« 平成30年新年賀詞交換会
柏崎市長「洗練された田舎を目指す」
| トップページ | 弾丸トラベラー・柏崎から倉敷2日目
豆柴カフェ、追悼・星野仙一氏 »

2018年1月 5日 (金)

弾丸トラベラー・柏崎から倉敷1日目
目的の豆柴カフェ、痛恨のミス

 5時に起床し、身支度をする。

Adsc_001205 5時50分、台湾人の妻、姪っ子、友人の4人で愛車・四代目プリウス(ZVW55)フォウ・ミイダ(メス、今年2歳)に乗り込み、岡山県倉敷市への600kmを越えるドライブに出発。
 目的は、今年が戌年であることに加え、まちづくりのコンテンツとして話題になっている岡山県倉敷市で開店した豆柴カフェへの訪問である。
 途中、持参してきた自家製のサンドイッチ(卵&ハム、トマト&チーズ)、カフェオレで朝食をとる。

Adsc_001807 12時20分、中国自動車道・加西サービスエリア(下り)にて昼食休憩。
 神戸長田のご当地グルメである牛筋肉と蒟蒻の煮物をかけた「ぼっかけ丼 690円」にしようか、播州織の女工さんの口に合わせた甘口醤油のラーメン「播州ラーメン 620円」か迷ったものの、3年前の広島土砂災害の現場視察、ボランティア活動に行く際にも立ち寄って食べたものと同じ、結局は「ぼっかけ丼セット きつねうどん付き 950円」を選んだ。
 妻は「播州ラーメン 620円」を堪能していた。

 食後、気合を入れ直してのドライブ。

 14時、岡山県に入ったら見なければならない?桃太郎像があるという山陽自動車道・吉備サービスエリア(下り)に立ち寄る。

Adsc_001908

 少しくたびれた感のある桃太郎像を確認したのち、このサービスエリアで開催中のデニムフェアや吉備高原野菜の桃太郎市場などを見学。

Adsc_002009

Adsc_002110 吉備高原で採れた新じゃがいもの好きな品種を1kg入れて300円というコーナーがあったので、1kgを購入し、タワラアルタイル彦星(ねっとりと甘みがあり、煮くずれしにくい、バター・オリーブオイルと相性が良い)とレッドムーン(コクのあるじゃがいも。ポテトサラダ、煮物がオススメ)の2種類を入れた。

 15時、目的地である岡山県倉敷市美観地区に到着。

Adsc_002513

 早速、少し小走りで豆柴カフェがあるお土産店「倉敷いろはに小路」に入る。

Adsc_002815

 ところが、何とまさかの

 「豆柴カフェ 本日分 販売停止中」

Adsc_002916

Oh---、Noーーー!
なんたるタイミング
  「痛恨の一撃」
である。

 600kmを越えるドライブの苦労が・・・と思ったものの、あまり深く考えても仕方がないので、まちづくりの先進・成功事例である美観地区を妻と歩いてまわる。
 友人と姪っ子は、同地区にあるフクロウカフェ、ハリネズミカフェ、豹猫カフェに移動。

Adsc_004118

Adsc_004319
*味のある喫茶店「エル・グレコ」。大原美術館創始者の大原孫三郎氏が大正14年に小作農地会社の事務所として建てたもの。昭和34年に「喫茶店」としてリノベーション。

Adsc_004721
*大原美術館

Adsc_004922

Adsc_005625
*話題の加計学園の加計美術館

Adsc_005926
*古いポスト

Adsc_007434
*おもちゃ屋さんにも味わいがある。

Adsc_007535
*倉敷物語館。江戸時代の建設されるもの。

Adsc_007636
*二松學舍大学備中官学資料室「山田方谷・三島中洲とその周辺群像」を見学。

Img_1650
*山田方谷をNHK大河ドラマに!との署名があったので、自分でも署名。10年前に読んだ『炎の陽明学』を再読したいと思う。

Img_1647
*少し芸術的な写真に挑戦しようと思ったものの、あまり良い出来にならなかった「松と鳥」

 約1時間半の散策は、柏崎にもこんな風景があったはずなのに、と思いつつも、これから人に来てもらうまちづくりの事を考える良い時間になった。

 16時30分、せっかく桃で有名な岡山県に来たということもあり、「くらしき桃子 中央店」(電話:086-436-7111)で、「クレープ 清水白桃クレープ 648円」を食べて休憩。

Adsc_007938

Adsc_008039 16時40分、姪っ子、友人と合流したのち、再度、車に乗り、宿泊先に向かう。
 途中、目についた地元らしいスーパーをまわり、ライフワークである市販納豆の勢力調査及び全種類購入をする。さすがに中国地方まで来ていることもあり、大手メーカーも九州勢の2社が強い。

 18時過ぎ、宿泊先の「スーパーホテルInn倉敷」にチェックインし、長距離ドライブの疲れを癒すため、天然温泉「桃太郎の湯」に入る。

Adsc_008340 19時、焼き鳥が美味しいと地元で評判という「やきとり秀 水島本店」(電話:086-444-2134)まで徒歩で移動し、生ビールを飲みながら、焼き鳥やしそ焼きなどを楽しむ。味付けは塩、胡椒のみということであるが、お店のオリジナルスパイスがまた面白く、癖になる味である。

 21時過ぎ、ホテルに戻り、持参してきたノートパソコン(ThinkPad X61,SSD,SXGA+化,LEDバックライト化)で急ぎのメールや資料作成を行う。

 明日の帰りの長距離ドライブもあるため、24時、就寝。

|

« 平成30年新年賀詞交換会
柏崎市長「洗練された田舎を目指す」
| トップページ | 弾丸トラベラー・柏崎から倉敷2日目
豆柴カフェ、追悼・星野仙一氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/66260110

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸トラベラー・柏崎から倉敷1日目
目的の豆柴カフェ、痛恨のミス
:

« 平成30年新年賀詞交換会
柏崎市長「洗練された田舎を目指す」
| トップページ | 弾丸トラベラー・柏崎から倉敷2日目
豆柴カフェ、追悼・星野仙一氏 »