で昼食をとる。

 寝汗をかいたので、シャワーを浴びたのち、着替える。

 14時から今週中に片づけておかなければならない案件のため、市内をまわる。本来であれば新潟産業大学創立70周年記念式典と講演会に出席予定であったが、他人に風邪を移しても申し訳ないので、欠席させてもらった。

 17時30分、自宅に戻り、身支度。

Cdsc_000101 18時過ぎ、上米山コミュニティセンターに移動し、19時から平成29年度2回目となる議会報告会に出席。
 議員6名ほどで1グループを作り、なるべく議員の地元以外で3か所を回るようなスタイルで、今年度としては2回目の実施である。
 今回は産業建設常任委員会の報告を担当した。

<前回、平成29年度1回目の報告>

南鯖石コミュニティセンター

北条コミュニティセンター

北鯖石コミュニティセンター

<今回>

半田コミュニティセンター

比角コミュニティセンター

高柳コミュニティセンター(他グループにヘルプ参加)

 今回の報告は平成28年度の決算における施策・事務事業評価に関するもので、先の決算特別委員会の議論がメインであり、12名の方からご参加頂いた。
 総務分科会の報告と質疑、文教厚生分科会の報告と質疑、産業建設分科会の報告と質疑、全体を通して質疑、最後にフリーな意見交換という流れで実施した。

Cdsc_000202

【配布資料】

「平成28年度決算審査施策・事務事業評価」(pdf形式)

 主な意見と質疑は以下の通り。

・事業評価指数の各会派の評価点がかなりバラバラになっているのではないか。
→ 反省点としてある。会派によって評価基準のバラつきがでてしまった。次回には改善したい。
・柏崎駅周辺の無料駐車場は実際にあるのか。今は駅裏はどうなっているのか。
→ 現在、駅裏の駐車場は民間所有で有料となっている。議会の提案としては、一部借り上げなど公共交通利用のための無料駐車場が必要と考えている。
・介護職員の問題について、正社員、臨時・パートの勤務実態が違うとの話を聞いている。そういったことでは介護職になろうとする人が減るのではないかと思う。是正に議会も乗り出してみてはどうか。
→ 委員会でも事業者との話し合いの場を設けて、実態を調べていきたい。
・実際に外への宣伝が動いていないいない。何も動いていないの、米山登山についても林道でさえ、整備していない。本当に観光でいくのなら、長期計画で考えるべきではない。
青海川の鮭豊漁祭りも放流するだけでいいのか、通年観光で海の観光が見えない。地元任せになっている。現場をもっと見てほしい。
→ 前進するかたちでもっと議論してほしい。
・紅葉は谷根ダム、赤岩ダムの資源も生かしてほしい。
→ 持ち帰って、提案したい。

 その他、イノシシなどの鳥獣被害についての意見交換があり、非常に充実した意見交換となった。

 20時35分に終了となり、後片付けをしたのち、帰路につく。

Cdsc_000403 21時、自宅に戻り、日中に煮込んでおいた鰤のあらと煮込み用の大きな大根の煮物、某魚屋さん自慢のしめ鯖、小粒納豆と梅肉の和え物、ピーマンの油炒め、べったら漬け、ビール500ml3本で夕食をとる。
 大根に鰤のあらの旨味が染み込んでおり、ビールによく合う。

 食後、事務所で紙資料の整理。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、起業に関する補助金の資料を読み込む。

|

« 平成29年度議会報告会2回目(高柳コミュニティセンター) | トップページ | 議会国際交流:金沢市議会と台湾・台中市議会が友好交流協定を締結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/66026545

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年度議会報告会2回目(上米山コミュニティセンター):

« 平成29年度議会報告会2回目(高柳コミュニティセンター) | トップページ | 議会国際交流:金沢市議会と台湾・台中市議会が友好交流協定を締結 »