« 種子の大切さ、「とちおとめ」韓国に海賊版 | トップページ | 平成29年12月定例会(第31回会議)閉会・種子法廃止への意見書
議員定数議論を迷走させる動き »

2017年12月19日 (火)

柏崎シティセールス推進協議会運営委員会振り返りシート

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、青梗菜のおひたし、蜆の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 午前中は事務所で資料作成やメールの返信など、溜まっていた事務仕事。

 13時30分、6つ切りの食パンをトーストし、マヨネーズで和えた挽き割り納豆をのせた納豆トースト、低脂肪乳、林檎で昼食をとる。

 14時から出来上がった資料のお届けや相談頂いた現場を確認するため、市内をまわる。

 16時、自宅に戻ったところで、叔父と叔母が来たので、近況報告。

Bdsc_001206 17時30分、「大衆割烹 駒」(電話:0257-24-4577)に移動し、今年10月に台湾三都市&テレサ・テンツアーに行った皆さんとの脛巾抜き(はばきぬき)に妻とともに出席する。
 思い出話とともに、次回は雲林県に行くツアー、という話もでたので、早速、明日以降に雲林県政府の担当者に連絡を取りたいと思う。

 21時過ぎ、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュ。

 22時から事務所で事務仕事を行う。

 先日の産業建設常任委員協議会の場で、シティセールスの実態について問い出した際に要求した資料が届いた。
 今年11月12日、銀座で行ったイベント「第2回柏崎ファンクラブ交流会開催〜銀座で会いましょう~」では、

申込者120名、実際の参加者109名
 うち既に会員だったのは50名
 うち非会員だったのは59名


という動員があり、このイベントでの新規ファンクラブ入会者は19名。
 このイベント翌日から今月17日までの入会者数は296名というが、市民全体で共有している感がない。

Dsc_0004

 また、昨年度末(3月)に3年間の任期を迎えたシティセールス運営委員8名の内6名が委員継続をしなかったが、その際に提出されたレポートの要約は以下の通り。
 予算の使途などについても言及があり、原資が我々の税金である以上、しっかりと確認する必要がある。
 しかし、平成30年度からは所管が総務常任委員会に移ってしまうことが先日、議会に報告された・・・。
 私自身、シティセールス事業を審査するため、10年以上在籍した総務常任委員会から産業建設常任委員会になったなか、たった1年での所管の移動。無念である。


柏崎シティセールス推進協議会運営委員会
振り返りシート要約

(1)これまでのシティセールスに関わる取組(推進協議会事業)について
【成果】

・魅力総選挙やシンボルマークの選挙で市民や外部の柏崎に対する意識が明らかになった。
・秋葉原の大交流会で人や団体とのつながりができたことにより、ファンクラブが設立。
【課題】

・単発のイベントのイメージが強く、継続的なシティセールスの取組につながっていない。
・運営委員会で検討を重ねた内容が事業として実現しなかった。

・予算の使途が不明瞭。
・外部協力者(視点)や外部資金を取り込む仕組みが必要。
・各団体のイベントや情報をつなぐことが必要。
・シンボルマークやファンクラブの周知不足と今後の活用。
・最終的な目標の共有とそこに辿り着くためのストーリーが弱い。

(2)推進協議会及び運営委員会の組織体制、運営方法について
【成果】

・運営委員会は、イベント前など会議を重ねイベント当日の運営を含め活発に活動できた。
・委員の交代等により、新たな発想や展開があった。
【課題】
・推進協議会と運営委員会、市役所内の各部課との連携不足。

・事業実施後の評価、改善のプロセスがない。
・計画段階におけるスケジュール感がなく、事業の実施時期が不適切。
・会議で検討内容が決定されず、持ち帰り、継続検討が多かった。
・スピード感と実行力。
・業務や作業、当日運営など実行する部分を外部委託することも必要。
・新しい団体や人材の参加を促せる体制が必要。

(3)今後のシティセールス、柏崎ファンクラブに必要と考える取組について
・ファンクラブの運営体制の強化。
・地元と首都圏で定期的な交流によるネットワークづくり。
・シティセールスに関わる情報の集約と定期的な発信。
・市役所内や市内各団体、市外の柏崎関連団体との連携した取組。
・他団体と連携した中越沖地震からの復興10周年関連事業。
・人口減少の課題を意識した観光やU・Iターン事業との連携。
・市役所全庁をあげての取組。
・柏崎の特性を生かせる専門的な知見を入れた取組。
・ターゲットの明確化した統一的な取組。
・出身者がオーナー等の各地の店舗の協力を得た取組。
・協賛企業を募るなど、組織の自立に向けた財源確保や会社からの協力を得られる取組。

|

« 種子の大切さ、「とちおとめ」韓国に海賊版 | トップページ | 平成29年12月定例会(第31回会議)閉会・種子法廃止への意見書
議員定数議論を迷走させる動き »

コメント

複数年にわたる中期計画(戦略)は設定されているのでしょうか.単年度では,予算消化で終わってしまいそうです.

投稿: 三角ム | 2017年12月20日 (水) 19時02分

 三角ムさん、コメントありがとうございます。
 平成29年度から平成33年度までの5か年のシティセールス行動計画があります。
 現在、第二次版であり、第三次版まで随時「見える化」のために議会に報告がされます。
 その都度、本ブログでも紹介したいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2017年12月27日 (水) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/66180066

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎シティセールス推進協議会運営委員会振り返りシート:

« 種子の大切さ、「とちおとめ」韓国に海賊版 | トップページ | 平成29年12月定例会(第31回会議)閉会・種子法廃止への意見書
議員定数議論を迷走させる動き »